電子書籍のレンタルサイト

Renta!

検索結果(1/1ページ)

並べ替え

作品の除外設定(設定中)
  • 指定作品の除外設定

  • セーフサーチの設定
    ※指定した作品は検索結果ページに表示されなくなります。

    • セーフサーチを設定する
  • その他

  • 作品の除外設定をとじる
形式
ジャンル
詳細ジャンル
属性ジャンル
その他ジャンル
キーワード
キャンペーン作品
メディア化作品
完結済み
出版社
さらに詳細に調べる
年代
著者
レーベル
シリーズ
伝説の行方
掲載誌
レンタル期間
1巻目48時間価格
1巻目無期限価格
無期限価格合計
結婚しようよ 華麗なる紳士たち:伝説の行方 I

結婚しようよ 華麗なる紳士たち:伝説の行方 I

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
出会ったときから、彼に惹かれていた。このプロポーズが本物だったらいいのに。

■ウィノナはまたしてもジャスティンからプロポーズされた。もう五十回にはなるはずだ。ジャスティンは町の名士で、有能な外科医。ウィノナは里子として育ち、今は警察署に勤めている。かなり違う環境で育った二人だが、喧嘩友達としてずっとつき合ってきた。ジャスティンのプロポーズも、二人の間ではジョークと同じだった。世界一ハンサムで、町中の女性に追いかけ回されている彼が、本気で私と結婚したいはずがない……。ウィノナはいつもそう思って、彼の申し出を受け流していた。そんなある日、ウィノナの身に大きな事件が起こる。その事件のせいで、今度はウィノナのほうから、ジャスティンにプロポーズすることに……?
魔法の夜のあと 華麗なる紳士たち:伝説の行方 II

魔法の夜のあと 華麗なる紳士たち:伝説の行方 II

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
住む世界の違う相手に恋した代償が、こんなに大きかったなんて……。

■まるで、魔法にかけられたような夜だった。普段縁のない華やかなパーティに出席した小学校教師パメラは、テキサスで最高の花婿候補と評判の外交官アーロン・ブラックにダンスを申し込まれ、夢見心地で彼と一晩中踊りつづけた。そして、そのまま一夜をともにした。これまで男性とつき合ったことなどなかったが、彼と一緒にいるのはなぜか運命のように思えた……次の朝までは。夜明けの光とともに容赦ない現実がパメラを襲った。次々と恋人を替え、父親のわからない子供を産み、ふしだらな女と町の人々にさげすまれた母。自分はそうはなりたくないと思って堅実に生きてきたのに、結婚できる見込みもない男性と関係を持ってしまったのだ……。我が身を恥じたパメラは、アーロンが目覚める前にこっそり姿を消した。
愛の迷路であなたと 華麗なる紳士たち:伝説の行方 V
■彼の中で私は常に“二番目”だった。きっとこれからもそれは変わらない。

■三年前より、彼はさらに魅力的になっている。別居中の夫ダコタと久々に再会したキャシーは思った。領事館員である彼女と、退役軍人の夫は、とある国をクーデターから救う任務に夫婦として就くことになっていた。この仕事に集中しなければならないとわかってはいたが、夫を見るたびに、自分が失ったものを思い出さずにいられない。ダコタはいつも任務が最優先で、まったく妻をかえりみない夫だった。赤ん坊を流産したときも、彼は遠く離れた中東にいた。彼女は失った赤ん坊を思って泣きながら夫の帰りを待っていたが、ついに待つことに耐えきれなくなって、家を飛び出したのだった。ダコタには、家を出たわけも流産のことも話していない。今も彼を愛している。でも、二人がやり直すことは不可能なのだ……。
恋はアラビア式に 華麗なる紳士たち:伝説の行方 IV

恋はアラビア式に 華麗なる紳士たち:伝説の行方 IV

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
■アラブのプリンスを落とすには、アラビア式“愛の手引書”が不可欠?

■テキサス州ロイヤルで飛行機が不時着する事故が起きた。乗客の一人ジェイミー・モリスは、事故では無事だったが、以後、なぜか何者かに命を狙われはじめる。そんな彼女の警護をベン・ラサドがしてくれることになった。アラビアの王族ながらロイヤルで暮らす大富豪のベンは、ジェイミーを自分の牧場に滞在させ、何くれとなく面倒を見た。ジェイミーはすぐに、彼に心を奪われた。ハンサムで魅力的だが、謎めいていて近づきがたい不思議な男性。しかも、この前思いがけずしたキスは、まるで夢のような……。ああ、この身に危険がせまっているとしたら、私は男女の愛を経験しないまま死ぬことになるかもしれない、そうなる前にベンに……。ジェイミーは心を決めたが、鉄の意志を持つ彼は、彼女の誘惑になかなか屈せず……。
伯爵令嬢の受難 華麗なる紳士たち:伝説の行方 III

伯爵令嬢の受難 華麗なる紳士たち:伝説の行方 III

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
■彼と踊ったワルツが、人生で最後のダンスだったなんて。

■もう二度と元の自分には、元の姿には戻れない。ヘレナ・ライハートは重度の火傷を負った手と腕、複雑骨折をした足首、移植のために皮膚がひきつれた腿を見て思った。ヨーロッパの小国の伯爵令嬢で、パパラッチの格好の標的になるほどの美貌の持ち主だった彼女は、飛行機の緊急着陸事故で大怪我を負った。もっと重傷の人だっているのだ。これくらいで自分を哀れんではだめ。自己憐憫にひたる自分を嫌悪したが、心の傷は深かった。もう誰も私を美しいとは思わないわ。マット・ウォーカーだって……。ヘレナは事故の前にパーティで一緒に踊った長身でハンサムな牧場主を思い浮かべた。マットは事故のあと、お見舞いにも来てくれなかった……。痛む心と思うように動かない体を抱え、彼女は人知れず涙を流した。



会社案内 IR情報 株主優待 利用規約 特定商取引法 著作権について 個人情報保護ポリシー リクエスト セーフサーチ 海賊版に対する取り組みついて 漫画家募集
ABJマーク
ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp