Renta!は、マンガなどが100円からPC・スマートフォン・タブレットですぐ読めるレンタルサイトです。
漫画

骨が腐るまで

全7巻完結殿堂入り
骨が腐るまで
画像クリックで拡大
マイリストに登録 マーク本の借り方について
内容紹介
関連作品
11歳の夏、人を殺して、洞窟の奥に死体を埋めた。それから毎年、5人の幼なじみは、夏休みの夜に儀式をする。罪を忘れず、友情を裏切らぬための儀式を。そして5年。16歳の夏。白骨化した死体。暴かれる嘘。姿のない脅迫者。鳴り響く電話と、命の千切れる音。骨は腐らず、罪は朽ちず。――いま、地獄がはじまる。

(※各巻のページ数は、表紙と奥付を含め片面で数えています)
icon みんなの感想
あなたの感想を一覧から選んで投票してください。
ドロドロ (15人) エグい (10人) シリアス (8人) 女性もOK (6人)
感想を投票する
レビュー
Renta!で購入済みのレビューのみ表示
この作品にRenta!で購入済みのレビューはありません。
元に戻す
レビュー一覧
単巻レンタル
並び順 新刊順巻数順
骨が腐るまで 1巻
骨が腐るまで 1巻
11歳の夏、人を殺して、洞窟の奥に死体を埋めた。それから毎年、5人の幼なじみは、夏休みの夜に儀式をする。罪を忘れず、友情を裏切らぬための儀式を。そして5年。16歳の夏。白骨化した死体。暴かれる嘘。姿のない脅迫者。鳴り響く電話と、命の千切れる音。骨は腐らず、罪は朽ちず。――いま、地獄がはじまる。【全195ページ】
骨が腐るまで 2巻
骨が腐るまで 2巻
5人の少年少女は、人を殺して死体を埋めた。5年後、死体は奪われた。何者かに。”人質”は”死体”。謎の脅迫者の、おぞましく冷酷な”指令”が少年たちを追いつめる。そして太陽の下、森の中、悲劇は起こる。拭えない血の匂い。失われる絆と安穏。さらされた肌と、奪われた尊厳──。何が罪で、何が罰なのかもわからぬまま、彼らは、地獄へ至る穴へと落ちた。【全195ページ】
骨が腐るまで 3巻
骨が腐るまで 3巻
首なし死体を、切り刻んだ。名前も知らぬ、他人であれば良かったのに。極限の精神状態の中、少年たちは、はじまりの洞穴で、互いの顔を覗き込む。そこに、嘘吐きがいた。真夜中の逃避行。海への旅路。命がけの騙し合い──。取り戻したはずの平穏は、あっけなく突き崩される。【全195ページ】
骨が腐るまで 4巻
骨が腐るまで 4巻
信じていたものに裏切られ、新たな罪を重ねつづけた。そうして見えてきた真相の断片が、何より深く、少年たちの肌を傷つける。――ところで…事件の始まりは、いつだったのか?【全195ページ】
骨が腐るまで 5巻
骨が腐るまで 5巻
犯した罪と、深まりゆく謎。真相の断片を組み合わせ、象られたのは、わかりきっていた答え。遠まわりをした。ずいぶん、長く。月明かりの下、ようやく罪は受肉する。だが、重ね続けた過ちが帰り路を塞ぐ。夜の底から暗い声が響きはじめる。怨嗟、呪詛、悲嘆の鳴き声が終わりを告げる。多くの生贄を捧げた末に辿り着いた場所にあった「それ」が、総ての根源なのか……?【全195ページ】
骨が腐るまで 6巻
骨が腐るまで 6巻
死者は何も語らない。追い詰めたはずの脅迫者はすでに亡く、公園の淑女からは解放されるも、気が付けば薄氷の上にたたずんでいた。闇を塗りこめるための闇。嘘を塗りつぶすための嘘。そして新たな人間が、敷きつめられたその嘘に手をのばす。罪を拭い去ることはできないから、せめて幕引きだけは自らの手で…。咎人の闇に真実という名の光をかざし、詫びるかわりに、君を追い詰めよう。【全195ページ】
骨が腐るまで 7巻
骨が腐るまで 7巻
──最後に。罪人は、ただ一つの”真実”に触れた。謎はすべて明らかになり、嘘はすべて剥がれ落ちる。人は、人を殺してはいけないんだ。殺人をめぐる物語は、このようにして閉幕する。その罪は、決して贖えるものではないけれど、この魂は、呼吸をするたびに軋むけれど、君がいるなら、背負っていける。だから、この身の望みはひとつだけ。「傍にいてください。永く、永く──」【全203ページ】
表紙
拡大表示
警告
本編が同一の作品があります


をレンタルしてよろしいですか?
(ポイントが消費されます)

レンタルするのは

でよろしいですか?
(ポイントが消費されます)

キャンセル
OK
著者の他作品
この本を借りた人はこんな本も借りてます。
この本に関心がある人におすすめします。



会社案内IR情報株主優待利用規約特定商取引法著作権について個人情報保護ポリシーお知らせリクエストセーフサーチ
漫画、小説、雑誌などの電子書籍レンタルサイト
運営:株式会社パピレス Copyright ©2016 PAPYLESS All Rights Reserved.