• 検索
  • ポイント購入
  • ご利用方法
  • 初めての方へ
  • ギフトコード
  • お知らせ
  • スタンプ
  • ログイン
  • 無料会員登録

年齢確認

18歳未満の方はご利用いただけません。あなたは18歳以上ですか?
はい
いいえ

レビュー一覧

『萌え豚転生 〜悪徳商人だけど勇者を差し置いて異世界無双してみた〜』

無料サンプル 内容紹介 レビューを書く
総合評価
5点
4.1
(16)
5点 5 4
4点 4 10
3点 3 2
2点 2 0
1点 1 0

※すべてのレビューが表示されていますので、Renta!で購入していないレビューも含まれています。

2023-09-07
評価点
4
ちいさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
折角面白かったのに打ち切りみたいに急いで終わってしまって勿体ない。
2022-08-05
評価点
5
とらんさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
タイトルに萌え豚とありますが、おそらく想像している展開とは逆方向に突き進んでくれるでしょう。異世界に転生して奴隷市場にケモ耳美少女とケモマッチョおっさんがいたらどっちを選びますか?この主人公は後者を買います。そういう話です。原作からのファンなので長く続いてくれることを願いながら、今後も楽しみにしてます!
2023-09-24
評価点
4
ナッツさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
まだまだ先を読みたかった。ハーレムものとかもう飽きたのでこういった路線のものをもっと出してほしい。
2023-09-07
評価点
4
二見さん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
コミック版完結おめでとうございます。コミックは異世界無双する前に完結となりましたので、無双を期待して読む人は注意してください。でも原作は面白そうです。キャラに愛着がわく前の些か急すぎる終わりとなりましたが、イントロダクションであれば、これはこれで良いと思います。では、良い点。主人公は女嫌いなのでハーレムものではない。屈強で気の良いおじさんたちが出る。獣人は顔までもふもふ、最高。ストーリーも真っ直ぐ進んでギャグや余計な茶番などがない。この作品はあまりにもイントロダクション味が強いので原作を気にさせる。悪い点。人間族の表情の動きが乏しい。多分原作の方が感情豊かなんでは??と思うくらいには漫画なのに表情がない。七割深刻な顔をしているせいもあるかも。私が気になったのはホントそこだけ。いや、だってイントロダクションだし。というわけで、完結おめでとう、話は面白かった、ハーレムじゃない点もよき、主人公くんこれからも頑張れ、で星4です。ありがとうございました。
2023-12-22
評価点
4
もえたんさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
良作ですが、強行な完結が残念です。分かった上で読みましたが、面白かったです。コミックから原作に行くパターンが多い私としては導入編としてコミック、そして原作を読みたいと思いました。女嫌い設定は斬新で良かったです。
2023-10-30
評価点
3
コロコロさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
なかなかない異世界転生もので面白かったです。主人公が徐々に成長していく過程が良かったです。
2023-09-23
評価点
4
黒乃猫さん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
3巻もったいないー!終わり方が駆け足の説明だけとか…不完全燃焼です。ちゃんと漫画で読みたかったです(T_T)
2023-09-17
評価点
4
東東東さん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
面白かったこの話も,この巻で完結。最後の方はテンポが良すぎたので,もう少し話数に余裕があるとよかった。
2023-09-11
評価点
3
まり蓮さん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
女関係でトラウマがあり女嫌いになった主人公。題名の萌え豚とは親バカな父親が子供に萌えて話なのかうぅ〜んとはっきりよくわかんなかったんですが続きが気になり購入無属性の異世界の主人公が中途半端にもり立ててから終わってしまいましたレンタル48時間があればよかったと思いましたので星マイナスです。
2023-09-07
評価点
4
くじらさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
なんかあっさりと終わってしまい物足りない感じです。原作はまだ続いているのでしょうか?そちらを読めということかな?