Renta!は、マンガなどが100円からPC・スマートフォン・タブレットですぐ読めるレンタルサイトです。

『山賊ダイアリー リアル猟師奮闘記』

のレビュー 
294218
総合評価総合評価点
4.2
(73
評価内訳
5点 5 33
4点 4 28
3点 3 9
2点 2 1
1点 1 2
無料サンプル 内容紹介 レビューを書く
2015-05-03
評価点
5
ゆんゆんさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
ルーキー猟師の実録漫画と言う新し過ぎるジャンルに心惹かれて購入してしまいました。山の歩き方、銃との向き合い方、鹿や鴨に飽きたらずカラスやらネズミやらヌートリアまで取っ捕まえて食ったろうとする岡本さんの食い意地と言う名の探究心、全てが興味深かったです。いかにもエッセイ漫画らしい下手ウマな絵柄ですが、苦労と工夫を重ねて狩猟して来た獲物を皆で調理して食べる描写はなかなか魅力的で、とても美味しそうに思えました。
2015-06-16
評価点
5
yuntaさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
おもしろいです。この作者さん、ホントにこのまんまの生活してるんだろうなあ、っていう雰囲気が隅々に溢れています。確かに絵はあんまりお上手ではありませんが(失礼!)、その微妙な感じがこの内容にはよく合っていると思います。鳥や獣などの獲物を処理する場面など、あんまりきっちり描き込まれていると抵抗を感じる読者もいるでしょうし。狩猟以外にも、魚を釣ったり山菜を採ってきたり、しかもちゃんとそれをどうやって食べるのかまで描いてあって、とても楽しいです。「食べる」ということについて、考えさせられる内容でもあります。私自身は猪や鹿を食べて育ったので、なんだか懐かしくもありました。いまも猪肉など手に入ると、牡丹鍋や粕汁にしますよ。あっさりした赤身の鹿肉も大好きです。
2016-06-13
評価点
1
Forestationさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
野生の生き物は、過酷な自然界で一生懸命に生き延びています。その生き物たち(殺される側)の気持ちを汲み取るかどうかで、この作品への感想は変わってくると思います。他の生き物の身体を食べなければ生きていけないのは当たり前。でも日本は今、家畜を増やし育てて、たくさん殺して、たくさん出荷して、たくさん食べ残して、たくさん捨てているので、自然界に生息している殺さなくても済む生き物まで殺さなくてもいいです。私はもっと動物たちに遠慮して生きたいので、読んでて喜びは感じませんでした。
2016-09-07
評価点
5
SSさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
若干ストーリー展開や絵の下手さという点はありますが、本来グロいはずの描写(肉の解体等)が、絵柄的にグロく感じないです。グロ描写が苦手でも、平気で読むことが出来ると思います。ストーリー展開については、読み進めているうちに友人のブログを見ているような感覚になってきました。慣れると楽しいです。自分は身近に猟師が居て、最近は高齢化が進んで若手が居ないと嘆いていたため、このような作品を見て興味を示してくれる人が居れば良いなと思ながら、自分自身興味が出てしまいました…。超絶自然好き、例えるなら…オートキャンプはキャンプじゃない!野宿こそ最高のアウトドアだと思うような方には是非オススメしたい。
2016-06-29
評価点
5
るこさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
全て自分の手で狩猟、解体し、獲ったら必ず食べることを信念とする作者。「命をいただいて生きる」ことをこの現代でドラスティックに実践している。それはもちろんスポーツハンティングとは全く異なる方向性なわけだけど、この漫画を読んでいると狩猟って本能的に楽しいものなんだろうなぁということがひしひしと伝わってくる。
2016-06-18
評価点
5
キキョウさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
猟師という全く接点がなくてなり方すら調べたことなかったジャンルで、淡々としていますが面白かったです。猪肉も鹿肉もハトも全く食べたことがありませんが美味しそうです。日本人的ですが獲った獲物をちゃんと残さず食べてるのでオッケーです。絵は確かに上手くはないですが、内容とよく合っていると思いました。
2017-07-23
評価点
5
自由な食器洗浄機さん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
狩猟ってどんなことするのか、どういう気持ちで、どういう意味でするのか、あんまりわかってなかったのですが、これを読んですごく感慨深かったです。動物は本当に大好きですが、また違う話かなとも思いました。また、漫画自体とても面白かったです!
2017-07-21
評価点
5
ANNA624さん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
絵が上手くない、との意見もある様ですがシンプルなので生々しい描写が無く私は良かったです。マニアックに銃の事だけ、という訳でなく、獲物のさばき方や調理法、山で遭遇する樹木や色々な人達(ハンター以外にも来ているし、ルールもあるらしい)、鳥獣類の生態など色々と勉強になりました。以前住んでいた所の親しい隣人が時期になると鹿や猪を撃ちに行っていたので色々と質問した事があります。(在米です)『狩猟をするのは何故?』と(狩猟をしない人にはよく解らないとは言えかなり失礼な事を)聞きました。答えは簡単で、『ウチのジィさんもその又ジィさんも家族で食べる分を狩ってきたから、スーパーにパックのされたものは気持ち悪くて食べられない。(誰が何処で何時屠殺してどんなプロセスを通って店に並ぶのか不明な食物は信用出来ない。)』私が引っ越しした当時でも、さほど田舎でも無い土地でしたが場所柄で先祖代々住んでいる様な住民も多く、自給自足を疑問視する感じが無く納得してしまいました。日本では肉食文化がこちら同様に大昔から発達していたとは言いづらい点もあり、生理的に受け入れられない事もあるとは思います。とは言え、この本のレヴューでも見受けられますが極論で声を荒らげるのはどんなものでしょう?
2016-11-20
評価点
5
ぶーりんりんさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
大袈裟かもしれませんが、命を狩るということは、自分も命をかけているのだと思っています。私は、猟師ではありませんが、畜産業につき、産まれてくる命を狩る(殺す)事を前提に育てています。食糧飽和の時代とも言われますが、この漫画のなかには、食事をするということが、命を食べるということと言ってるような気もします。北海道の大自然のなか、昨今猟師が減りヒグマにエゾシカ、キタキツネ、中々共存は大変かな。それでも、自然の中で、徒なりに住まわせてもらってると思うように心がけています。絵柄はまだまだ発展途上かもしれませんが、応援する気持ちも含め星5つ。
2016-06-28
評価点
5
ひっそりこ。さん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
過疎化が進み、猟師も少しずつ数を減らしていっている、ど田舎(普通にタヌキやクマ、アナグマなどが出る場所)に住んでる身としては、いろいろと考えさせられる話が多かった漫画です。実際に周りに、猟師がいたり、猟犬を飼ってらっしゃる方がいたりすることもあり、おお!!そうそうwwwと同感出来るネタも多く、とても楽しく読ませていただきました。猟師の数が減り、イノシシやらシカやらの獣害を、多く耳にするようになった今日この頃。この漫画を読んで、ちょっとでも猟師の生活やら、猟師そのものに興味を持つ若い方が増えたらいいなー。



会社案内IR情報株主優待利用規約特定商取引法著作権について個人情報保護ポリシーお知らせリクエストセーフサーチ
漫画、小説、雑誌などの電子書籍レンタルサイト
運営:株式会社パピレス Copyright ©2016 PAPYLESS All Rights Reserved.