電子書籍のレンタルサイト

Renta!

『薬屋のひとりごと』

のレビュー 
471058
総合評価総合評価点
4.7
(1575
評価内訳
5点 5 1220
4点 4 285
3点 3 54
2点 2 10
1点 1 6
無料サンプル 内容紹介 レビューを書く
2017-09-25
評価点
5
かぼちゃんさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
原作からのファンでしたが、ごめんなさい、漫画も大好きになりました。原作の世界を凌駕する作風、一読必見!
2018-03-25
評価点
5
けんさんさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
設定が面白いです。主人公が不細工なままでも(いやそのほうが)十分楽しめます。これからの展開が楽しみです。
2018-03-01
評価点
5
mizueさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
カバーを観て気になったため試し読み。続きぐ気になったため、購入して読みました。想像以上に面白かった。時代もの、後宮もの好きな方にはオススメです。
2018-08-29
評価点
5
サヌハラさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
絵もきれいだし、設定も面白い。文句なしです!
2018-05-27
評価点
1
ギィさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
所謂「小説家になろう」発のなろう系作品の漫画化作品。流石なろう系だけあってキャラ造形のテンプレートはしっかり押さえられており、周囲の人間は主人公を際立たせるために全員が無能かガヤ要員、あと主人公に有利な立場、地位を与えてくれるただの舞台装置。素晴らしい主人公様は頭脳は冴えるしどんな立場の人間にもズケズケと物を言う図太い神経と自分以下の頭脳の人間を胸中でクサすという陰湿さを併せ持つなろう作品におけるお手本のような人物です。そこに少女漫画のようなあの子○○様に選ばれてすごーい!→?、あいつらは何をそんなにキャイキャイしてるんだ?みたいなテンプレートも混ざってくるものだからなろう系の傲岸不遜な性格と化学反応を起こして主人公への不快感がストップ安ですね。正直自分には合わなかったです、売り払ってポイントを取り戻せるなら戻したい思いです。
2017-09-25
評価点
5
miyanoさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
ついにコミカライズ!元々、ネット上で公開されていた小説が漫画化した作品です。ありがちな後宮での妃中心の恋愛ものではなく、ミステリー要素ありの作品です。後々主人公の恋愛?もありますが、基本は「薬」、「病」というキーワードを中心に話が進みます。クスッと笑える所もある作品なので、軽めのミステリーやほんわかした作品が好きな方に個人的にはおすすめです。主人公が私の中の小説のイメージのままでとっても可愛らしいです!気に入った方は小説の方も読んでみてほしいですね!もしくは、ちらっと小説を読んで気に入ったらこちらを購入というのもありかと…。
2019-01-14
評価点
2
ぽこさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
個人的にはもうお一方の作画の方が好みです。2人の妃も「いかにもタイプの違う美女2人」と判る(且つ美しい)のは、もう一方の作画の方。「こちらの方が絵が上手い」というレビューとは、正反対の印象です。たまにギャグっぽく描かれるコマ等、折角のお話が軽く感じてしまい、残念な仕上がり。
2019-09-01
評価点
3
tsunさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
原作と、こちらと違う作画の漫画も読んでいます。絵は好みで分かれるでしょうが、こちらは原作の細かな説明が省かれていて、原作を読んでいない方はどう解釈するのだろうと思いました。1巻の毒白粉の話も、原料に含まれている鉛で鉛中毒になっているが、他の白粉より肌が綺麗に見えるから使い続ける者もいる授乳の際などに赤子の口に入る玉葉妃は乳母が白粉を使っていたので、内々に辞めてもらった(たしか…どんな理由にしたか記憶が曖昧ですが)白粉を隠し持っていた侍女に猫猫が怒ったシーンで、毒である事の他に回収し損ねた宦官がどんな罰を受けるのか考えていないことにも怒っていた原作の1巻の記憶が結構前なので曖昧な部分もありますが、ザッとこれだけでも説明不足な気がします。確かにこちらの方が絵は大衆受けしそうな線が細く綺麗な感じですが、ここはどういうこと?と細かな所が気になる方は原作も読むか、もう一方の漫画をお勧めします。
2019-08-19
評価点
2
くろさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
『薬屋のひとりごと』は、ねこクラゲさんと倉田三ノ路さんがそれぞれ出されていたので、それぞれ1冊ずつ購入して読んでみました。私的にねこクラゲさんの絵は少女漫画風、story展開が解り難く、さらっと読めるが記憶には残り難い、もっと読者を引き込む様な展開で描かれていたらなぁと思うと残念です。読むのは1回で良いかなと感じました。一方、倉田三ノ路さんの絵は推理漫画風、story展開も推理も分かり易く納得いく様なもので、何度でも読み返したくなりました。他の方もレビューでおっしゃられていますが、作画の好みによって分かれると思います。購入したものは何度でも読みたいので私は、倉田三ノ路さんが描いてる方を全巻購入しようかなと思っています。
2018-08-08
評価点
4
チェルシーさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
おそらく、小説をだいぶ省略してるんだろうなということがわかります。わかりますが面白い…!もう1つの漫画と照らし合わせないと訳がわからないところが若干腹立ちます。でも、見比べると同じ物語でも見せ方で全然変わるんだなということがよくわかります。漫画としてはこっちの方が圧倒的に上手なんですよね〜。園遊会の着物や食べる描写も綺麗。話の筋を捉えるのはもう1つの方が上手。で、結局両方読んでます。こうなると原作も読んでみたいなー。汚い大人のやり口にハマってしまったか…



会社案内 IR情報 株主優待 利用規約 特定商取引法 著作権について 個人情報保護ポリシー リクエスト セーフサーチ 海賊版に対する取り組みついて 漫画家募集
ABJマーク
ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp