電子書籍のレンタルサイト

Renta!

『親愛なるジーンへ【Renta!限定ページ・応募者全員サービス告知ページつき】』

のレビュー 
732361
総合評価総合評価点
4.9
(206
評価内訳
5点 5 192
4点 4 14
3点 3 0
2点 2 0
1点 1 0
無料サンプル 内容紹介 レビューを書く
2020-07-10
評価点
5
ののさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
『ラムスプリンガの情景』で先に村を出て行ったあのジーンのお話。素晴らしかったあれと同じ世界観で更に上回って来るなんて本当にびっくりです。はーぁすごい。まずジーンの表情から目の輝きから姿かたち全て、一冊を通して絶妙に変化するのに目を奪われました。終盤の言葉の通じない愛の告白のシーン、もう涙出ますね。それからトレヴァーの出自のこととジーンの故郷のことや、シリーズ前作と本作の巧妙な繋がりはもう溜息しかなく、上手い作家さんだなぁとあらためて惚れ惚れ。世界観がしっかりしてストーリーも練られ描写力もすごいので、めちゃくちゃ読みごたえあります。2巻完結予定のようで1巻時点では謎はまだまだ明かされませんが、それでも余裕で満点評価できるほど。ただ冒頭からわかりますが今ここにいないジーンのお話ですもんね、切ないような…結末がドキドキ。ちなみにM/Mっぽい雰囲気だし設定的にもアレだしお約束の・・があるんじゃないかと思うんですが……(憶測です)。
2020-07-10
評価点
5
ハセさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
ちょっとこれはもう別格というか、1巻の時点で既に名作じゃないでしょうか。久々にがつんと胸を打たれました。純粋だけど強い芯を持ったジーンと、それを壊したくなくて触れてはいけないと自分を戒めるトレヴァー、その耽美的な空気感と普段の2人のコミカルな会話のさじ加減が絶妙で、最後まで夢中で読みました。信仰心の強いアーミッシュであるジーンからのあの告白は、まさに最大の愛の言葉。トレヴァーは言葉が分からなくても、あの心からの告白は通じてしまうはず。2人が結ばれるシーンもすごく官能的なんだけど、何だか胸がいっぱいになって泣けてしまいました。個人的にあれだけ話題だった前作を超えたんじゃないかなと思うほど良かった。現代のトレヴァーの横にはジーンはいないわけだけど、悲しい結末じゃなくて驚くようなラストであることを期待したい。
2020-07-10
評価点
5
サバみそさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
ラムスプリンガ〜で気になってたジーンの物語が出るとわかって楽しみにしてました。続きものですが、一巻だけでも十分なボリューム、今はまだ後腐れのない物語です。とはいえ、ジーンがどうなってしまったのかどこに行ってしまったのか、冒頭から気になるのですでに待ち遠しい。アーミッシュの青年が都会に馴染んでいき、拾ってくれたトレヴァーに対して気持ちが傾いていくまでが書かれています。日記で、という形なので、どうなってしまうのか予想もつかない展開です。この作者さん、コメディも好きですが、シリアスが半端なく好きなので、ボリュームやぎゅっと詰まった物語に大満足です。ハッピーエンドを迎えられますように…
2020-07-10
評価点
4
銀色さん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
『ラムスプリンガの情景』も読みましたが、こちらの方が好きです。優しい人々に恵まれながらも、出自や生い立ちに由来する孤独感を埋められずに生きてきた主人公が、ついに出会った純真な愛情に癒されるシーンには胸をしめつけられました。愛情を注がれたのに孤独であった子供時代の、幸福と寂しさの描かれ方も切ない。切なさ、優しさに溢れたお話です。しかし過去を振り返る形で進む話の、現在の時間にパートナーの姿が見えないのが気がかりではあります。そう心配させておいてのハッピーエンドならば良いのですが…。主人公たちが本当に優しい人たちなので、幸せを祈らずにはいられないです。
2020-07-10
評価点
5
レーザーキャットアイさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
ラムスプリンガのスピンオフ作品、テオの兄、帰って来なかったジーンに何があったのか…がとても気になっていたのでこの作品で読むことが出来てとても嬉しいです。時代設定2つあるので、本題に入るまでが少し長めでした。ベトナム終戦の1975年頃のニューヨークにて、ちょっとしたきっかけでトレヴァー弁護士(攻め)とジーン(受け)は知り合うのですが、さり気ない一言を信頼して受けを自分の懐に入れる辺り、恋愛的に惹かれたと言うよりも人類に対する愛が溢れていてとても優しい良い人だなと思いました。作品内の過去回想に答えはある訳ですが、これが涙無しには読めない位感動しました。トレヴァー最高かよ!受けはアーミッシュなので、勿論ピュアピュアで擦れていない所が素晴らしく可愛い!しかし可愛いだけではなくエロには男らしく積極的で、もう、なんなんですか、萌え殺しに来てるんですね!?ありがとう、ありがとう!チン子の描写も白抜きでは無く、白線で辛うじて形が分かるのもポイント高い、エロイ!そして、この話まだ続くそうで、早く読みたくてたまりません!
2020-07-10
評価点
5
なっつさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
50年前は同性愛者にとっては今よりとても生き辛い世の中だったということが物語の端々で伝わってきますが、ジーン含めトレヴァーの周りの人達が本当に温かくて優しくてうるっときてしまいました。これから先どうなるのか楽しみです。
2020-07-10
評価点
5
ともさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
「ラムスプリンガの情景」も情緒あふれる作品でしたが、本作も良い!前作でも、ちらっと出て来たダニーのお兄さんの話。約50年前の時代が舞台のお話で、主人公達は、世の中的にはセクシャリティや思想信条(宗教)がマイノリティに属する立場にいて、今でこそ「多様性」なんて言葉が聞かれるけど、50年の間に様々な人が声を上げ続けた成果なんだろうなと思う。それでも、まだ、差別意識や偏見は根強いのだろうけど。映画に連れてってもらったジーンが、トレヴァーに「娯楽なんて言うけど、教養があって初めて享受できるものだ」と言うシーンが印象に残った。衣食住以外に生活に必要なもの、楽しさや癒し、生活に華を添えるもの。それさえも必要最低限の衣食住が確保されていて、好きな時に学ぶ権利があってとか、いろいろ考えさせられる。2人の想いが通じ合ったところで1巻は終わり、2巻へと続くようで、1巻では、回想でしか出てこないジーンはどうしてるの?2人はどうなったの?と、早く続きが読みたいです。
2020-07-10
評価点
5
ぺんてぃさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
「ラムスプリンガの情景」で、アーミッシュを離れて行ってしまったジーンのお話でした。彼のことがとても気になっていたので今作ではメインCPで読めて嬉しいです。決して読者に押し付けない感情表現が自然で涙を誘いウルっと来る場面が多々ありました。ストーリーもしっかり描くところは描き、あえて触れないジーンの生死や甥っ子の名前がジーンと同じという点なども、読後に読み手に想像させてくれるので気持ちよく余韻として残ります。表紙に1となっているので次巻があるのでしょうか?ぜひ続いて欲しいです。今作でも他の作品でも吾妻先生の絵は白黒でも色が見えてきそうなほど丁寧で滑らかで、人物の表情や体のラインも柔らかく特に目元の奥行きのある安っぽくないキラキラ感が大好きです。ふとした時に何回でも読み返したくなる作品だと思います。
2020-08-03
評価点
5
あゆさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
素晴らしい。前作も凄かったですが、こちらも溜息が出てしまう位心を持っていかれました。練りに練られたストーリーは勿論、コミカルな部分とのバランスも良く作者様の力量を感じます。色々なシーンの見せ方がとても上手くて、特にジーンの告白のシーンには鳥肌が立ちました。ただ現在のトレヴァーの側にジーンがいないのが気がかりで泣きそう…。ハッピーエンドを願うばかりです。
2020-07-13
評価点
4
今日もハルさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
作品としての完成度の高さと萌えが両立している!!前作の「ラムスプリンガの情景」でチラッと出てきたジーンのお話。まず前作について。とても読み応えのあるものでしたが、私はアーミッシュのやり方に疑問を持ってしまってあまり恋愛としてのドキドキ感はなかったです。(これは出来不出来ではなく単に好みの問題です)そして、今作。前作でアーミッシュの事を理解していたので、今回がっつり村の事が出てこなくてもその背景やジーンの辛さが伝わってくるし、なんといってもそれを踏まえてトレヴァーとの甘く純粋な恋愛模様が描かれているところがたまらないです!2人ともたまらなく可愛いです!!なので、もし前作ちょっと萌えなかったなーと感じた人も一読してほしいです。読まないのはもったいないです!



会社案内 IR情報 株主優待 利用規約 特定商取引法 著作権について 個人情報保護ポリシー リクエスト セーフサーチ 海賊版に対する取り組みついて 漫画家募集
ABJマーク
ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp