電子書籍のレンタルサイト

Renta!

『ココロポリープ 〜明かりの灯る箱〜』

のレビュー 
252296
総合評価総合評価点
4.5
(2
評価内訳
5点 5 1
4点 4 1
3点 3 0
2点 2 0
1点 1 0
無料サンプル 内容紹介 レビューを書く
2020-02-12
評価点
5
がちょう番のムスメさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
この作家さんは恋愛ものに留まらないヒューマンドラマを描くのがお得意ですが、このお話もとても良かった。主人公のことを受け入れられない人も受け入れられる人もいて、多様性ってこういうことなのかなと思ったり。特にバイト先で偽名を「源氏名とかハンドルネームみたいなものね」とあっさり流してくれた人がツボ。こういう人に私もなりたい。
2017-06-25
評価点
4
はなやらわさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
 お話自体は重く、また主人公が名前を偽るなどハラハラする設定ではじまりますが、周りに出てくる人達がみんないい人で、ものすごいゴチャゴチャも無く、すーっと進んで行きます。  しかし店長の言葉が良い。そして、主人公の心の動きもとても良く分かります。作者さんがこの漫画の設定や状況に関して、全ての登場人物の心の中をきちんと考えて丁寧に描いているのが分かります。 そして、主人公が自分は弱い、と歯がゆく思うところ。むしろ、何のせいにもせず、真正面からその弱さに立ち向かっていく強さ、若さも感じますが、その真っ直ぐな気持ちに私は少し自分を恥じ入るような気持ちになりました。 店長が主人公に言う言葉はどれも良いですが主人公とのすれ違いにより辞めて行く男の子にかける言葉が一番好きです(もっと言えば男の子のまだ若く、頼りない感じもリアルに描けていてそこも私は良いと思いました)。 とくに責める訳では無く、「いい男になれよ」と。自分もあんな大人になりたい…。 もし、主人公と同じ立場に会った人がいたら、読むのは辛いかもしれません。でも、そうである人もそうで無い人も一度読むと「ちゃんと生きていく、前へ進んでいく」と言うことを少しでも考えるきっかけには、絶対になると思います。



会社案内 IR情報 株主優待 利用規約 特定商取引法 著作権について 個人情報保護ポリシー リクエスト セーフサーチ 海賊版に対する取り組みついて 漫画家募集
ABJマーク
ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp