電子書籍のレンタルサイト

Renta!

『妄想紳士の愛しの奥様』

のレビュー 
722845
総合評価総合評価点
4.2
(5
評価内訳
5点 5 2
4点 4 2
3点 3 1
2点 2 0
1点 1 0
無料サンプル 内容紹介 レビューを書く
2020-06-26
評価点
4
速い画家さん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
さすがソーニャです。ヒーローの両親、伯父は壊れてます。ヒーロー父は、男性としての能力がないことから、女性にだらしないのだろうと予想してたけど、能力がないゆえに、男性としての劣等感が無意識のうちに強くあり、そのせいで、自分に好意を寄せられると、男性として求められてると安心できて、寄ってくる女性全てと関係してしまうんでしょう。種無しの可能性を言われた時から、きっとすごい苦悩を抱えて、求められてることにしか、男性としての安心感を感じれなくて、博愛とは言うけれど、実は誰のことも本気で愛せない可哀想な人。ただ一人を愛し心を明け渡すことが出来ない哀れな男性。そして、そんなヒーロー父の抱える秘密のせいで、苦悩し、浮気に走り、罪悪感からヒーローに憎悪を燃やし、壊れてしまったヒーロー母。両親どちらにも、愛されず、母には憎まれ、何度も殺されかけ、父の博愛を理解しようと、壊れてしまったヒーロー。結局ただ一人のヒロインしか愛せないから、父を理解する代替行為として、色んな人生のヒロインを想像することに性的興奮を覚えてしまう、コスプレ変態になってしまったヒーロー。ヒロインと結婚したいために、なんとか跡継ぎでいるために、地獄の生活を我慢し、何も起こっていない日常を演出するヒーローに、合わせる周り。そんな狂気の世界の家に憧れ、何も知らずに嫁いで来てしまったヒロイン。ヒーローのことを愛する強い気持ちだけで、ヒーローの変態ぶりを受け入れ、愛するヒロイン。ヒーローを助けようと動くヒロインによって、真実を初めて口にした両親と伯父。感づいていながら、知らぬふりをするヒーロー妹。二人を子供として、受け入れるヒーロー父がやっと肩の荷を下ろすように、ヒーローに跡を継がせる。子供を作れない自分に劣等感をもち、秘密を抱え、それでも貴族の当主として生きなければならなかった悲哀。もしかしたら、これからは、本当にただ一人の愛する女性を見つけられるかもしれないヒーロー父。伯父の罪は、ヒーロー母が壊れしまうまで、放置してたこと。自分の息子が母親に何度も殺されかけてるのに、決定的な解決をせず、いいとこどり。長年関係だけを続け、愛する女性が壊れてしまったのに、何もしないクズ。そんな伯父の息子も可哀想。今さら、自分の母親が愛されてなかったという真実を知り、大きな秘密を抱えて生きていくことに。
2020-06-05
評価点
5
匿名希望さん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
ソーニャという部分の星5です。ヒーローのお父さんの女性を次々にというのは病気だと思っていたけど、子供を作らなくてはと思い込むお母さんを好きな人へと走らせる愛情だったのかな、、と思うようになりました。お母さんが自分の罪を隠すためにヒーローを殺そうとした事は許せません。みんな本当に自分勝手。子供達の存在が救いです。大人よりも子供たちのほうが大人です。お父さんに、お前が元凶なんじゃーと叫びたい。かなりクセはあるけど、ヒロインはヒーローに守られて幸せです。
2020-07-13
評価点
4
ぽよんさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
やはり一番酷いのはヒーローの父親かな。貴族の結婚って本当にままならないのね。しかも矜持という名のプライドも強い。父がもっと賢くて、上手く立ち回っていれば早い段階で母親も父の弟もヒーローも救われたはず。そしたら父の女好きも大らかに見守られたと思うしね。主人公達の話より、上手く立ち回れず無駄に拗らせた大人たちが子供に悪影響を与えた話として読了感が残った。ただ主人公達の恋愛は普通にコスプレを楽しんでいるだけ。純粋に愛し合っている様子はとても好ましい。
2020-06-06
評価点
5
ゆずりんごさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
諸悪の根源は自分にあるのに見て見ぬ振りをしようとする父親。子供に全てを背負わせて自分の罪を無かったことにしようとする母親。自分達の罪を美化して酔い痴れる叔父。どいつもこいつも呆れる程に自分達の事しか考えていない。現実と向き合おうとしない大人達に絶望したヒーローが見出した光がヒロインだったのでしょうね。コスプレはこの際大目に見ましょう。
2020-06-04
評価点
3
なおたんさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
ヒーローの母親は自分のしでかした事なのに息子を排除しようとするなんて馬鹿じゃないのと気分が悪くなりました。父親もたいがいですが最後には少しマシに思えて複雑…。ヒロインは少し存在感が薄いような気がしました。



会社案内 IR情報 株主優待 利用規約 特定商取引法 著作権について 個人情報保護ポリシー リクエスト セーフサーチ 海賊版に対する取り組みついて 漫画家募集
ABJマーク
ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp