電子書籍のレンタルサイト

Renta!

『【電子限定おまけ付き】 ラプンツェル王子の通い妻 【イラスト付き】』

のレビュー 
630308
総合評価総合評価点
4.3
(48
評価内訳
5点 5 22
4点 4 22
3点 3 2
2点 2 2
1点 1 0
無料サンプル 内容紹介 レビューを書く
2019-06-03
評価点
4
白雪さん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
重いーっ!!重いわー(笑)わぁぁ〜、色々紙一重だ〜…といった感じの、どーしょーもない攻めなのですが。何でしょうね。憎めない。見てくれが良くて、才能があって、経済力があるだけの、一歩間違うと変態ストーカーみたいなんですが、不思議なチート感。受けは健気で筋が通った、とてもまともな良い子なのですが、こんな攻めに惚れちゃったのが運の尽き…でもハピエンだからいいのかな。作者さんのいつもの作風とは違って、でも安定の実力でした。楽しかったです。
2019-05-30
評価点
5
めぽさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
良かった!すごく好みのお話でした。受けの健気さと攻めのどうしようもなさが、私のツボでして、さらには攻めザマァな展開が。今まで受けが健気だった分、攻めザマァな展開にスッとしました。最後はハピエンです。
2020-11-18
評価点
2
ののさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
天才肌で不器用で世間知らず、相手の立場に立って物事を考えることができない攻め。だけど浮気もせず自分なりの愛し方で受けを愛する攻め。一方、気づいてほしい、いつか気づいてくれないかな…などと、相手が変人だからと自ら意思疎通を諦めてきたくせに、恋人を信じることなく全てを克己のせいにしてある日突然キレる受け。自分は金目当てで付き合ったと思われることに敏感に腹を立てるくせに、克己が自分を心底愛してるということは平気で否定する受け。その上克己がいつまでも縋ってくることにほっとして優越感すら感じてる受け。えっ、これのどこが「攻めザマァ」?人との接し方や普通の愛し方を知らなかったのもわけがあってのこと。いい年をしてうまく立ち回れなかった攻めが受けに酷い目に遭わされるのが「攻めザマァ」だというならひどすぎる。理不尽に全ての選択肢を取り上げられた克己が可哀想すぎてボロボロ泣けました。あー久々にめちゃくちゃ嫌な受けの話を読んだなと思ってあとがき読んだら唖然…、私はこの作者様とは合わないんだなと悟る。
2019-06-08
評価点
5
欲しい暴れ馬さん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
中盤あたりまで攻めの鈍感さと受けのあまりな健気さにイラついたものの、一転攻めザマァ的展開になってからは気分が良くなりました。受けがすっぱり攻めとの関係を切ろうとしたところも良かった。その後の攻めの気持ち悪いくらいの必死さに溜飲が下がり、ヨリを戻してからの溺愛っぷりにニヤつきました。エロ自体はさらっとしているのですが、むしろなくても気にならないくらい、攻めザマァが良かったです。受けがウジウジしてないのが好印象。
2019-05-31
評価点
5
どんぶりさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
作者買いです。おやおやおや、いつもは一貫して受け溺愛の攻めが、いつも攻めに絆される受けが、今回は違いました!攻めは、これは愛ではなくただの依存だと言わしめられ、自分を必死に改めます。そして受けは毅然とし受け付けません。最後はいつもどおりの溺愛っぷりですが、ここまでに至る二人の変化や代償が丁寧に描写されています。今作はいつもどおり面白く、いつもと違う展開を堪能できました。
2021-02-01
評価点
4
テオさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
俗にいう”攻めザマァ”という展開です。才能にも容姿にも恵まれた長沢と、その長沢をタイトル同様”通い妻”として支えようとする昭良。長沢の身勝手さと、食生活から家事全般、経理に性欲処理まで尽くす昭良の健気さに「…この攻めはダメダメだよ」と思いかけてたところで、昭良爆発!長沢への恋慕をバッサリ断ち切って別れを告げ、自分の道を進んで行こうという昭良にすっきり胸がすく思いでした。昭良に去られてダメージを受け、それまでの人生のほぼ全てだった絵を描くことすら捨てようという長沢… 普通ならここでそれまでの関係性を変え、二人で模索しながらハピエンというところですが、何と第二弾のバッサリ!「絵を捨てても君と一緒にいたい」と泣いて追いすがる長沢に「それは愛じゃなくて依存だ」「やっぱりあなたは自分のことだけ」と容赦ない。あなた純情健気じゃなく仔を千尋の谷底に落とすオカンライオンでしたか…もうそこから、かつてのクールで傲岸不遜な長沢が嘘のように落ちていくんです。カッコいい芸術家が、社会不適合の小汚いおっさんへ…さらにまごうことなきストーカーに!き、キモっ!特に昭良の引っ越し先の近くでスーパーのパートになり周りから「使えないお荷物おやじ」として扱われるのには”攻めザマァ”を通り越して、もう哀れみしか感じませんでした…トホホ。ここまで叩くか。童話をもじったタイトルからは、溺愛あまあまな感じを受けますが内容ははるかにシビアでちょっと重い。一応はハピエンでおさまりましたが、読後感が良いかというとそうとは言えません。ラプンツェルの(ダークな大人向きの)ストーリーをベースに、高くそびえた塔(自分中心の世界)に閉じこもっていたラプンツェルと、愛情ゆえにそこへ必死に通っていた王子(通い妻か?)が塔をぶち壊してまだまだ困難を感じながらも一緒に手を取り合って歩き出すというのは上手だなと思いました。パートのダメおやじ長沢の姿があまりにも不憫だったので、最後スーパーの店長や同僚のおばちゃんたちが、長沢の個展ニュースなんかを見て「えっ?この長沢画伯って、以前パートやってたあの長沢さんじゃ?」みたいなのもちょっと読みたかったかも。
2020-08-02
評価点
5
ポポイナさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
他の方のレビューを読んで、購入しました。ほんと、レビュー書いてくださった方に感謝します。読んで良かった。一途に尽くす受けとその愛情にあぐらをかく攻めというよくあるパターンですが、すごく丁寧に書かれていて、読み応えがありました。昭良が別れを決意するまでの過程もじわじわと辛いシーンが続くし、本当に別れるしかないと思うあたりは、愛はあるのにどうしようもなくなる辛さに、読んでいて泣いてしまいました。また、克巳の落ちぶれ?具合いも酷くて…。ご都合主義的な強引な展開もなく、ラプンツェルの話も無理やり使われておらず、ふたりの関係とうまく合わせてあります。報われない愛に疲れた受けが別れを決意し、反省した攻めに愛を乞われる展開がお好きな方は読んでみては?
2019-06-03
評価点
5
あうさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
あらすじを読んであれ?っと思ったのですが「温かい眠り」という同人誌に加筆修正されたものです。個人的に小中先生にハマったきっかけでもあり勝手に思い入れのある作品だったので完璧な状態で読めて嬉しかったです。天才が故に人の心の機微に鈍感で無自覚に受けを傷付けてしまう攻めと、関係が壊れるのが怖くて色んなことを飲み込んでしまうのに人としては自立した世話焼きおかんみたいな受けが自分の性癖にドンピシャなせいか当時も今も全然腹が立たなかったのですが、小中先生ご自身は当時もイラつかれ今回も変わらず憤慨されていたのでそれがちょっと面白かったです。同人誌の方は後半駆け足気味だったので今回じっくり読めてすっきりした反面、攻めが当時よりかなり頑張ってしまうので悪気のない駄目天才が好きな自分にはちょっと寂しさもあり複雑でした。笑
2019-06-03
評価点
4
春は眠いさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
稀に見るダメな攻めでした。受けにフラれてからはストーカーと成り果ててるし、なかなかひどかった。でも最後はハッピーエンドで良かったです。
2019-05-29
評価点
5
ポメちゃんさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
途中まで受けさんが尽くして尽くして尽くして。。読んでるこちらが切なくなりますが、やられっぱなしではありません!反撃してからの受けさんが手強い。攻めさんがたじたじになります。しかしお互いにやられっぱなしではなく、段々と相手を思い遣る気持ちになるところがステキです。面白かったです!



会社案内 IR情報 株主優待 利用規約 特定商取引法 著作権について 個人情報保護ポリシー リクエスト セーフサーチ 海賊版に対する取り組みついて 漫画家募集
ABJマーク
ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp