電子書籍のレンタルサイト

Renta!

『チェンジリング〜妖精は禁断の実を冥王に捧げる〜【特別版】(イラスト付き)』

のレビュー 
650552
総合評価総合評価点
4.6
(9
評価内訳
5点 5 6
4点 4 2
3点 3 1
2点 2 0
1点 1 0
無料サンプル 内容紹介 レビューを書く
2019-08-22
評価点
5
ハルヒさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
ヨーロッパ民話で、ケルト神話の世界感。妖精の取り替え子、「チェンジリング」をテーマとした、海洋ファンタジー、そして壮大な愛の物語です。沙野先生と言うと、受け様が酷い目に遭うイメージが強いですが、今回の受け様も、いつもに負けず劣らず酷い目に遭います。遭ってます。しかも、お話は攻め様と受け様の両視点で進む為、彼の真意と言うのは早々に分かりますが、もうこれが切ない。めちゃくちゃ切なすぎます。2人ともに、ここまで過酷な運命を背負わさなくても・・・と、思う内容です。これからのシリーズに、期待大です。
2019-08-25
評価点
5
まりもさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
ケルト族の多くある神話や民間伝承のお話のひとつがチェンジリングです。妖精が人間と妖精の子供を取り替えます。有名所では「真夏の夜の夢」などにも人間から攫ってきた取り替え子が出てきます。…という風に実際の民譚や神話が骨組なのでしっかりしています。本題の…BL部分!受けは妖精の取り替え子。それ故にある使命を受け、攻めの運命を狂わせます。海賊にならざるを得なくなる攻め。無論攻めは激しく受けを恨みます。何故、受けがどんなに苦しくて悲しくて辛い思いをしてでも使命を貫くのか…。何故、攻めは受けを恨んでいるのに、ヤキモチを焼いてしまうのか(笑)の、答え合わせです。作者様こだわりの裏テーマも読んでみてのお楽しみ。でも今作で妖精界や人間界がどうなる?かは書かれてません。伏線はあるだけに唯一残念!正直、消化不良なのですが、続編ありならと星は満点で!奈良先生の描かれる妖精王…!は失礼ながら別の某作品で拝見しましたが格別!沙野先生&奈良先生の妖精王も是非見たいです。作者様の後書きに期待しつつ続編大希望です。
2019-08-27
評価点
5
minmin311さん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
なんか続きもの?のような、、、痛さ半端ないところがあちこちに。少し斜めに読み飛ばしてしまいました。裏切りの理由が最後に判明したので物凄くスッキリしました!
2020-09-07
評価点
5
Kazukiさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
なんだか久々にワクワクするお話でした。妖精や海賊が出てきて冒険もの、そしてしっかりエロもありで楽し過ぎる!笑。イラストも奈良先生でなかなか素敵なお2人の絡みも見れて眼福だし、喜々。2冊目をこれから読みにいくのですが楽しみだわ。
2019-12-07
評価点
3
コーシュカさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
設定自体は良かったのですが、続編ありきで書いているのか中途半端な終わりかたで全体的にも色々と中途半端な感じが否めませんでした。この一冊だけを評価するとやはりこのぐらいになってしまいます。
2019-08-23
評価点
4
ゆききさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
できることならゆっくり読んで世界観をしっかり理解して欲しい作品ですね。だらっと流し読むとポイントになるところをとらえ損ないそうです。作品のイメージと画家さんの画がぴったり合っているようにも思います。その点でもイラスト入りは嬉しいですね。
2020-11-26
評価点
5
くうさんさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
攻め受け両視点で進むので互いの心情がわかりやすいです。でも謎はちゃんと伏せてるのでドキドキしながら読めました。なんて切ないんだ...ゼインがとても漢でした。ルカも儚さもありつつ、恨まれることを覚悟でちゃんと強い意志もあるので弱々しくないのがいいな。大司祭には結局嘘の真名を教えてたってことでいいのかな?あと、ロムが短刀で斬り付けられる未来はゼインに?それを回避させたってことですかね?理解力なくてすみません。アンリ達のお話で完結なんだろうか。もちろん読みます。
2020-10-04
評価点
5
ぴーすぬさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
色々と入っていますが可愛いなぁと思えたのが一番良かったです。幼い頃の出会いや慕ってゆく様が◎でした。主に1巻目の災いの預言者ことルカとゼインは気の毒な程に精霊王に見込まれてますね。他のために己を犠牲に出来る人たちの意志の強さは凄いです、虐待されてきたルカの「自分の為でもあった」と言わしめる行為には心が痛みました。ゼインは総てを丸ごと引き受ける男気にアッパレ感動者です。悪意への駒としてチェンジさせられている事実には悲劇となりますが、愛すべき相方に出会えたからこそのハピエンです。
2019-08-23
評価点
4
yokoさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
面白かったです。ファンタジーは普段あまり読まないのですが、世界観がしっかりしていて最後までノンストップで読みました。最後に2人のラブラブな後日談などがあれば、もっと良かった。



会社案内 IR情報 株主優待 利用規約 特定商取引法 著作権について 個人情報保護ポリシー リクエスト セーフサーチ 海賊版に対する取り組みついて 漫画家募集
ABJマーク
ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp