電子書籍のレンタルサイト

Renta!

『おうちのひみつ』

のレビュー 
247855
総合評価総合評価点
4.6
(7
評価内訳
5点 5 5
4点 4 1
3点 3 1
2点 2 0
1点 1 0
無料サンプル 内容紹介 レビューを書く
2014-01-19
評価点
5
niaさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
兄でも弟でもない人物の視点で物語は始ります。最初はとまどったのですが、二人以外の人物を絡めたことで一層兄弟の性格や二人の関係の禁忌感が際立ったと思います。優等生ゆえに追い詰められていく弟とそれを許して包み込む兄、兄の心情を思って何度か泣きました。本人が自分たちのことを許されない関係だと思っていること、それでも離れられない気持ちが端々から自然に伝わってきました。私は好きでした。
2014-09-15
評価点
5
鳳凰さん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
じっくり読ませていただきました。これで5チケは得した。話の前半は兄弟に振り回される兄のクラスメイト視点で主に描かれています。このままこれで行くのかと思いきや、後半一気に話が動き出します。兄弟の絆に感動しました。お互いが大切すぎて、背徳感はなかった。そこが残念でもあるけど、それがこの作品の良さでもある。最初の方の弟くんに引かないで、最後まで読んで下さい。
2017-07-27
評価点
5
rrさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
10年近く前のBL書籍の復刻版です。当時に読んであまりの闇っぷりに衝撃を受けました。当時は「おうちバイバイ」というタイトルでしたので既知の方は重複購入されないようお気をつけ下さい。繊細な描写、兄弟の確執と歪んだ性愛から漂う圧迫感、暗さの中にある透明感など、他の類似テーマのBL小説にはない独特の良さがあります。昔の作品ですが(加筆修正はしていると思いますが)最近のBL作品と比べても遜色ない水準だと思います。明るいストーリーではないので好き嫌いが激しく別れると思いますが、不憫受け、執着攻めが好きで、DVありの重い実兄弟BLが読みたい時には最適だと思います。
2017-07-13
評価点
4
キルアさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
タイトルの雰囲気に惹かれて購入。勝手に可愛らしい話かと思いきや奥が深いです。
2020-05-26
評価点
5
欲しい暴れ馬さん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
受けの視点を軸に、受けの友人たちの視点も織り交ぜながらお話が進みます。面白い構成でしたが、もう少し友人たちはドライな立場だった方が、第三者的な視点として楽しめたかなと思います。前半は暴力もあったりで痛い感じでしたが、中盤からは攻めが生まれ変わって?素直になるので親の態度はあまり気にならなくなりました。最後のラブラブなその後のお話があって本当に良かったです。
2019-05-09
評価点
5
軒下さん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
私は好きな作品です。読んでいて色々な人の感情が流れ込んでくるのでつらさはありました。ゆうじのどうにも抑えられない感情、塚本、松下の感情、両親、そして真実。どうにもできない感情があってもやっていいこととそうでないことがあるのは当然ですがみんなそれぞれつらい部分がありました。だからこそ余計に、真実が「辛くない、辛いのは俺じゃない」と言って泣いているところは特に心痛いです。しかし、全員が全員で幸せになることはできないし、望むもの全てを手に入れることもできない。その中で例え誰かが傷ついたとしても、自分さえ傷を負ったとしてもそれでも手放したくない1つのものを優先する真実の潔さをカッコいいと思いました。たった1つの意思を貫く覚悟が出来ている真実を好ましく感じました。自分が何を優先し、どう生きるかは自分で決めればいいと私は思うのです。悪いことではないのだから。勿論、周りが大切で周りを優先することも1つの道ではありますが、ただ、自分の人生を幸せに出来るのは結局は自分なんだと私は思います。心揺さぶられる作品に出会え、非常によかったです。…長っ(笑)
2018-03-06
評価点
3
yukikazeさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
病み系を期待していたら、後半一気にただの執着だとわかり、その後話ではただのカップルに。10年前の作品という時代は感じられず、総じて面白かったが、二人の関係が両親バレするならもっと家族の苦悩を描いて欲しかった。あくまで友達が語り手になることが多いためか、両親の存在が希薄。特に父。



会社案内 IR情報 株主優待 利用規約 特定商取引法 著作権について 個人情報保護ポリシー リクエスト セーフサーチ 海賊版に対する取り組みついて 漫画家募集
ABJマーク
ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp