電子書籍のレンタルサイト

Renta!

検索結果(1/12ページ)

並べ替え

作品の除外設定(設定中)
  • 指定作品の除外設定

  • セーフサーチの設定
    ※指定した作品は検索結果ページに表示されなくなります。

    • セーフサーチを設定する
  • その他

  • 作品の除外設定をとじる
形式
小説
ジャンル
ルポ・ノンフィクション
詳細ジャンル
属性ジャンル
その他ジャンル
キーワード
キャンペーン作品
メディア化作品
完結済み
出版社
さらに詳細に調べる
年代
著者
レーベル
シリーズ
掲載誌
レンタル期間
1巻目48時間価格
1巻目無期限価格
無期限価格合計
福島原発事故10年検証委員会 民間事故調最終報告書
シンクタンクの「日本再建イニシアティブ」は、2011 年 3 月 11 日に始まる東京電力福島第一原発事故が最悪の時期を脱した後、民間の独自の立場から福島原発事故独立検証委員会(委員長:北澤宏一前科学技術振興機構理事長)─民間事故調─を設置し、事故の検証を行い、そこから教訓を引き出し、2012 年 2 月 28 日、それらを盛り込んだ調査・検証報告書を刊行しました。2011 年夏、民間事故調のワーキング・グループを立ち上げてから半年にわたる突貫作業でした。
8 年後の 2019 年夏、私たちは「福島原発事故 10 年検証委員会」を立ち上げました。いわば第二次民間事故調です。
2021 年 3 月 11 日の事故発生後 10 年のフクシマの真実に今一度正面から向かい合い、私たちが民間事故調で提起した課題と教訓をおさらいし、日本はそこからの教訓をどこまで学んだのか、実際のところ何をどのように活かしたのか、また、十分に学べなかったことは何なのか、それは何故なのか、要するに「私たちは何を学んだのか」を検証するためです。
民間事故調は一言でいえば、「備え(response,preparedness,preven−tion)」に焦点を当てて検証しました。それに対して、今回の第二次民間事故調は「学び」に照準を合わせて検証するのを目的としています。民間事故調の報告書は「最終章」(福島第一原発事故の教訓─復元力をめざして)においてフクシマの悲劇を「忘れてはならない」と結んでいます。人間社会における悲劇的事件・事故・事象を常に検証し続け、そこから学び続けることが、「忘れない」ことのもっとも真摯な実践であるはずです。このたび再び、民間事故調を設立し、「10年後のフクシマ」を検証することにしたのはその実践の一環にほかなりません。しかし、実際のところ、「忘れない」ことを実践し続けるのはなかなかに難しい営みであるということを痛感します。

福島原発事故を調査・検証した民間事故調は、報告書を作成し、それを世に問うに当たって、「真実・独立・世界」をモットーに掲げました。まず、調査・検証の前提である事実認定に当たっては当事者に直接、会って話を聞くことを心がけました。それは、証拠本位(evidence−based)の調査に不可欠です。次に、国家全体、社会全体への意味合い、つまり全体像を重視しました。日本の場合、行政も企業も司司のムラの虜となりがちで、「ムラと空気のガバナンス」の組織文化が生まれやすい。課題設定も解もタコツボ的な「部分最適解」になりやすい。そうではなくマルチ・ステークホールダーの利害関心と視点を踏まえた「全体最適解」を追求することが大切です。それを効果的に行うには、どこの虜でもない独立の立場の主宰力(convening power)が必要です。
さらに、検証によって得られた知見を世界と共有し、世界と対話し、そこでのフィードバックを吸収し、それを世界の標準とルールの形成に活かすことを目指しました。日本は長い間、世界の標準・ルール形成において受け身で臨んできました。フクシマの経験とそこでの教訓を世界と共有することで世界の原子力安全の向上に資することは旧ソ連のチェルノブイリ事故に並ぶレベル7という史上最大規模事故の原子力災害を起こした日本の責任にほかなりません。今回も、こうした視点と視野を踏まえ、調査、検証するよう努めました。
最後のペスト大流行〜コロナ禍で振り返る100年前のペスト大流行〜

最後のペスト大流行〜コロナ禍で振り返る100年前のペスト大流行〜

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
100年前に、高知県足摺岬の隣の集落で「日本最後のペストの大流行」があった。
それを早く収束させようとした警察隊は、症状が回復した一人(筆者の伯母)を毒殺した。
そのペストの流行は市史にも記載されていないので、このまま歴史から消すには忍びなく、証言を集めて作品にした。
ペスト感染予防の歴史を紐解くと、日本の北里柴三郎が大きな役割を果たしていた。
アニメ大国の神様たち 時代を築いたアニメ人 インタビューズ
日本アニメを創出したのは一人の力ではない!
未開の映像表現を追いかけた職人たち、その貴重な記録。
中日新聞連載の「アニメ大国の肖像」待望の書籍化!

■「アニメ大国の肖像」とは?
2005年11月から2008年3月まで毎週1回、「中日新聞」朝刊文化面、および「東京新聞」夕刊にて掲載されていた、アニメ関係者へのインタビュー連載。番外編も含め全120回、40人近くの人物が登場する。テレビアニメ黎明期から活躍する脚本家・辻真先を筆頭に、制作当時のエピソードをまじえながら、「アニメ大国」の歴史に名を刻んだ名作たちの舞台裏を聞き出す。

■「まえがき」より
いったい、誰がアニメを作ったのか―。〈略〉突っ込んだ取材をしてみたいと思って取り組んだのが、本書の基となった「アニメ大国の肖像」の連載である。〈……〉アニメを実際に作ったのは、紛れもなく本書に登場するみなさんであった。そして、日本をアニメ大国にした業績は、有名なアニメ監督だけではなく、むしろ現場で限られた予算、人材、時間の中で、工夫を凝らして最高の表現を私たちに届けようと努力した方々にこそ、帰せられるべきだと確信した。〈……〉もう鬼籍に入られた方もおり、その声を再び聞くことはできないので、本書に収められた貴重な証言を、ぜひ味わってほしい。

【目次】
まえがき 三沢典丈

豊田有恒×辻真先 ―― 茶の間でアトムが飛んだ
月岡貞夫 ―― “オリジナル”のテレビアニメ「狼少年ケン」
白川大作 ―― 初の少女向け「魔法使いサリー」を企画
須藤将三 ―― 虫プロ営業担当が見た、手塚治虫のアニメへの情熱
鈴木良武 ―― アニメ脚本家の地位向上を
杉井ギサブロー ―― 映像表現としてのアニメの可能性探り
鷺巣政安 ―― 利益と制作費の間で模索して
雪室俊一 ―― 「サザエさん」を書き続けられた秘訣
おおすみ正秋 ―― 舞台で培った演出術をアニメでも
大塚康生 ―― アニメ職人がこだわる“リアリティー”
小田部羊一 ―― 描かれた世界の中でキャラクターを生き生きと
黒田昌郎 ―― 「世界名作劇場」の傑作群を演出
鈴木伸一 ―― トキワ荘のメンバーと「スタジオ・ゼロ」設立
熊倉一雄 ―― 「ゲゲゲの鬼太郎」主題歌も大ヒットした名優
山崎敬之 ―― 「巨人の星」から「アンパンマン」まで担当
出崎統 ―― 「止め画」という革新的演出術
九里一平 ―― 「タツノコプロ」を兄弟と設立
笹川ひろし ―― タツノコアニメはSFもギャグも
鳥海尽三 ―― タツノコのストーリーとアイデアを支える
藤川桂介 ―― 「マジンガーZ」「宇宙戦艦ヤマト」の脚本家
中村光毅 ―― 美術監督として数多の名作を
大河原邦男 ―― メカニックデザイナーの草分け
富野由悠季 ―― 「機動戦士ガンダム」の挑戦
山浦栄二 ―― リアルロボットもので熱狂を生む「サンライズ」を創業
安彦良和×辻真先 ―― ロボットアニメとは何か
松崎健一 ―― SFマニア視点で、設定に奥行きを
高橋良輔 ―― 演出経験が「装甲騎兵ボトムズ」に結実
石黒昇 ―― 「アートランド」を設立し、若い才能を輩出
田代敦巳 ―― 音響監督として名作を彩る
芝山努 ―― 「ど根性ガエル」「ドラえもん」の美しい絵コンテ
岡崎稔 ―― 鳥山明原作アニメが世界的な大ヒット
香西隆男 ―― 苦労しながら歩んだアニメーター人生
湯山邦彦 ―― 「ポケットモンスター」はゲームから世界的アニメに
原恵一 ―― 「クレヨンしんちゃん」の演出からオリジナルアニメ監督へ
辻真先 ―― 脚本家よ、未知の領域へ踏み出せ

解説 中川右介

コラム1 リミテッドアニメは議論の的
コラム2 分業体制の光と影
コラム3 過酷なアニメ制作環境
コラム4 マーチャンダイジングの功罪
怒羅権と私 創設期メンバーの怒りと悲しみの半生

怒羅権と私 創設期メンバーの怒りと悲しみの半生

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
後に半グレ組織となる「怒羅権」の結成、メンバーとの交流、血なまぐさい喧嘩、拡大していく組織の裏側などをはじめとして、14歳で中国から日本にわたってきた著者の苛烈な人生が描かれる。

怒羅権はどのようにして結成され、どのようにして暴力団からも畏怖される組織になっていったのか、そして著者はなぜ13年という長い期間を刑務所で過ごすことになったのか。

現在は犯罪から距離をおき、刑務所の受刑者に対して書籍を送ることで更生を促すプロジェクトをしている著者の汪楠(ワンナン)氏。『NHKスペシャル』『ザ・ノンフィクション』などにも登場する汪楠氏が壮絶な半生をすべて語る。



犯罪集団へと変質していった怒羅権ですが、結成当初はこのような組織を目指していたわけではありません。日本社会で孤立していた中国残留孤児の子孫たちが生き残るため、自然発生的に生まれた助け合いのための集まりでした。創設に関わった古参メンバーの中には現在の怒羅権の状況を残念に思い、解散させたいという声も存在します。

この本によって自分たちのしてきたことを正当化するつもりはありません。自分たちが何者であったのか、なぜ怒羅権という怪物が生まれたのか、そして犯罪者として生きてきた私が服役を終えた今、日本社会をどう捉えているのか。自分自身の半生を振り返ることで、それを記していきたいのです。(はじめにより)
月刊誌PHP 2021年2月号

月刊誌PHP 2021年2月号

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
※電子書籍版『月刊誌PHP 2021年2月号』は、電子化にご協力いただけた作品を掲載しております。

つらいことやしんどいことがあったときに、本のなかの言葉や人からかけられた言葉、ふと目にした言葉……などに励まされたことは、誰しもあるのではないでしょうか。2021年2月新春号では、歌手の岩崎宏美さんのインタビューをはじめ、お笑い芸人・ジャルジャルの福徳秀介さんなどのエッセイで、言葉の持つ力について考えます。ぜひ、ご一読ください。
渡部昇一遺稿 幸福なる人生――ウォレス伝

渡部昇一遺稿 幸福なる人生――ウォレス伝

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
知の巨人が最後に残したメッセージ。未完の大作。発見された1,157枚の直筆原稿。そこには英国の博物学者ウォレスの生涯が「一人称」で記されていた。渡部氏がウォレスに仮託して伝えたかった生き方とは――。
税をむさぼる人々【電子版限定特典付】

税をむさぼる人々【電子版限定特典付】

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
ひどい制度のなかで、おいしい思いをしているのは誰だ!政府のウソに騙されるな!
第2の税金である年金が問題だらけ、立法活動をしない国会議員の高収入、金持ちだけが優遇される消費税…政府のウソに騙されるな!

第1章 むさぼられる第二の税金=年金
若い女性と再婚したら「美味しい」年金 / ビジネスマンの共働きは損 / 在職老齢年金で損をするのはサラリーマンだけ / 金をむしり取られ続けるだけの厚生年金…

第2章 モラルなき税金泥棒=国会議員
仕事をしない、できない国会議員 / 「議員立法」という名こそ「日本の恥」 / 働く英米仏の国会議員 / 諸悪の根源「内閣法制局」 / 「政党公布金」という名の集団泥棒…

第3章 ゴマすりが命=行政マン
現業の高すぎる給料を是正した橋下市政 / 是正された都道府県、放置されたままの市役所 / 「モラル」が昇進の邪魔になる行政マン / 意思決定を有しない行政マンたち…

第4章 消費税と社会保障のウソ>
自営業者への「ボーナス」として導入された消費税 / 財界による増税要求 / 貧しい人からより多く取る消費税 / 消費税還付は大企業をうるおわせ、中小企業を潰していった…

第5章 どうして生き延びるか
年金は保険に立ち戻れ / 保険に「家族手当」は不要 / 保険料なしの保険などありえない…

※この作品には、電子版巻末特典として、森口朗著『売国保守』(小社刊)の一部が収録されています
自由を求めて

自由を求めて

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
アメリカ、イギリスで50万部突破!10カ国で話題沸騰! 待望の日本版!

サセックス公爵夫妻 ハリーとメーガン
知られざる真実の姿
求愛の舞台裏、婚約秘話、結婚前夜……(上巻)

現代的なロイヤルカップルの伝記、決定版!
王室離脱――その決断が批判を浴びようと、ふたりは自分たちの心に従う
アーチ―の誕生、王室離脱、北米への移住まで(下巻)

自分たちらしく生きる
イギリスの愛すべき王子とアメリカ女優のロマンスの芽生えが広く報じられるや、二人を取り巻くメディアの報道合戦は、王室ウォッチャーもただの見物人もいっしょくたに巻き込んで過熱する一方だった。二人の動向が――婚約から結婚式、息子アーチーの誕生から王室離脱という先例のない決断、北アメリカへの移住まで――新聞の一面を飾り、世界中が二人を見守るようになった。サセックス公爵夫妻は毎日のようにニュースで取り上げられているが、ハリーとメーガンのほんとうの物語はほとんど知られていない。
本書の中で、著者のオミッド・スコビーとキャロリン・ドゥランドは、新聞の一面の裏へと分け入り、アメリカとイギリスの両方で若いカップルを苦しめた噂を消し、誤解を解くべく、二人の生活の知られざる詳細を明らかにする。スコビーとドゥランドは、イギリス王室と彼らの公務を取材できる選ばれた記者団のメンバーという立場柄、外部の人間は見ることのできないサセックス公爵夫妻の生活を生で見てきた。
二人の求愛の舞台裏や婚約秘話、王室という制度の中で二人が直面した難題をつぶさに記した本書は、真に現代的なロイヤルカップルの伝記の決定版と言えよう。スコビーとドゥランドは、後を絶たぬ虚偽報道を暴き、陰謀を蹴散らし、ケンブリッジ公爵夫妻や女王とメーガンとの関係、ハリーと兄ウィリアム王子との報じられた「亀裂」、メーガンと実父との壊れた関係、家族のために自由を求め、タブロイド紙と距離を置こうとする公爵夫妻の真意にいたるまでを詳細に記して、夫婦としての二人やメディア、ロイヤルファミリーの真実を明らかにしてゆく。
独自の取材と、二人にもっとも近い人たちの協力を得て書かれた本書は、自信に満ちて影響力がある、前向きなカップルのほんとうの姿に肉薄している。二人は伝統を破ることを恐れず、スポットライトの外で新しい道を切り拓き、世界を根底から変えてゆくような人道的レガシーを構築しようしている。

【目次】
(上巻)
1 ロンドン・コーリング
2 ふたりの出会い
3 大自然の中での求愛
4 発覚
5 王子の抵抗
6 カルチャーショック
7 トロピカル・ストーム
8 不満を口にする
9 ドカーン!
10 さらばトロント
11 ファブ・フォー

(下巻)
12 サマンサ問題
13 お騒がせトーマス・マークル
14 スタンド・バイ・ミー
15 サセックス公爵夫妻
16 内緒だよ!
17 異なるふたりの公爵夫人
18 反目する兄弟
19 ウィンザーの愛の巣
20 アーチーを迎える
21 @SussexRoyal(インスタグラムを始める)
22 王室半離脱
23 家族会議
24 自由を求めて


電子版では、写真など紙版に掲載されている内容の一部が掲載されておりません。ご了承ください。
死体は嘘をつかない 全米トップ検死医が語る死と真実
男は黒人少年を射殺した犯罪者か、正当防衛で発砲した市民か。それは死体の傷口から一目瞭然である──。
全米を揺るがした大事件などを題材として、四十五年間に九千件もの解剖を行った練達の検死医が、知られざる検死の世界を語る。法医学的に鮮やかに明かされる意外な真相の数々から目が離せない、傑作ノンフィクション。

【目次】
序文 パズルこそすべて=ジャン・ガラヴァグリア
1 白と黒の死
2 “ホワイ”切開
3 空っぽのゆりかご
4 身元不明の爆死体
5 リー・ハーヴェイ・オズワルドを掘り起こす
6 日常にひそむ怪物
7 秘密とパズル
8 死と法とセレブリティ
9 ウェストメンフィスの亡霊
10 フィンセント・ファン・ゴッホの死の謎
エピローグ
謝辞
訳者あとがき

※この作品は『死体は嘘をつかない 全米トップ検死医が語る死と真実』の文庫版です。重複購入にご注意ください。
舞台上の青春 高校演劇の世界

舞台上の青春 高校演劇の世界

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
上がらない幕の向こうで、高校生たちは何を感じていたのだろう。寂しい夏を、何かの形にしようとした生徒たちの日々の葛藤が胸を打つ。
―――平田オリザ(劇作家・演出家・劇団「青年団」主宰)

◎壁にぶつかりながら、自分の向き合い舞台に立つ高校演劇の「今」に迫る!

【内容】
高校演劇の大会と聞いて、みなさんは何を思い浮かべるでしょうか。
高校野球のような知名度はないものの、演劇部にも青春を賭けて戦う全国大会があります。毎年、大会に出場できるのは全国約2000校のうち、わずか12校だけ。その倍率は実に175倍。この甲子園以上の狭き門を突破しようと、全国の高校演劇部員は日々情熱を燃やし舞台を作っているのです。
本書では、全国大会出場校5校と授業に「演劇」を取り入れ、教育に活かしている高校を取材しています。演劇に必死に向き合う高校生や指導する先生の想いをインタビューや密着取材、ブロック大会を通して紡いでいます。ストーリーの語り部は映画評論家の相田冬二。そして今夏、高校演劇からの映画化で話題になった『アルプススタンドのはしの方』原作者へのインタビューも収録。

●北海道富良野高等学校
発足2年の演劇同好会が掴んだ全国大会への切符

●千葉県立松戸高等学校
県内唯一の芸術科を有する公立校が作り上げる舞台

●青森県立青森中央高等学校
青森から東京へ、青森だからできる表現を目指す

●徳島市立高等学校
等身大の徳島の女子高生を描く生徒の手による会話劇

●私立愛知高等学校
古典落語の舞台化に長年取り組む

●福島県立いわき総合高等学校
「演劇」の授業を通して、自己表現を学ぶ

【目次】
◆プロローグ 福島県立いわき総合高等学校芸術表現系列(演劇)第16期生の「断片」
◆第一章 北海道富良野高等学校演劇同好会の「居場所」
◆第二章 埼玉県立川越高等学校の「いてふの樹」/東京都立東高等学校の「パイプ椅子」
◆第三章 千葉県立松戸高等学校の「希望」
◆第四章 青森県立青森中央高等学校の「全員演劇」
◆幕間 福島県立いわき総合高等学校の「扉」
◆第五章 徳島市立高等学校の「怒り」
◆第六章 私立愛知高等学校の「落語」
◆第七章 全国大会出場全12校の「夏」
◆エピローグ 高校演劇の「明日」
◆巻末特別インタビュー 『アルプススタンドのはしの方』原作・藪博晶(元兵庫県立東播磨高校顧問/現東播工業高校映像・舞台研究同好会顧問)

【著者プロフィール】
相田冬二(あいだ・とうじ)
普段は劇場用パンフレットや雑誌、ネット媒体に、映画レビューや、映画人へのインタビューを寄稿。映画やドラマのノベライズも手がけ、代表作に『キサラギ』『パンドラ』『息もできない』『追憶の森』『さよならくちびる』などがある。
週刊プレイボーイのプロレス

週刊プレイボーイのプロレス

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
第2次UWF分裂問題、孤立した前田日明のリングス旗揚げ、“黒船”ヒクソン・グレイシーの来襲、ジャイアント馬場とジャンボ鶴田の急逝、橋本真也vs小川直也の遺恨抗争、三沢光晴の全日本プロレス社長辞任&新団体設立――ウネリまくるマット界と対峙しながら、著者がレスラーたちの本音を引き出し、誌面で伝え続けた『週刊プレイボーイのプロレス』とは?

「週プレが第2次UWFを応援した理由」、「三沢が橋本との越境対談を断った経緯」、「夫人が明かしたヒクソンの新日本プロレス3連戦」、「リングス・ロシア大会で起きた軍部による拘束事件」、「前田リングス・ラストマッチのカード編成会議」、そして「幻に終わったBI対談inハワイの舞台側」……などなどリアルタイムでは書けなかった取材秘話も全部出し!
学びて厭わず、教えて倦まず “知の巨人” 渡部昇一が遺した学ぶべきもの
櫻井よしこさん推薦!
深い知性と愛で朗らかに生きた渡部昇一氏。氏の言葉が新たな力となって、より高い地平へ飛び立つ勇気を、私たちに与えてくれる。

「知の巨人」と呼ばれた、言論人であり、英文学者・歴史家でもあった渡部昇一氏が亡くなって3年。没後も氏に関わる出版物の再版・復刻版、生前の講演を収録した本、対談本等の、刊行が数多く後を絶ちません。そんな中にあって、本書は、渡部氏の謦咳に接した門下生5名(現・大学教授ほかの教育者)と氏の旧友であり現・大学名誉教授による、「素顔の渡部昇一」を語ったアンソロジーです。渡部氏のナマの発言や著作等からの引用は随所に盛り込まれているものの、氏の直接的な著作物ではありません。しかし、「今、なぜ渡部昇一なのか」「氏の人間としての魅力は何か」「代表的な著作等の主張するところは? 」 「氏の確たる思想・考え方の根本とは? 」 ……など、一般読者が「知の巨人」から何を学ぶべきかという、ただその一点を、本人ではない一番近しい教え子たちによって、読者目線から解説するという、本人では決して書けない人間・渡部昇一の魅力のすべてを、氏をリスペクトして止まない弟子たちが後世に残す珠玉の1冊です。

【主な内容】
序章
渡部昇一とは“何者”か 〜書いたものだけが残る〜
第1章
渡部昇一の“原点”(『文科の時代』を読む) 〜アウトプットの質と量が大事〜
第2章
渡部昇一の“知的生活術” 〜より愚かなほうを選ぶ〜
第3章
渡部昇一の“哲学” 〜うだうだしていてもエントロピーが増えるだけ〜
第4章
渡部昇一の“教え方” 〜Be wise! (賢くなれ!)〜
第5章
渡部昇一の“思想”
第6章
渡部昇一の“英語道”
第7章
渡部昇一の“英語教育”
第8章
渡部昇一の“人間観”
巻末資料
渡部昇一の「年譜」
Girl with a Sniper Rifle 狙撃兵ユーリヤ

Girl with a Sniper Rifle 狙撃兵ユーリヤ

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
著者ユーリヤ・ジューコヴァは、継父がスターリンの大粛正時代に不当逮捕・投獄されたにも関わらず、熱烈な愛国心の持ち主だった。18歳の誕生日を迎える前に軍に志願し、狙撃兵養成学校に送られた。
厳しい訓練を経て、1944年11月から東プロイセン及びポーランドで展開された凄惨な戦いのなかで、彼女は実戦を経験する。自身が最初の「命中」を記録し、それが「戦績」のスタートになり、かつ命中がひとつの命を終わらせる行為だと自覚する。その後、膝を負傷してケーニヒスベルク近郊で終戦を迎えた。
戦後、著者はそれらを手記に綴ることで、自身のトラウマに対処する方法を獲得する。手記は、その実体験に基づく生き生きとした記述から、当時のソ連邦における日常生活が垣間見える内容になっている。
この女性スナイパーが戦場で見せた驚くべき勇気と手厳しい周囲の評価についても率直に語られているのがこの本の見どころである。
月刊誌PHP 2021年1月号

月刊誌PHP 2021年1月号

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
※電子書籍版『月刊誌PHP 2021年1月号』は、電子化にご協力いただけた作品を掲載しております。

つらいことや苦しいことがあったとしても、笑うだけで気持ちが前向きになったり、軽くなったりするということがあるのではないでしょうか。どうすれば、日々を笑って過ごせるのでしょうか。
2021年1月新年号では、俳優・タレントの毒蝮三太夫さんのインタビューをはじめ、お笑い芸人のバービーさんなどのエッセイで、笑いの持つ力について考えます。ぜひ、ご一読ください。
青森ドクターヘリ 劇的救命日記2 空飛ぶ院長、医療過疎を救う!(毎日新聞出版)
ドクターヘリ、ドクターカーに続き、日本初の移動緊急手術室(ドクターカーV3)を実現した今明秀は、今も現役ヘリドクターとして患者の元へ駆け付ける、日本で唯一の“空飛ぶ院長”だ。
いまや日本屈指となった八戸ERの奮闘で、ドクターヘリの年間出動回数は800件超、ドクターカーの出動件数は年間1500件超と日本で1位、2位のレベルに達し、青森県の救命救急医療体制は劇的に改善、“短命県ワースト1”の地元にとって、なくてはならない存在となっている。
本書は、今院長とへき地医療に挑む若き救命救急医たちの迫真のドキュメントである。

※こちらの作品の1巻についての配信予定はございません。
預言者ムハンマド

預言者ムハンマド

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
普通の商人だったムハンマドに、突然、唯一神アッラーの言葉が降臨したのは40歳のとき。やがて彼は帰属していたクライシュ部族から迫害を受け、のちに初代正統カリフとなった親友アブーバクルとともに、故郷マッカを離れマディーナへの聖遷をおこなう。そして多神教徒たちとの凄絶な戦役が幕を開ける――。
彼はブッダやキリストと違って生涯家庭をもち、妻子を愛した聖人であった。15歳年上の第一夫人ハディージャをはじめ、生涯で11人の妻をもち、6人の子をもうけたのである。また、戦役における軍の指揮や詭計にも優れていたが、誰よりも平和を求めた男であった。
以上のことからも、イスラームにまつわる「女性蔑視」「好戦的」などといったイメージが誤解であることがわかるだろう。世界で13億人を超える信者をもつイスラームの教祖の実像を、日本人ムスリムが雄渾に語る一冊である。
浅田真央 100の言葉

浅田真央 100の言葉

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
浅田真央さんの生誕30年を記念して、2003年から密着取材してきたフジテレビの膨大なアーカイブから、100の言葉を厳選。幼少時から現在までの写真とともに、波乱万丈の人生とスケートへの想いを彼女自身の「言葉」と歴代ディレクターの回想から詳細に振り返ります。父と姉から初めて明かされる家族のあたたかなエピソードも!地元名古屋で長年浅田家を取材している東海テレビプロダクション・渡辺克樹ディレクターセレクトによる名言集。姉の舞さんが初めて明かすソチ五輪フリー前の姉妹の会話。今回初めて取材に応じた父・敏治さんが語る妻・匡子さんと真央さんのこと……。一家の絆を物語るエピソードが満載の一冊です。
クリミナル・イノベーション 天才プログラマーが築いた新時代の犯罪帝国
サイバー技術の天才から国際的犯罪組織の王へ――
麻薬・小型兵器・ミサイル技術・暗殺をオンラインで販売。
凶悪犯罪に技術革新をもたらした冷酷な殺人者の正体と、
DEAによる逮捕劇に迫る、衝撃ノンフィクション!

この本当にあった犯罪冒険物語(サーガ)の真っただ中で明らかになるのは、
ポール・カルダー・ルルーという人物と、この男が導入した業態の変化だ。
ルルーはサイバー技術の天才から犯罪王に転じ、
その道筋で冷血に人の命を奪っていく。
彼は国境を越えた組織犯罪の活動の在り方に革命をもたらした――
(DEAの秘密組織)〈第九六〇班〉は早い段階から、
ルルーが組織犯罪界のイーロン・マスクであり
ジェフ・ベゾスであることを認識していた。
ルルーは“新しい今”であり近未来であると、彼らは信じている。
――マイケル・マン(映画監督)序文より――

ルルーには、21世紀の起業家精神を表す業界用語のほとんどが当てはまる――
伝統の軽視と破壊、減量経営、世界展開、迅速な拡張性。
埋まっていない隙間(ニッチ)をどう見つけ、どう活用し、
市場の様相をどう一変させればいいかを心得ている。
身軽に旅をし、機敏に動き、回転速度を落とさずにいる方法も。
(「INTRODUCTION」より)
日本柔道最重量級の復活する日

日本柔道最重量級の復活する日

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
「日本柔道最重量級の歴史の重さを思い知りました」スキマスイッチ 常田真太郎さん推薦!
「柔道部時代に軽中量級で無差別級に出場したことが申し訳なく思えるくらい、日本柔道最重量級の歴史の重さを思い知りました…。」(スキマスイッチ 常田真太郎さん)

小よく大を制す、柔よく剛を制す――。柔道の魅力を表したこんな言葉がある。だが現実には、その時代の“最強の選手”は“最重量級の王者”であった。そして、世界の覇権を握ることを宿命づけられた日本柔道の歴史は、体重無差別時代を含めて最重量級の屈辱と栄光の歴史とも重なる。
(「序」より)

1964年の東京五輪で唯一金メダルを逃した日本柔道男子最重量級だが、いよいよそのリベンジの時が来た。 日本柔道界が総力を挙げて最重量級の覇権奪回へ挑む!代表の原沢久喜選手の闘いを中心に追ったノンフィクション。

特別対談:鈴木桂治(全日本柔道男子重量級担当コーチ、アテネ五輪金メダリスト)×棟田康幸(警視庁男子柔道部コーチ、世界選手権金メダリスト)も掲載。

【目次】
第1章
絶対王者リネールに跳ね返された日本勢細身の柔道少年/日大での原沢の活躍/最重量級のライバル七戸龍の躍進/原沢の復活/2016年リオ五輪

第2章
日本柔道男子最重量級の歴史1964年東京五輪の敗北/日本柔道の宿命/五輪最重量級悲願の金メダル/山下の時代/山下のライバル、斉藤仁

第3章
黄金期から落日へ重量級黄金期の到来/黄金時代の終焉/2012年ロンドン五輪の惨敗

第4章
最重量級の死闘一本を取る柔道へ/リネール敗れる/原沢久喜、東京五輪男子100キロ級代表に/試練の時特別対談鈴木桂治(全日本柔道男子重量級担当コーチ、アテネ五輪金メダリスト)棟田康幸(警視庁男子柔道部コーチ、世界選手権金メダリスト)
アイドルに捧げた青春〜アップアップガールズ(仮)の真実〜

アイドルに捧げた青春〜アップアップガールズ(仮)の真実〜

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
内容紹介
☆アイドルのリアルな姿を追った衝撃のノンフィクション!

ハロプロエッグ時代を含め13年に及ぶアプガのアイドル人生のすべてがここに!
メンバー、運営スタッフ、両親、友人、数々の周辺取材とともにえがくアイドルの真実

ハロプロエッグの解体、アプガ結成、一年間のカバー時代、ツアー中の衝突、事務所の移籍、2期の加入、そして卒業――表にはだせなかったアイドルの本音がここにある。
想いをつなぐ 2020年夏の球児たち

想いをつなぐ 2020年夏の球児たち

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
幻となった甲子園…かつてない夏に球児たちは何を考え、何を残したのか?

「打倒私学」を掲げ、甲子園出場を目標にしていた公立校野球部員たち。
“特別な夏”を乗り越えた彼らが描く6つの青春ストーリー

【内容】
史上初の選抜大会の中止から始まり、夏の甲子園大会の中止。世界的なコロナウイルスによるパンデミックは、高校野球球児の夢を次々と奪っていった。高校3年生にとって、最後となる2020年の夏はどのように始まり、そして過ぎていったのだろう。
今回取材したのは、すべて公立校だ。公立校のほとんどは、まずは高校生活があり、そのなかに野球がある。この「教育」優先の理念が、公立高校の良さである一方で、「甲子園」の舞台に立つことを困難にもしている。だから彼らは「甲子園」とは何かを、ずっと突き詰め考えてきた。やはり「甲子園」は公立高校にとって叶わぬ夢なのか。ところが2020年、私学にも公立にも等しく襲ってきたコロナウイルスの脅威。甲子園の舞台を高校球児すべてが失った。そして彼らは気付くことになった。野球に向き合い、チームメイトと向き合い、選手と向き合い、ひたすらに駆けてきた3年間こそが、「甲子園」ではないかと。
本書は、2020年という特別な夏に挑んだ、6校の物語だ。それぞれの「甲子園」のきらめきが描かれている。彼らの想いを知り、そのとき何を選び残したのかに思いを馳せてほしい。(はじめにより)

【構成】
◎都立小山台高校(東京都)〜全員で前を向き「甲子園の心」を求めて結束〜
甲子園大会中止の決定を受けて、気づいた「甲子園の心」。
3年生のチームテーマ「氣繋」を胸に全員で戦い、日本一良いチームを作る。

◎市立仙台商業高校(宮城県)〜100代目のチームへ渡したバトン〜
創部99年目の3年生が失った甲子園を賭けた戦い。
しかしどんな状況でも3年間の野球生活を貫くことこそが野球部の伝統であり、次世代へのバトンとなる。
誇りを持って闘った99代目のチームの姿を追う。

◎県立西尾東高校(愛知県)〜選手のための野球をする いつもと変わらない夏〜
勝つために努力する結果が、甲子園。
周りの状況に流されず自分たちで前を向いて一つひとつ進んでいくだけ。
公立校らしくのびのびと好きな野球に打ち込んだ3年生の悔いなき戦いは終わった。

◎県立相模原高校(神奈川県)〜強豪私立を倒すには「束になって戦え! 」〜
選手は切磋琢磨し互いを高め、ベンチ入りから漏れた選手は自分の役割を理解してサポートする。
みんなで戦うという固い意志でひとつになる強さ。
その姿を後輩たちに見せることができた夏だった。

◎府立大冠高校(大阪府)〜落ち込んだ甲子園中止と3年生全員で勝つ決意〜
レギュラーメンバーに入れなくても、手を抜かずに一生懸命練習してきた27人の3年生。
休校中に自分と向き合い、磨きをかけたスイングで、最後の戦いに挑んだチームの物語。

◎県立上尾高校(埼玉県)〜野球部の伝統とプライドを継承〜
選手たちが「気持ちを揃える」ことができたとき、チームは戦う集団となるはずだ。
その信念のもと、選手一人ひとりに向き合い指導する。

【編者紹介】
タイムリー編集部
2009年7月に創刊のフリーマガジンをはじめ、ウェブサイト、SNSなどで全国のアマチュア野球情報を発信する高校野球メディア「Timely!」。全国各地の高校球児や高校野球部、指導者たちの想いを中心に、徹底した取材を通して紹介している。ウェブサイトはユニークユーザー20万人を誇り、アマチュア野球に携わる多くの人たちに情報発信を日々行っている。
戦地の図書館 海を越えた一億四千万冊

戦地の図書館 海を越えた一億四千万冊

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
第二次世界大戦終結までに、ナチス・ドイツは発禁・焚書によって、一億冊を超える書物をこの世から消し去った。対するアメリカは、寄付活動や兵士用のペーパーバックを発行することで、約一億四千万冊を戦場に送り続けた──。その史上最大の図書作戦の全貌とは? 本を愛するすべての人々に贈る、感動のノンフィクション!
月刊誌PHP 2020年12月号

月刊誌PHP 2020年12月号

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
※電子書籍版『月刊誌PHP 2020年12月号』は、電子化にご協力いただけた作品を掲載しております。

日々過ごしていると、ときに私たちは、心に疲労をためこんでしまうことがあるのではないでしょうか。そんなとき、私たちは、どうやって心を休め、また前を向いていけばいいのでしょうか。2020年12月号では、タレント・サックスプレーヤーの武田真治さんのインタビューをはじめ、作家の吉本ばななさんなどのエッセイで、心の休ませ方について考えます。ぜひ、ご一読ください。
日本共産党 噂の真相

日本共産党 噂の真相

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
あの芸能人も共産党員!? 暴力革命を計画してる?
ホントに労働者の味方? 最高指導者はどんな人?
元共産党国会議員秘書が大暴露! 日本共産党研究の決定版!

【目次】
まえがき――共産党を知れば日本の問題点が見えてくる

■第一章 日本共産党は今も暴力革命をめざしているのか
第一節 共産主義というグローバリズム/第二節 ソ連崩壊が与えた衝撃/第三節 マルクスを知らない共産党員/第四節 今も暴力革命をめざしているのか/第五節 革新三目標と民主連合政府/第六節 「天皇制打倒」撤回の理由/第七節 拉致問題と北方領土問題への正論/第八節 なぜ自衛隊を敵視するのか

■第二章 日本共産党には裏部隊があるのか
第一節 共産主義のバイブル『蟹工船』/第二節 職業革命家の巨大組織/第三節 裏部隊「第二事務」の実態/第四節 伝説の共産党員・宮本顕治/第五節 最高指導者・不破哲三の正体/第六節 『赤旗』という十字架/第七節 あの芸能人や文化人は共産党員か

■第三章 日本共産党は労働者の味方か
第一節 共産党員は増えているのか/第二節 団地での支持基盤の拡大活動/第三節 ワーキングプア・非正規労働者と共産党/第四節 ボランティア好きと自己宣伝癖

■第四章 日本共産党は清廉潔白か
第一節 日本共産党と公明党の因縁/第二節 国会議員秘書給与ピンハネ問題/第三節 日本共産党と闘う人々
ルポ西成 七十八日間ドヤ街生活

ルポ西成 七十八日間ドヤ街生活

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
国立の筑波大学を卒業したものの、就職することができなかった著者は、大阪西成区のあいりん地区に足を踏み入れた。

ヤクザ…、指名手配犯…、博打場…、生活保護…、マイナスイメージで語られることが多い、あいりん地区。ここで2カ月半の期間、生活をしてみると、どんな景色が見えてくるのか?

西成の住人と共に働き、笑い、涙した、78日間の体験ルポ。
100日で崩壊する政権

100日で崩壊する政権

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
8月28日に辞任を発表した安倍晋三総理大臣。7年8か月という憲政史上最長の政権となった安倍政権は、公文書の破棄・隠蔽、統計不正、不可解な身内優遇、公金のおかしな使い方などさまざまな問題が起きつつも、生きながらえてきた政権でした。
そんな安倍政権、新型コロナウイルスという未曾有の危機に見舞われた中、果たして何をしてきたのでしょうか?
新型コロナウイルス禍の日本で、安倍政権が何をしたか、毎日Twitter上で発表してきた連載漫画がついに書籍化。描き下ろしイラスト&漫画&解説も追加して1冊で読めるようになりました。
コロナ禍日本での100日、いや、そこに集約される7年8か月に及ぶ安倍政権の本質を笑い、呆れ、怒りつつ振り返るのに最適な一冊となっています。
ちなみに、連載開始から安倍政権辞任までは約150日でした。
帰る家のないどうぶつたち 毎日捨てられる命のおはなし

帰る家のないどうぶつたち 毎日捨てられる命のおはなし

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
年間30万頭、1日約820頭――これは、日本で殺処分されている犬猫の数。純血種の犬、生まれたばかりの子猫、人間が大好きで従順な猟犬……。なかには一時流行になったチワワやプードルもいる。これは、人間の身勝手で施設に持ち込まれ、悲しい最期を迎えることになった動物たちのレポート。尊い命を簡単に捨ててしまう人たちがいること、そんな人間の犠牲になっている動物たちがたくさんいるという現実を訴えます。一方で、処分されてしまう動物たちを救おうと、精力的に活動している人たちの姿も。母親ときょうだいたちが感染症で死んでいく中、奇跡的に生き延びた2匹の子犬、骨折した足を治療されることなく多頭飼いされ、人間不信に陥っていた犬。行き場のなかった子が、里親の元で幸せを取り戻していく姿を感動的に描きます。施設の檻にしがみつき、訴える瞳、新しい家族に抱かれ、見つめる瞳……犬や猫たちの姿を見て、何かを感じて下さい。
自由のたびびと 南方熊楠 こどもの心をもちつづけた学問の巨人

自由のたびびと 南方熊楠 こどもの心をもちつづけた学問の巨人

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
植物学者、微生物学者であり、日本の民俗学の創始者でもあった南方熊楠の一生を描いた物語。

【目次より】
●旅立ち
●アメリカのてんぎゃん
●ピストルと顕微鏡
●KUMAGUS MINAKATA
●骨身をけずる
●米虫ひょっとこ坊主さま
●さらばロンドン
●ふるさと寒く
●熊野の天地
●松の枝のもとに
●たたかう熊楠
●ふたりの巨人
●人びとの中で
●天皇をわらわせた男
●もう医者はいらない
月刊誌PHP 2020年11月号

月刊誌PHP 2020年11月号

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
※電子書籍版『月刊誌PHP 2020年11月号』は、電子化にご協力いただけた作品を掲載しております。

日々過ごしていると、思わぬことでつまずいて、心が折れそうになることはありませんか。そんなとき、どうすれば、また立ち上がれるのでしょうか。2020年11月号では、歌手・女優の由紀さおりさんのインタビューをはじめ、お笑い芸人・インパルスの板倉俊之さんなどのエッセイで、転んでもまた前を向くヒントについて考えます。ぜひ、ご一読ください。
アメリカン・プリズン 潜入記者の見た知られざる刑務所ビジネス
全米150万人の受刑者のうち、約13万人を収容する民営刑務所。秘密主義に覆い隠されているその実態を明らかにするため、ジャーナリストの著者は、刑務官募集に応募して潜入取材を開始する。簡単に採用された著者が、ウォルマート並みの時給9ドルで勤務したのは、大手の刑務所運営会社が管理するルイジアナ州の刑務所。小型カメラとレコーダーを隠し持っての勤務中、彼が目撃したのは、慢性的に人手不足で(刑務官1人あたり176人の囚人を担当)、トラブルには誰も手を出さず、経費節減のため医療費などの経費が切り詰められている衝撃的な現場だった――。
利益第一主義がもたらす歪みや非人間性。これらを暴露するのと並行して、著者は、奴隷制度を補完する形で民営刑務所制度が生まれた経緯や企業への囚人貸し出し制度など、アメリカの知られざる暗部を明らかにしていく。奴隷や囚人などの囚われた人々を利用して権力者が富を得ていく仕組みが、アメリカで脈々と受け継がれていたのだ――。
本書のもとになった潜入取材の記事が民営刑務所の闇を暴いたことで全米に衝撃を与え、実際に政治を動かすまでに至った、傑作ノンフィクション!



会社案内 IR情報 株主優待 利用規約 特定商取引法 著作権について 個人情報保護ポリシー リクエスト セーフサーチ 海賊版に対する取り組みついて 漫画家募集
ABJマーク
ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp