Renta!は、マンガなどが100円からPC・スマートフォン・タブレットですぐ読めるレンタルサイトです。
タテコミ

【タテコミ】君の膵臓をたべたい

現在25巻
【タテコミ】君の膵臓をたべたい
マイリストに登録 マーク本の借り方について
内容紹介
「君の膵臓を食べたい」
「その君っていうのは僕のこと?」
「他に?」
本屋大賞2位、至高の青春小説を「ひとひら」の名手が完全コミック化!
高校生の【僕】は、クラスメイト・山内桜良が重病で余命いくばくもないことを偶然知ってしまう。ただし桜良は病人とは思えないほど元気で天真爛漫、内向的な【僕】とは正反対である。秘密を共有する2人の奇妙な交流が始まった……!
読後、みんながこのタイトルに涙した……ベストセラーの感動をそのままコミックで! 待望の第一弾。

アクションコミックスの「君の膵臓をたべたい」がタテコミで登場!
◆タテコミとは……
スマートフォンでの読みやすさを重視して分割・カラー化した縦スクロールで読む漫画です。
※こちらの作品は掲載中の従来作品とは1話あたりの収録ページ数が異なります。またタイトル作とは別の読切や短編作品が収録されている場合があります。あらかじめご了承ください。
スタッフ
icon スタッフオススメ icon
icon みんなの感想
あなたの感想を一覧から選んで投票してください。
感想を投票する
レビュー
Renta!で購入済みのレビューのみ表示
この作品にRenta!で購入済みのレビューはありません。
元に戻す
レビュー一覧
単巻レンタル
並び順 新刊順巻数順
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 1
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 1
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 2
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 2
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 3
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 3
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 4
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 4
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 5
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 5
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 6
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 6
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 7
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 7
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 8
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 8
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 9
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 9
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 10
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 10
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 11
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 11
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 12
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 12
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 13
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 13
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 14
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 14
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 15
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 15
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 16
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 16
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 17
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 17
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 18
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 18
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 19
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 19
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 20
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 20
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 21
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 21
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 22
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 22
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 23
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 23
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 24
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 24
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 25
【タテコミ】君の膵臓をたべたい 25
合計ポイント獲得予定
: 0%還元

ポイント還元作品

: %還元
閉じる
×
表紙
拡大表示
警告
本編が重複している作品があります

本作品の特別版、もしくは通常版をレンタル済みですが、

をレンタルしてよろしいですか?

本作品には特別版、もしくは通常版があります。
レンタルするのは

でよろしいですか?

キャンセル
OK
著者の他作品
この本を借りた人はこんな本も借りてます。
この本に関心がある人におすすめします。
スタッフオススメ
どうも、タテコミ担当の野村です。 

今回、オススメするのは、実写映画やアニメ映画にもなったコチラ。
実は、マンガ化や映画化する前に、人から勧められて小説を読んでいました。
最初に手渡された時に、そのインパクトのあるタイトルから、ゾンビ化してしまった恋人との悲恋・・・みたいなトンデモ話かと思いました(笑) しかし、最後まで読んだ時、切なくて悲しくて、そして爽やかなストーリーに涙していました。
主人公の【僕】は、誰にも心を開かず、世の中を冷めた目で見ている高校生。彼がある日記を見つけて読んでしまったことで物語が動き出します。日記の持ち主はクラスメイトの山内桜良。彼女は膵臓に病をかかえており、余命は長くない。【僕】とは正反対に天真爛漫な彼女との、奇妙な交流が始まる―。
余命わずかとは思えないほど明るい桜良ですが、たまに見せる本音にドキリとさせられます。残りの人生を悲観的に過ごすのでなく、楽しく懸命に生きようとする桜良に、【僕】もだんだんと変わっていきます。【僕】の名前が明らかになった時はいくつかの伏線が解けて、「なるほど」と思いました。そういえばこの名前のもとになった小説家もこのように名前を出さずに展開させることが多いですね。
名前も桜良ですが、桜が印象的に使われており、ぜひフルカラーのタテコミで楽しんでください。
(編集:野村|作成日:2018/11/2 )



会社案内 IR情報 株主優待 利用規約 特定商取引法 著作権について 個人情報保護ポリシー お知らせ リクエスト セーフサーチ 海賊版に対する取り組みついて
ABJマーク
ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp