レンタル41万冊以上、購入100万冊以上配信中!

年齢確認

18歳未満の方はご利用いただけません。あなたは18歳以上ですか?
はい
いいえ
オーディオブック

オーディオブック 芥川龍之介 「鼻」

オーディオブック 芥川龍之介 「鼻」
画像クリックで拡大

購入した作品を読むには
「Renta!アプリ」が必要です

詳細アイコン

この作品は
アプリダウンロード専用です

デバイス アプリ保存 ブラウザ
PC - -
iPhone/iPad -
Android -
詳細はこちら
とじる
マイリストに登録するマイリスト登録 レンタルリクエストレンタル追加をリクエスト
内容紹介
『鼻』あらすじ:禅智内供(ぜんちないぐ)という僧侶がいた。彼は鼻の長さが18cmと長く、内供は始終この鼻を苦に病んで来たが、表面上は気にしない風を装っていた。ある日、内供は鼻を短くする方法を知り、その方法を試し、鼻を短くすることに成功する。しかし、数日して短くなった鼻を見て笑う者が出始めた。そして内供は鼻が長かった頃よりも馬鹿にされているように感じるようになった。鼻が短くなり一層笑われるようになってしまった内供は、鼻が短くなったことを逆に恨むようになる。ある夜、内供は鼻がかゆく眠れない夜を過ごしていた。その翌朝に起きると、短かった鼻が元の長い鼻に戻っていた。内供はもう自分を笑う者はいなくなると思った……。同時収録/『ピアノ』あらすじ:震災後の横浜、山の手。或家の崩れた跡にピアノがある。人影のない藜の中でそのピアノの音を「わたし」は聴く……。同時収録/『猿蟹合戦』解説:昔話「猿蟹合戦」のその後の話を描いた短編作品。蟹を始め同志のものが仇を討ったあと彼らが、世の人々からどのように思われ、どのような運命に逢着したかが語られている。

■著者プロフィール
芥川龍之介(あくたがわ りゅうのすけ)
1892〜1927。
1892年(明治25)、東京市京橋区に生まれる。大正時代を代表する小説家の一人。東京帝大在学中に菊池寛、久米正雄らと共に同人誌『新思潮』刊行。1915年(大正4)、代表作『羅生門』を発表。様々な時代の歴史的文献を題材にとり、スタイルや文体を使い分け多くの短編小説を執筆。「杜子春」「蜘蛛の糸」などの童話も有名。1927年(昭和2)服毒自殺。享年35歳。

※このコンテンツは音声のみの作品です。本文のテキストは含まれませんので、ご了承下さい。
また、必ずご購入前に再生可能か無料サンプルでお試し下さい。
無料サンプルを再生できない場合は、大変申し訳ありませんがご購入をお控え下さい。
icon みんなの感想
あなたの感想を一覧から選んで投票してください。
感想を投票する
単巻
オーディオブック 芥川龍之介 「鼻」
会員限定無料
レンタル(48時間)
購入
8 0 ポイント還元アイコン
8ポイント獲得
合計ポイント獲得
: 0%還元

ポイント還元作品

: %還元
閉じる
×
レンタルリクエスト
リクエストありがとうございます
レンタル追加について、出版社と交渉します
OK
表紙
拡大表示
警告
本編が同一の作品があります


をレンタル/購入してよろしいですか?
(ポイントが消費されます)

レンタル/購入するのは

でよろしいですか?
(ポイントが消費されます)

キャンセル
OK