• 検索
  • ポイント購入
  • ご利用方法
  • 初めての方へ
  • ギフトコード
  • お知らせ
  • スタンプ
  • ログイン
  • 無料会員登録

年齢確認

18歳未満の方はご利用いただけません。あなたは18歳以上ですか?
はい
いいえ

『ちーちゃんはちょっと足りない』

のレビュー 
263541
総合評価総合評価点
3.8
(45
評価内訳
5点 5 13
4点 4 18
3点 3 9
2点 2 1
1点 1 4
無料サンプル 内容紹介 レビューを書く
2014-12-26
評価点
5
まきさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
深い、、、意外に深かった。しかし、それで終わり?と最後が残念でした。もう少し長く読みたいです。
2014-12-30
評価点
1
kohaku3753さん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
内容紹介の「いつも何か物足りない気がする中2女子」っていう表現に騙された。足りないのは別の意味?だとしたらこのタイトルやちーちゃんの表現には悪意を感じる。私はこの作品は好きじゃない。読みながら終始イライラしました。
2015-07-04
評価点
4
らまさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
10代の過剰なまでの感傷から遠ーーく離れたおばさんがレビュー。『ちいちゃん』はいわゆる少し先天的に足りない、と思われる中学生女子。ちいちゃんの精神年齢は、また学習能力は小学生の低学年クラス。ただ、周りの仲間には恵まれてわきあいあい…‥‥‥と、普通ならここでちいちゃんの日常をほのぼの描き、ちいちゃんの成長物語に留まるところ。ただ、作者の方はここで我々読者から見える視点を、レンズの角度を変えるように違うものにしていきます。バイキャラクターだと思っていた、最初は面倒見のいいポジの、ちいちゃんの幼なじみ『ナツ』。彼女に焦点が合ったとき、物語は気づけばダークサイドヘ突入。後半グルグルグル展開するナツのモノローグは厨二的なネガティブさ、そして5センチほどついた心の傷をさも致死傷みたいに語る被害妄想。大人になり鈍感さという生きていく術を身につけた今なら笑えるけれど、いままさにその渦中にいたとしたら、ひりひりと心が痛くなるはず。わたしもモテたい、ちやほやされたい、身分不相応だけど!と確かに思っていた。あくまで他人にそう思われたい、そう他人から見える自分が好き、だったからなんだろうけども。藤岡さんなる、ヤンキー?だけど、達観したキャラクターの語ることが、本当に全て。『ちょっと足りなくたって どうだって楽しんで 生きていけるだろ』全ての『満ち足りない女の子』を引きずる大人女子必読の、ダークだけど、きっと救いがあるはずの漫画。
2015-01-06
評価点
4
みさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
タイトルの「足りない」の意味はもちろん「あたま」ですが、それにひっかけて実はこの漫画の主題はいつも何か足りないと感じてる思春期の心です。何の気なしに読みましたが、絵の可愛らしさとは対照的に非常にエグい内容です。体も頭も発達が遅れているチイちゃんを取り巻く周囲の大人になりかけの子供達の葛藤が描かれてます。本当の主人公はナツですね。救いのない感じで終わってますが、これ以上は書きようが無いでしょうね…。長い長い人生の中、いずれナツは気がつくかもしれないし、気がつかないかもしれない。ああ、でもナツの絶望感。思春期特有だと思うんだけど、そこから抜け出せないまま成人してしまう人もいるんだろうなあ。望みが叶わない、欲しいものが手に入らない点では、藤岡もナツも同じ。でも、藤岡とナツの違いはなんだろうな〜?と考えてしまいました。
2015-02-07
評価点
5
林檎さん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
まず、他のサイトに掲載されている広告や、内容紹介に惹かれて読んだ人は騙されたと思うでしょう。この漫画は、よくある中高生の女の子たちが繰り広げるほのぼの日常系漫画ではありません。ある事件をきっかけに成長していく人間と、成長できずに周りにも自分と同じレベルでいてもらいたいと願う人間。でもナツが間違っているというわけではなくて、誰にでも感じる可能性のある感情なんだろうな。読んでる間はイライラしっぱなしだし、何一つスッキリすることなく終わるので読了感は最悪です。ただ考えさせられることも多く、たくさんの人に読んでもらいたい作品だなと思いました。
2018-03-09
評価点
5
雪風さん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
ひどい!これは痛い。心臓が壊れる。大人になったからこそ俯瞰して登場人物みんなの気持ちが分かるけれど、十代の学生の頃は、多かれ少なかれ誰しもがナツのように思うことがあったんじゃないだろうか。この物語が不快に感じる人は、恵まれた幸せな子供時代を過ごしたんだと思う。環境や人運や悪いことを悪いと言える心の強さ。全ての人が等しく正しく持てる訳ではない。ましてや未熟な十代が。ナツやちーちゃんのようないわゆる「恵まれていない」と思っている子みんなが不幸を感じている訳じゃない。藤岡さんのように、自分を強く保って、きちんと努力出来ている子も、もちろんたくさん居るだろう。それでもナツに言いたい。焦らなくてもそのままでもいいんだと。そのまま妬んで僻んで苦しくてもがいて卑下しているままでいい。そのうち嫌でも子供は変わる。ずっと今のままではないから。良い方へも、悪い方へも。これは思春期のある一時期のことを切り取った物語なので、終わり方はスッキリしないけど、またみんな楽しく過ごせるようになると信じたい。
2015-02-14
評価点
4
オキツさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
作品の内容が深くて話の流れ方に思わずおおっ!と感嘆しました。ナツちゃんを見てると自分の思春期時代を思い出して最後の方はホロッときてとても良かったです。ただ広告や表紙の雰囲気から想像した内容とは180度違ったので作者さんの仕掛けた罠にまんまとはまった気がして少し悔しいです(笑)よつばと!や日常などを想像してるひとは気をつけた方が良いです。
2017-11-14
評価点
3
たまさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
タイトルからしてちーちゃんが主人公っぽいですが、裏?主人公はナツですね。周りと比較して自分は不幸だと嘆き、自分のしたことを反省せず正当化してしまう。ちーちゃんは文字通りちょっと足りない子なので、自分のしたことを自覚しただけで回りに許されたけど、おそらくナツがあの場にいて自分のしたことを認めてもそうはいかないでしょう。一般的な漫画なら謝罪や反省の機会が与えられるけどナツにはそれがなく、バレることのみを恐れてこれからもびくびくし続けるだけ。現実味があります。ラストでちーちゃんとずっと友達みたいなことを言ってるけど、それは現状ナツが孤独で屈託なく接してくれるのがちーちゃんだけだからであって、多分他に友達ができたらまたちーちゃんのことが面倒になるのではと思わずにいられませんでした。ゆるい感じの1話〜から始まってなかなか重いお話でありました
2015-01-12
評価点
5
ランナさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
とても考えさせられる作品でした。誰の身にもある闇をまざまざと描き、またそれを通した人々がどのように変わっていくのか、それとも変わっていかないのか…それを表現されていました。読了感はなんともいえない複雑な気持ちですが、作品としてはかなりいいと思います。人間の心について考えたい方、痛々しい話でも大丈夫な方にはぜひ読んでいただきたいです。
2020-05-08
評価点
5
なこさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
足りないものには気づくのに持っているものには気づかないそんなことを気がつかせてくれる作品でした。不快だし深い作品でした。


ご利用方法 困ったときには お問い合わせ リクエスト セーフサーチ
会社案内 IR情報 株主優待 利用規約 特定商取引法 著作権について 個人情報保護ポリシー 海賊版に対する取り組みついて 漫画家募集
ABJマーク
ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp