電子書籍のレンタルサイト

Renta!

小説・実用書

頭痛・肩こりが解消! 自律神経が整う!名医が教える「まぶたテープ」

頭痛・肩こりが解消! 自律神経が整う!名医が教える「まぶたテープ」
画像クリックで拡大
マイリストに登録するマイリストに登録
内容紹介
あなたは大丈夫?まぶたが下がっていると感じませんか?
「眼瞼下垂(がんけんかすい)」に伴う症状を解説頭痛・肩こり・眼精疲労・うつ・冷え性・不眠・噛みしめ・食後に眠くなる――
あなたの不調は“下がりまぶた”が原因かも!まぶたを上げれば体の不調がスッキリ!
肩こりが改善し、片頭痛もラクになった!(55歳・女性)
長年の眼精疲労がラクになり、目薬が不要になりました(42歳・女性)

20代から始まるという「眼瞼下垂」。黒目にまでまぶたが下がると手術が必要ですが、手術までいかなくても、まぶたが下がることは体の不調と密接にかかわりがあるため、放置してはいけません。まぶたの筋肉「ミュラー筋」にはセンサーがあり、まばたきなどによる刺激が脳の覚醒の中枢である青斑核に伝わり、覚醒のスイッチが入るようになっています。この青斑核への刺激は、交感神経の緊張につながり、ときに体の不調を引き起こしてしまいます。
まぶたが下がると、まぶたを持ち上げるためのミュラー筋への負担が大きくなり、青斑核を刺激しやすくなります。そのため、まぶたが下がっている人は、頭痛、肩こり、自律神経失調症から不眠、顎関節症といった不調を抱えている人が多いのです。一方で、まぶたをテープで上げると、ミュラー筋の負担が少なくなるので、「不調が改善した!」という人が多いことがわかっています。

著者は眼瞼下垂の権威である松尾清氏。松尾氏が眼瞼下垂のメカニズムや「まぶたテープ」のやり方をレクチャーし、体の不調を改善します。

●目次
第1章 頭痛、肩こり、目の疲れ、自律神経の乱れの原因はまぶたにあった!
第2章 あなたのまぶたの状態をチェックしよう!
第3章 「まぶたテープ」でまぶたを上げて軽くし、不調を改善!
第4章 まぶたのセルフケア法

※この電子版はカラーページが含まれます、カラー表示できる端末をご使用下さい。

(※ページ数は、680字もしくは画像1枚を1ページとして数えています)
icon みんなの感想
あなたの感想を一覧から選んで投票してください。
感想を投票する
レビュー
Renta!で購入済みのレビューのみ表示
この作品にRenta!で購入済みのレビューはありません。
元に戻す
単巻レンタル
頭痛・肩こりが解消! 自律神経が整う!名医が教える「まぶたテープ」
会員限定無料
レンタル(48時間)
購入
14 0 ポイント還元アイコン
14ポイント獲得
合計ポイント獲得
: 0%還元

ポイント還元作品

: %還元
閉じる
×
表紙
拡大表示
警告
本編が同一の作品があります


をレンタルしてよろしいですか?
(ポイントが消費されます)

レンタルするのは

でよろしいですか?
(ポイントが消費されます)

キャンセル
OK



会社案内 IR情報 株主優待 利用規約 特定商取引法 著作権について 個人情報保護ポリシー リクエスト セーフサーチ 海賊版に対する取り組みついて 漫画家募集
ABJマーク
ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp