電子書籍のレンタルサイト

Renta!

『零戦少年』

のレビュー 
328920
総合評価総合評価点
4.6
(23
評価内訳
5点 5 18
4点 4 1
3点 3 3
2点 2 1
1点 1 0
無料サンプル 内容紹介 レビューを書く
2015-08-11
評価点
5
ダックスさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
内容こそ戦争ものですが、絵やキャラクター達がカジュアルで、人間の感情描写もわかりやすく描かれており、大変読みやすかったです。グロテスクな描写で語りかけてくる戦争ものではなくあくまでエッセイ風です。作者の祖父の方の大切な体験談でした。大切に読ませていただきました。あの時代を生き、今日の私達の命を繋いでくださった、全ての方に感謝と敬意を申し上げます。
2015-10-19
評価点
5
ゆりさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
ちょうど永遠のゼロがロードショーで再放送していて、心に響いて気持ちが抜けなかった時にこちらの作品を見つけてレンタルしてみました。ページ数もしっかりあって、読み応えがありました。別の方もおっしゃる通り、重い題材ですが可愛らしい絵により読みやすく、戦争を知らない世代にも入り込みやすい内容でした。おじい様の実際の体験が元にされており、実際にあったこととして、心に響きました。こちらの作品を沢山の若い人にみて欲しいです。
2018-05-08
評価点
5
ぽわさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
表紙を見た時は、ガッチガチの戦争漫画かと思いました。主人公が「お国のためならば!」と連呼するような。不謹慎かもしれませんが、そういう漫画は苦手なので、読もうか迷いました。でもレビューを見てどうやらそういうタイプのものではないようなので、読んでみました。表紙のイメージとは違い、中のイラストはコミックエッセイのような感じでとても読み易かったです。著者が、太平洋戦争時に零戦乗りだった祖父から聞いた、等身大の実体験。誰もが「お国のために!」あるいは「お国のためになどと綺麗事は言わない。家族のために」と決心して、戦いに挑んでいた訳ではない。ただ「成功して出世したい。お金を稼ぎたい。モテたい」という、動機としてはやや不純とも言える人だっていたんだと。でもそういう人ですら、戦局が厳しくなり、次々と仲間が死んでいく中で、次第に変わっていく。「どうして自分だけが生き残るのか」「置いていかないでくれ」「死にたくないとか、そういう次元の話ではない。国が終わろうとしている」そういう思いに至り、特攻隊に任命されたことすら受け入れてしまう。戦闘の恐怖、仲間の死、飢え…描かれていることはかなり深刻なのですが、独特のコミカルなタッチでサラリと読めました。あくまで著者が祖父から聞いた話を元に、細かい会話などはフィクションを交えているのだと思いますが、人物が皆生き生きして、それぞれに楽しみを持っている。よく戦争もので描かれがちな、「国のために死んでいく」こと以外何も考えていないような若者ではありません。でもよく考えれば、それが当たり前ですよね。当時の若者だって、色んな楽しみや悩みを抱えて、当たり前に生きていた。それがちゃんと描かれてる漫画だと思います。
2017-03-22
評価点
5
エコーさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
戦争を扱うものは生まれた土地柄もあり、沢山見てきました。この作品は、初めての切り口でした。当事者の本音に触れた様な、作品だと思います。
2017-03-21
評価点
5
はっちさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
このお方は予科練でも丙種の方なんですね。私は予科練の乙種と特乙、甲種の方に知り合いがおり、戦争中のお話を聞きましたが、本当にこの漫画のようなお話をされる方もいました。当時の事がわかりやすく漫画に描かれいるので、ぜひとも皆さんに読んでいただきたいです。
2017-12-21
評価点
5
daisatouさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
お話がまとまっていて伝えたい情報がよくわかりました。
2017-08-05
評価点
5
emiさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
戦争経験者が語れなくなっている近年、こういう作品は必要だし、漫画なので若い世代に見てもらいたいですね。あまり強烈な内容ではないので、おすすめです。
2017-07-25
評価点
5
アリスさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
重いテーマですが、作者のお祖父さんが経験した戦争というものを飾らずにありのままを伝えてくれていると感じました。
2021-02-20
評価点
2
yukidarumaさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
実際の戦争のお話ですが、絵もかわいくてサクッと読めました。読みやすかったです。
2021-01-30
評価点
3
昭和の忘れ形見さん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
太平洋戦争の受難は親からの伝承で受け聴いた話なので、身をもって体験したわけではないが、目の前で多数の人が息を引き取るという事実を受けとめるのは容易ならざるものがあるだろう。大地震で身内や知人を失った方々も同様に、自分の存命と引き換えに亡くなった方への鎮魂は、一言では言い表せないものがあると推察できる。仮に存命しても復興半ばで力尽くこともある。生死を分けて生きた者の務めとして全力を傾注して生き通し、現役のまま大往生を遂げた著者の祖父に、尊敬と同時に自身もこうありたいと思った。



会社案内 IR情報 株主優待 利用規約 特定商取引法 著作権について 個人情報保護ポリシー リクエスト セーフサーチ 海賊版に対する取り組みついて 漫画家募集
ABJマーク
ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp