電子書籍のレンタルサイト

Renta!

『雨の日も神様と相撲を』

のレビュー 
743375
総合評価総合評価点
4.2
(22
評価内訳
5点 5 11
4点 4 7
3点 3 2
2点 2 2
1点 1 0
無料サンプル 内容紹介 レビューを書く
2021-05-17
評価点
5
dodoさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
3巻完結です。決まり手も綺麗にまとまってるので、カエル様のために5で。
2021-01-08
評価点
5
和どんぷぅさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
「鹿男あをによし」や「鴨川ホルモー」を思わせる摩訶不思議な緩〜い世界観。好きな人には堪らないのでは?私は大好物です。
2021-09-27
評価点
4
健気な寝坊すけさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
カエル様と村で起きた殺人事件がどう関わって来るのか気になりました。面白かったです。
2021-09-22
評価点
4
fivesevenさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
無料時読ませていただきました。『虚構推理』リンクです。原作者あとがきにて、この作品は「異なった価値観の世界に特別な知識や能力を持つ主人公がやってきて、その知識や能力で活躍する」という、異世界物とよぶべき作品とも云えるのだ―との旨書かれており、なるほどとうなずかされました。私は異世界物とは〈現実と一見かけ離れた世界観やルールにもとづいていながら、現実(的)世界の延長であり、自己(主人公)の価値の転換の装置としてつくられた異世界が舞台の物語で、いわばコスプレやゲームとその本質についていえば変わりが無い作品群〉のことだと思っておりました。たしかにこの作品も、原作者の掲げる条件をかんがみれば異世界物だともいえるでしょう。しかしあまたの異世界作品とはかなり趣きが異なるのも、事実かと思います。登場する村のような場所がまさか牋枩こΝ瓩箸蓮帖弔任垢、主人公がうとんじていた相撲の能力が移り住むことで完璧に生かされる点、作中の村が自己(主人公)の価値の転換の装置であることはやはり、ほかの異世界作品群と共通した特徴だと思います。そして、その現代のラノベ発の異世界作品群の特徴とは、いくつかの古典的ファンタジー作品と、根本から違っていることも、指摘しておきたいです。別な作品に書いたレヴューと重複してしまいますが、ファンタジー作家のミヒャエル・エンデは(語世界へは何も持ち込めない逆に何かの持ち出しも不可もし持ち出せばそれは怪物になる―と自作中で、異世界に対しての〈おきて〉を創案しました。独自の抽象的な異世界論を、子供でもわかるかたちへと昇華したものですが、これは異世界との「相互不可侵」な距離を保つことを意味します。ラノベ発異世界物とは真逆のテーゼであり、ここでは異世界が現実(的)世界の延長ということがあり得ず、自己(主人公)の価値の転換のため異世界が利用されるのも不可能です。ではエンデが念頭にした古典的作品の異世界は、遠くから眺めるだけの単なる予定調和の世界かというとそうではなく、異世界そのものの価値の転換は生起されます。すなわち「もうひとつの世界」が「変わる」のを目撃する事によって読者は、物語の世界から帰還した現実においても、自分の人生・生活を送る世界の見方を変える力を与えられる。つまり転換されるのは読者の世界の方であり、自己の価値ではないのです。この作品はどちらになるのか楽しみです
2021-09-21
評価点
5
フリーダムな食器洗浄機さん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
『美少年×相撲』ふむふむ。『×カエル』え???『×神様』な、ななななんで??? というお話です。ものすごくおもしろかったです。主人公の不思議な雰囲気、周りの人たちの邪心のない立ち居振る舞い、カエルたちの可愛らしさ、ヒロインの真っすぐな気持ち。100点です。断言しますが100点です。サクッと終わってるのも良かったです。これはお勧め。ぜひ読んでほしい。タイトルがまた良いですね♪
2021-09-18
評価点
2
weeeさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
メインの2人の癖がつよい。相撲の知識はいろいろありそうだけど、動きが出るシーンになると画力が下がるのは残念。
2021-09-12
評価点
5
砂漠の銀狐さん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
此は、とある寒村で起こった死体遺棄事件と、家庭的事情で東京からやって来た小兵天才少年力士と、60歳のタイムリミットが掛かった審神者の少女と、蛙に憑依する情報思念体が絡んだ神話の体裁を借りたBoy Meets Girlストーリー。色々と感慨深く、賢いようで愚かしく、聡いようで鈍感な話。読み終わって振り返ると気が付く事が多い。物語の最後には「神話は終わり、ラブコメが始まる」とテロップを入れたい。
2021-08-22
評価点
4
くじらさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
広告から面白そうだったので購入。まだ1巻しか読んでませんが、こうくるのか!と良い意味で裏切られました(笑) 続き早く入手しようと思います
2021-06-08
評価点
3
smさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
絵がキレイというよりかわいくて主人公がショタかわいいというのがいいですミステリーをおもしろくしている
2021-06-03
評価点
5
じゃがいもさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
同じ原作者 城平京の虚構推理がとても面白いので、この作品も読んでみた。偶然なのか意図的なのかコミカライズの絵柄も非常に似ている。相撲とカエルという他に例のない題材を民話をベースにまとめたアイデアが非常にいい。ミステリーとしての味付けもなかなかのものである。



会社案内 IR情報 株主優待 利用規約 特定商取引法 著作権について 個人情報保護ポリシー リクエスト セーフサーチ 海賊版に対する取り組みついて 漫画家募集
ABJマーク
ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp