電子書籍のレンタルサイト

Renta!

『姑の眠る星 【単話売】』

のレビュー 
614969
総合評価総合評価点
4.0
(2
評価内訳
5点 5 1
4点 4 0
3点 3 1
2点 2 0
1点 1 0
無料サンプル 内容紹介 レビューを書く
2020-02-12
評価点
5
花育人さん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
星新一さんの皮肉たっぷりの短編を読見終わった後のよう。なるほどね、不治の病ね。悪の遺伝子を抜き取り平和な世界を作る事に成功したほどの高度な知能や技術を持ってしても治らない[姑根性]なんて恐ろしい(笑)最後の銀河鉄道もどきは、この元ネタを知ってる者からすると、上手い事まとめに使ったなぁーと感心しきり。でも某松本氏的にはOKだったんかしら?
2019-06-19
評価点
3
メルモさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
過去に読んだ話で懐かしくなって購入しました。主人公の女性は、息子が結婚するまでまともだったの?嫁の可南子騙され、人工冬眠機に入れられ100年後の世界へと送られる。。主人公が眠ってる間に、自然破壊による温暖化そして戦争によって滅亡の危機を戦争による滅亡を阻止する為に、人類の心から悪い心を遺伝子から覗く研究をそして成功する。100年後の世界は平和な世界となって国家も無くなってた主人公は子孫の家でお世話になるけど、息子に生き写しな子孫には甘い顔けれど、家の女の子は容姿を貶したり。雑誌では、女の子が生まれてもなどと言う子孫の嫁ピカリに対しては。100年前の事を知らない彼女の失敗に漬け込み言葉で間違いを説明すれば良い事なのに…イビリ倒す挙句自分がピカリに虐待されてると周囲に思わせてしまう様な事も言う。警察沙汰になるが、誤解はすぐ解けるけ、子孫嫁は倒れる遂に主人公は老人区域に強引に送られてしまう。早い話しが追い出された其処は世代の違いにより考えが合わなくなった人達の住居。表向きは平和だけど面倒事を避けてただけ。主人公をコールドスリーブ人工冬眠機に入れたのは実の息子も可南子と共謀しての事だった。ピカリは、可南子の気持ちを考える自分のドス黒い気持ちに…人間から悪の心を取り除くのは出来るわけもないのだ。自分のドス黒い気持ちを否定打ち消す彼女。主人公は老人区域でもトラブルを起こし、再びコールドスリーブに入れられどの時代でも嫌がられて最後には、永遠にコールドスリーブから目覚めさせない事になって、辺境の惑星に1人置かれる事になった。面倒事を避けてる世界と言うのも…でも主人公の歪んだ心はそうでなくてもどうにも出来ないだろう。だからこうなってしまった。ラストの某キャラクターは、台詞は演じてる声優さんの声で読みました。



会社案内 IR情報 株主優待 利用規約 特定商取引法 著作権について 個人情報保護ポリシー リクエスト セーフサーチ 海賊版に対する取り組みついて 漫画家募集
ABJマーク
ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp