電子書籍のレンタルサイト

Renta!

漫画

罪と罰

全3巻完結
罪と罰
画像クリックで拡大
マイリストに登録するマイリストに登録
内容紹介
一色家の東の廊下の奥にある開かずの間には、神が籠っているという――……。父の借金で首の回らぬ家の窮状を救わんと、家族の反対を押し切って扉を開けた太郎。二百と十四年ぶりに姿を現したざしきわらしの神さんは、守り神だったはずなのに、なんと一色家を呪っていて……!? 心がホワっとあったかくなる、一色家流ファミリー・タイズ(家族の絆)!!

【収録作品】表題シリーズ2篇、短篇「ゆきむし」、「お伽話、ひとつ。」、描き下ろしに幼い頃の太郎とハジメを描いた「12年前の罪と罰」。計5篇を収録。

(※各巻のページ数は、表紙と奥付を含め片面で数えています)
スタッフ
icon スタッフオススメ icon
icon みんなの感想
あなたの感想を一覧から選んで投票してください。
ほのぼの (1人)
感想を投票する
レビュー
Renta!で購入済みのレビューのみ表示
この作品にRenta!で購入済みのレビューはありません。
元に戻す
未購入巻をまとめて購入

【まとめて購入とは】
作品ページ内のまだ借りていない巻をまとめて購入することが出来ます。
※レンタルはまとめて購入の対象外です。

単巻レンタル
罪と罰 (1)
会員限定無料
レンタル(48時間)
購入
5 0 ポイント還元アイコン
5ポイント獲得
罪と罰 (2)
会員限定無料
レンタル(48時間)
購入
5 0 ポイント還元アイコン
5ポイント獲得
罪と罰 (3)
会員限定無料
レンタル(48時間)
購入
5 0 ポイント還元アイコン
5ポイント獲得
合計ポイント獲得
: 0%還元

ポイント還元作品

: %還元
閉じる
×
表紙
拡大表示
警告
本編が同一の作品があります


をレンタルしてよろしいですか?
(ポイントが消費されます)

レンタルするのは

でよろしいですか?
(ポイントが消費されます)

キャンセル
OK
著者の他作品
シリーズ作品
この本を借りた人はこんな本も借りてます。
この本に関心がある人におすすめします。
スタッフオススメ
タイトルを見て「なんだか、重そうな話だな…」とは思いつつ、鈴木有布子先生のお話、ということで読んでみようとページをめくって吹き出してしまいました。「罪と罰」読み方「ツミトバチ」。一文字読み方を変えるだけで、こうも意味が変わるんですね。日本語って面白い。

一家の危機を救うため、藁にもすがる思いで開かずの扉を開けた太郎。そこにいたのは、なんともかわいい子どもの神様。なにやら一色家へ恨みがあるらしく、一色家を呪ってやると宣言するものの、ざしきわらしであるため、幸せしかもたらせない…せつなすぎる…

第一話は、神様はいったい何者で、一色家は一体どうなる!?という劇的な感じなのですが、二話目以降は、神様と一色家の人々の暮らしをほんわか描いていく作品になっています。私は個人的には二話目以降のほんわかしつつところどころコメディタッチな感じが好きで、クセになってしまいました。一色家の人々になついていく神様もすごく可愛くて、かなり癒されます。

一風変わった一色家の人たちと神様のほんわか癒し系ストーリー、ぜひお楽しみください。
(編集:山田|作成日:2013/7/30 )



会社案内 IR情報 株主優待 利用規約 特定商取引法 著作権について 個人情報保護ポリシー リクエスト セーフサーチ 海賊版に対する取り組みついて 漫画家募集
ABJマーク
ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp