レンタル41万冊以上、購入100万冊以上配信中!

年齢確認

18歳未満の方はご利用いただけません。あなたは18歳以上ですか?
はい
いいえ
オーディオブック

オーディオブック かちかち山

オーディオブック かちかち山
画像クリックで拡大

購入した作品を読むには
「Renta!アプリ」が必要です

詳細アイコン

この作品は
アプリダウンロード専用です

デバイス アプリ保存 ブラウザ
PC - -
iPhone/iPad -
Android -
詳細はこちら
とじる
マイリストに登録するマイリスト登録 レンタルリクエストレンタル追加をリクエスト
内容紹介
悪さを繰り返すタヌキを捕まえたおじいさんとおばあさん。逃げないように縄でタヌキを縛り、おじいさんは、おばあさんに狸汁にするように言って畑に出る。ところがタヌキは、家事を手伝うと言っておばあさんをだまし、縄をとかせてしまう。そして、おばあさんを殺してしまう。おばあさんに化けたタヌキは、おじいさんにおばあさんの肉を煮た料理(ばばあ汁)を食べさせる。この老夫婦と親しかったウサギがおじいさんから事の顛末を聞き、意気消沈したおじいさんに代わってタヌキを成敗するという日本の民話。多くの民話同様、『かちかち山』にも残酷な描写があり、たくさんのことを意識させられます。本商品を聴いて楽しみながら、残酷な日本の民話を考察してみてください! (C)青空文庫

■著者プロフィール
楠山 正雄(くすやま まさお)
1884〜1950
東京銀座生まれ。早稲田大学時代に坪内逍遙や島村抱月に師事。大学卒業後の1907(明治40)年、早稲田文学社に入り、編集者としてのキャリアを始める。そして読売新聞社を経て、1910(明治43)年、冨山房に入社。そこで「新日本」の編集主任として励むかたわら、一方で逍遙の「文芸協会」に参加し、評論あるいは翻訳劇脚本家として活躍する。文芸協会解散後も抱月の芸術座に続いて参加し、しばらく編集者と演劇人の二足のわらじを履いていたが、 1915(大正4)年、冨山房社長の命を受け、「模範家庭文庫」の担当となる。親交のあった岡本帰一にヴィジュアル面を託し、他人の原稿を編集するうち、児童文芸への意識が高まっていく。やがて自らも文庫の執筆に手を出し、また児童向けの創作や翻訳も意欲的に行う。1945(昭和20)年の終戦後は、様々な文化が復興の力に湧き、正雄も演劇界・児童文芸界双方に尽力する。

※このコンテンツは音声のみの作品です。本文のテキストは含まれませんので、ご了承下さい。
また、必ずご購入前に再生可能か無料サンプルでお試し下さい。
無料サンプルを再生できない場合は、大変申し訳ありませんがご購入をお控え下さい。
icon みんなの感想
あなたの感想を一覧から選んで投票してください。
感想を投票する
単巻
オーディオブック かちかち山
会員限定無料
レンタル(48時間)
購入
5 0 ポイント還元アイコン
5ポイント獲得
合計ポイント獲得
: 0%還元

ポイント還元作品

: %還元
閉じる
×
レンタルリクエスト
リクエストありがとうございます
レンタル追加について、出版社と交渉します
OK
表紙
拡大表示
警告
本編が同一の作品があります


をレンタル/購入してよろしいですか?
(ポイントが消費されます)

レンタル/購入するのは

でよろしいですか?
(ポイントが消費されます)

キャンセル
OK