電子書籍のレンタルサイト

Renta!

『月影楼で逢いましょう〜遊郭オメガバース〜【特典付き】』

のレビュー 
643467
総合評価総合評価点
3.6
(34
評価内訳
5点 5 3
4点 4 18
3点 3 10
2点 2 2
1点 1 1
無料サンプル 内容紹介 レビューを書く
2019-12-01
評価点
4
けいちゃんさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
「月の裏を越えて〜」に登場する月ヶ瀬蒼介が学生時代に出会った純とのお話です。月影楼(遊郭)で生まれそして育った純(Ω)が蒼介と出会い互いに惹かれあう・・・しかし外で生活していけない純は客をとりながらも心は蒼介を求める。そして蒼介(α)は純を自由にしてあげたくて家を出て二人で生きる道を選ぶ。二人にとっての幸せとは・・切なくキュンとなる作品でした。
2019-07-27
評価点
4
どんぶりさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
つらかった、、、。この父のいびつな愛情のような複雑なものを描ける先生、素敵です。本編をさっさと読んできます。
2019-07-25
評価点
4
15さん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
スピンオフと言うか「月の裏を超えて」の先生のお話です。そちらで結末を知っていたので切ないお話になるのかと思ったらこの1冊だけで言えばハッピーエンドです!良かった!!少しの間でも幸せな時間を2人で過ごせていたなんて!とても良かったです〜この後、何年か経って月の裏〜へと続くのですね。。
2019-07-28
評価点
5
questionさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
二人のその後が前作、月の裏を〜でわかってるのでしずしずと読んでしまいました(´・ω・) でもコレハコレ!な単体で読めハピーなエンドで終わっててなんだろ、気持ちが切り替えれるってゆうか。でもやっぱりこの2人なんだよな、、、これ読むと前作の評価下がる私。ごめんよ前作orz 話の流れ的にはこっちが前作であっちがその後なんだけどこっちが後にリリースされるのがまた粋ですね( ´▽`) オメガは捨てられたり不幸な別れであってもそれで終わり的な番に対しての絶対服従感あるのにアルファにはそゆの無いの納得いかんのよね。絶対的雄ってゆアピールの為なんだろが。。。オメガバースの苦手要素その1。ハタネズミとかペンギンとか狼みたいなスタンスってほんと素敵なの、、、夢のまた夢ですけどね(´-ω-`)
2019-07-25
評価点
3
ふーさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
二人のその後を前作で知ってしまっているので悲しい物語になるだろうと覚悟して読みましたが、バッドエンドではなくハッピーエンドで物語は終わってます。良かった。
2019-07-25
評価点
4
桃ちゃんさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
エロ多めでした。オメガ設定でしたが、スムーズに読めました。情熱と諦めのバランスが良かったです。
2020-03-08
評価点
5
みかんさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
独特な世界観がある作品で、好みが別れるかもしれませんが好きです。重く切なく淫靡な感じが、何とも言えません。
2019-08-08
評価点
3
HSさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
なんか、この作者さんにすごく期待してしまうのですが…。このお話は予想通りの展開過ぎて、流してしまいました。エチもキュンキュンしませんでした。続きがあるらしいですが、読まないと決めました。
2019-07-25
評価点
4
Nanaさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
月の裏を越えて 先生の若き日の話ですね。純というオメガに出会い、月影楼という郭で働く純に会うため買うために毎日通い、純のオメガとしての発情期、郭は休みでそこでは何が行われているか、憤りを覚え先生自身アルファとして良い家柄を捨てて一緒になるまでの若い二人です。その後の話は月の裏を越えてを見れば悲しい過去が朗かになりますが、ここでは、まあ悲しい人生ながらも二人ハッピーエンドのみになってます
2020-09-29
評価点
3
論理的な電子辞書さん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
アルファとオメガの話。昔っぽい話だけど現代ぽいのかな(??)さらっと読むぶんには十分面白いと思います。ストーリー重視とかが好きな人には物足りないかもです。その後の2人をもう少し見たかった気もします。



会社案内 IR情報 株主優待 利用規約 特定商取引法 著作権について 個人情報保護ポリシー リクエスト セーフサーチ 海賊版に対する取り組みついて 漫画家募集
ABJマーク
ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp