• 検索
  • ポイント購入
  • ご利用方法
  • 初めての方へ
  • ギフトコード
  • お知らせ
  • スタンプ
  • ログイン
  • 無料会員登録

年齢確認

18歳未満の方はご利用いただけません。あなたは18歳以上ですか?
はい
いいえ

『ンダスゲマイネ。 太宰治 蒼春篇』

のレビュー 
487942
総合評価総合評価点
4.3
(3
評価内訳
5点 5 2
4点 4 0
3点 3 1
2点 2 0
1点 1 0
無料サンプル 内容紹介 レビューを書く
2019-03-09
評価点
3
rikoさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
よく描かれていると思います。まあ、太宰という人は数々の情けなくもキザで格好つけの身勝手なエピソードが溢れる人で有り、書簡や他の方への手紙、話からも、よくこんなに恥ずかしい話が残っているなあと感心したものです。ただ、小説は面白い。そのへんが三島由紀夫を狂わせ、わざわざ本人の前で君の小説は嫌いだと言わしめ(スルーできない)、当時の文壇の大家で家柄もよかった志賀直哉でさえも、軒先を貸したら母屋をのっとる恥知らずと言わせてしまう。そんな、人の感情をぐちゃぐちゃにする力を持った人だったのだと思います。嫌われていたとしても魅力があるのだと思わせる。あれだけ世話になった井伏先生にさえも失礼を働くこの人を、本当に愛していたのは坂口安吾だけだったんでは…などと考えてしまう。しかし時がたち、いま現代に受け入れられて人気もあり、読まれてる純文学といえば太宰治は筆頭と言える。好きではないけど魅力のあるこの人をキッチリ描いてある漫画だと思いました。
2021-05-21
評価点
5
みーちゃんさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
初めての心中未遂…初めての妻…陰惨な幼児体験…兄弟との死別…悪友たちとの放蕩…そして、師・井伏鱒二との出会いの過程が知れた!
2020-06-04
評価点
5
めりいさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
太宰治という人はなんでこんなに愛らしいんでしょうか。彼に影響を与えた女性たちが本当に本当に本当に羨ましいな、と思ってしまう一冊でした。やっぱり彼には人を惹きつける何かがあるんだと思うし、そういう部分を上手く書いていると思いました。


ご利用方法 困ったときには お問い合わせ リクエスト セーフサーチ
会社案内 IR情報 株主優待 利用規約 特定商取引法 著作権について 個人情報保護ポリシー 海賊版に対する取り組みついて 漫画家募集
ABJマーク
ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp