電子書籍のレンタルサイト

Renta!

検索結果(1/1ページ)

並べ替え

作品の除外設定(設定中)
  • 指定作品の除外設定

  • セーフサーチの設定
    ※指定した作品は検索結果ページに表示されなくなります。

    • セーフサーチを設定する
  • その他

  • 作品の除外設定をとじる
形式
ジャンル
詳細ジャンル
属性ジャンル
その他ジャンル
キーワード
キャンペーン作品
メディア化作品
完結済み
出版社
さらに詳細に調べる
年代
著者
内海聡
レーベル
シリーズ
掲載誌
レンタルあり/なし
1巻目レンタル価格
1巻目購入価格
購入価格合計
医師が教える新型コロナワクチンの正体 本当は怖くない新型コロナウイルスと本当に怖い新型コロナワクチン
フェイスブックフォロワー15万人以上。医原病や薬害について啓蒙し続けている、
日本一有名な医者による新型コロナウイルスと新型コロナワクチンの詳細な解説書。

まえがきより
本書は「新型コロナウイルスが恐くない理由」「PCR検査が信用できない理由」
「コロナワクチンが危険である理由」「なぜ政府やメディアがここまで危機をあおるのか」などについて書いています。
データや客観的事実に基づいていますが、大手メディアの報道を無条件に信じている方には衝撃的な内容かも知れません。

本書は、新型コロナウイルスの感染状況や新型コロナワクチンの仕組みについて、
日本に大手メディアでは報道されない事実や科学的データを読者の皆さんにお届けしています。
マスコミ報道される世界のコロナ死亡者数は果たして本当なのか?
インフルエンザや風邪と比べて果たしてそれほどリスクが高いウイルスなのか?
マスクは本当に効果があるのか?
緊急事態宣言による自粛は本当に感染防止の役に立っているのか?
PCR検査は受けたほうがいいのか?
新型コロナワクチンは報道の通り、本当に安全なのか?
副反応が出たら補償金が出るというが本当か?
など、多くの疑問について、データや科学的事実に基づいてわかりやすく解説しています。
結論からいえば、新型コロナウイルスは危険なウイルスではなく、自粛もマスクも効果がなく、世界の死亡者数も正確ではありません。
また新型コロナワクチンは非常に危険なワクチンであり、決して打たない方がよい薬ですが、本書にはそれらの根拠が示されています。
また、ケネディ元大統領の甥であるロバート・ケネディ・JR氏と内海聡医師との特別対談収録。
アメリカ政府にも知己の多いケネディJR氏がメディアが報じないアメリカにおけるコロナ騒動の真実を伝えています。
アメリカの製薬会社による日本への圧力についても触れており、新型コロナ騒動及び新型コロナワクチンの真実が知りたい方には必読の1冊です。
歴史の真相と、大麻の正体

歴史の真相と、大麻の正体

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
この本は歴史と大麻の謎について書いている。原点に返ってただのオタクであり陰謀論者である文系志望者が、データをかき集めた後に、
「世界の何が見えるのか」
「世界はどこまで嘘だらけなのか」
「なぜ相反する出来事が世界にいくつも存在するのか」
「なぜ人間は相反性に対して整合性を見いだすことができないのか」
を考えた読み物であると思ってもらえばよい。(「はじめに」より)

日本人はどこから来たのか?/オーパーツとは何か?/邪馬台国とは何なのか?/江戸時代の真実の姿とは?/大東亜戦争とは何だったのか?/
原爆投下の意味とは?/坂本龍馬の正体とは?/GHQは何を狙ったのか?/進化論は間違いなのか?/神とは何者か?/大麻は危険なのか、
危険でないのか?/大麻はなぜ「日本の草」として扱われるのか?/大麻は何のためにあるのか?……etc.
「歴史の支配者」の姿を明らかにし、人類にとっての「大麻の意味」を提起する。

[もくじ]
はじめに――さらに深く、さらにヘンテコリンな世界へ
第1部 歴史の真相
1 私たち日本人の本当のルーツとは?
2 渡ってきた人々と住んでいた人々――大和朝廷の成立
3 皇族と貴族と、朝鮮半島――飛鳥時代
4 藤原五摂家と平氏・源氏――平安、鎌倉時代
5 戦国大名とヨーロッパとの関わり――戦国、安土桃山時代
6 江戸封建社会の真実の姿――江戸時代
7 明治維新の裏側――江戸幕府の崩壊と新政府の誕生
8 大東亜戦争とはなんだったのか?
9 奴隷国家はこうして作りあげられた
10 私的ニッポン改造計画――日本はどうあるべきか?

第2部 大麻の正体
11 日本人の大麻についての認識レベル
12 大麻を「植物学的」に考える
13 マリファナに関する嘘
14 大麻で病気が治るのか?
15 麻はなぜ「日本の草」として扱われるか
16 大麻とGHQの関わりの嘘
17 大麻の種や服とはいったいなんなのか
18 隠された歴史や神との関わり
19 大麻の正体
20 大麻を使うとはどういうことか――人類への惜別の辞
おわりに――戦争の背景、そして平和の価値
精神科は今日も、やりたい放題

精神科は今日も、やりたい放題

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
精神科は誤診が99%!医学会内部から患者を作り出すシステムと薬漬け医療の実態を告発し、話題のベストセラー本。
児童相談所の怖い話

児童相談所の怖い話

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
「子どもを救う正義の味方」の恐るべき正体とは!?巨大な権力を持ち、大暴走し続ける児童相談所の実態をスクープ!
ワクチン不要論

ワクチン不要論

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
――無駄なばかりか危険すぎる――
「精神薬よりも抗がん剤よりも、今いちばん大きく、緊急性のある問題こそワクチンなのです」(著者)

風疹、麻疹、BCG、ポリオ、インフルエンザ、日本脳炎…すべて不要。百害あって一利なし。反骨の医師が、ワクチンが要らない理由、ワクチンの断り方から、打ってしまった人の対処法まで、徹底的にわかりやすく説く、ワクチン不要論の最新&決定版。

「はじめに」より
この本を出すのには正直勇気が要りました。
多くの方がご存じのように、私はこれまでたくさんの本を書いてきました。ベストセラーになった『精神科は今日も、やりたい放題』『医学不要論』から始まり、気づくと40冊以上の著作を出しています。
『医学不要論』においてはワクチンの有害性について記しており、それを知っている方ならいまさらワクチンの本を書くことなど、それほど大したことではないと思うかもしれません。
しかし本書『ワクチン不要論』は軽い内容ではないこともさることながら、一番この本が問題視される理由は現代の風潮にあります。
精神薬よりも抗ガン剤よりもワクチンこそが、医薬複合体におけるもっとも重要な洗脳テーマであり、現代は政治的な背景もあって強制接種の方向に向かわせていることに問題があります。御用学者が跳梁跋扈し嘘偽りを垂れ流しつづけ、テレビや新聞や雑誌から政治家に至るまで、カネのためには手段を選ばなくなっているからこそ、この本の出版は勇気が要ることなのです。
多くの人は政治やメディアや芸能人が?まみれだとわかっていても、医学にはまったく疑問を抱きません。それがワクチンとなると、ほかのどの分野よりも疑問を抱きません。しかしもし少しでもワクチンに対して疑問を持っているならこの本をお読みください。
今、私たちはワクチンについて学ばなければならないのです。

本書の項目より
・ろくでもないクスリが認可される理由
・科学的データを捏造する方法
・二重盲検試験のカラクリ
・ワクチンとは親の試金石である
・「ワクチンが感染症を防いできた」…ホントにそうか?
・宝くじ以下のインフルエンザワクチン
・打っても打たなくても罹患率に差はなかった
・リスクとベネフィットの観点からも無駄
・「防ぐ」という嘘から、「重症化予防」という嘘へ
・私の後悔――無知という罪
・「ワクチン受けなさい」は憲法違反
・医師や保健師に対抗する方法

もくじ
1 ワクチンとは何か?
2 ワクチンを考えるとき、最も重要なこと
3 ワクチンの構成成分について
4 ワクチンに関する歴史の嘘
5 ワクチンが効かない理由
6 ワクチンにはどんな種類があるか
7「ワクチンが効かない」という研究(1)
8 「ワクチンが効かない」という研究(2)
9 ワクチンは効かないだけでなく有害
10 ワクチンと自閉症の関係を追って
11 ウェイクフィールド医師の真実
12 ワクチンはビッグビジネス
13 ワクチンに隠されたウイルスの秘密
14 スペイン風邪とインフルエンザ脳症
15 風疹先天症候群の嘘
16 ワクチンに隠された陰謀
17 ワクチンを打たないための方法
18 ワクチンと児童相談所の関係
19 ワクチンを打ってしまった人の対処法
20 ワクチンがこの世界からなくなるために
おわりに
大笑い!精神医学

大笑い!精神医学

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
なぜ精神科はすぐ薬を勧めるの?なぜ発達障害が流行ってるの?…マンガ入りでわかりやすく&より過激に医学を疑う!
医者とおかんの「社会毒」研究

医者とおかんの「社会毒」研究

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
砂糖、牛乳、トクホから添加物、遺伝子組み換え食品まで、あらゆる現代病の原因・社会毒77項目をマンガ入りで徹底解説!
魂も死ぬ

魂も死ぬ

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
いかにして魂は移りゆくか?
量子力学、素粒子、臨死体験、生まれ変わり、アカシックレコード、ソマチッド、バイオフォトン、フラクタル理論etc.
あらゆる情報を眺め、考察する。
注目の医師が提起する、逆説の霊魂論

「最初に結論を書いておけば、私は霊魂懐疑派であり、以前は霊魂全否定派であった。
その後、量子医学や医学不要論や世界の陰謀論的構図を知るに従い、たんに全否定していても始まらないとは考えるようになった。
さらに通常の科学や常識では起こり得ないような体験を多数見聞きし、既存の理論がいかにおかしく幼稚かということを知ることもあった。
その私が霊魂についての考察を書くということは、これ以上ない矛盾であると同時に懐疑派だからこそ書けるさまざまな視点があると考えている」
(「はじめに」より)

はじめに
第1章 霊魂をどう定義するか?
第2章 精神とは何か?
第3章 唯物論vs.観念論
第4章 賢人たちの考えた霊魂
第5章 霊体と肉体の二重構造論――スウェーデンボルグの理論
第6章 科学者による臨死体験の研究
第7章「生まれ変わり」の真相
第8章「性格変化」「多重人格」は何を示すか
第9章 分け御霊についての考察
第10章「偽の記憶(フォルスメモリー)」理論
第11章 謎解きのヒント「アカシックレコード」
第12章 ソマチッドの正体
第13章 バイオフォトンとは何か?
第14章 量子力学とは何か?
第15章 多次元構造とリサ・ランドールの理論
第16章 素数、素粒子、電子、そして霊魂
第17章「形成の書」と生命の樹
第18章 この世界はフラクタル
第19章 死とは何か?
第20章 結局「霊魂」とはなんなのか?
おわりに
内容(「BOOK」データベースより)
いかにして魂は移りゆくか?量子力学、素粒子、臨死体験、生まれ変わり、アカシックレコード、ソマチッド、バイオフォトン、フラクタル理論etc.あらゆる情報を眺め、考察する。注目の医師が提起する、逆説の霊魂論。

著者について
内海聡◎うつみ・さとる
1974年、兵庫県生まれ。筑波大学医学部卒業。内科医として東京女子医科大学附属東洋医学研究所、東京警察病院などに勤務した後、
Tokyo DD Clinicを設立。精神医学の本質を暴いた『精神科は今日も、やりたい放題』がベストセラーに。その後、医学の正体や、
社会の構造などをテーマに精力的に執筆活動を行なう。本書では、既存の肯定論とも否定論とも違う独自の視点で霊魂を捉え直す。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
内海/聡
1974年、兵庫県生まれ。筑波大学医学部卒業。内科医として東京女子医科大学附属東洋医学研究所、東京警察病院などに勤務した後、Tokyo DD Clinicを設立。精神医学の本質を暴いた『精神科は今日も、やりたい放題』がベストセラーに。その後、医学の正体や、社会の構造などをテーマに精力的に執筆活動を行なう(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
医学不要論

医学不要論

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
現代医学の9割は不要!現役医師が医学の存在理由を問いかける問題作。誰も書けなかったイガクムラの実態が露わに。
血液の闇

血液の闇

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
年間120万人が受けている輸血は現代医学最大の失敗だった。医者も患者も気づかないその弊害と医療利権の闇を告発。
心の絶対法則 なぜ「思考」が病気をつくり出すのか?

心の絶対法則 なぜ「思考」が病気をつくり出すのか?

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
人には様々な負の感情がある。
「トラウマ・ジレンマ」「支配欲」「反動」「依存」「被害者意識」など。
これらの感情が不幸な環境を生み出し、
さらには肉体に影響を及ぼして病気をつくり出す構造を解き明かす。
これら負の感情を解消するため、
世は「愛」「癒し」「言霊」の商売であふれている。
しかし著者は「それらはすべて依存ビジネスの販促戦略である」と言い切る。
負の感情を転換するために、
目先の愛や癒しはむしろ毒にしかならない。
真に負の感情を転換したければ、
負の感情をつくり出した原因を突き止め、
向き合うことでしか本当の転換は生まれない。
そして人間の心はもともと
「依存」「自己正当化」するようにセッティングされていると説く。
これが「心の絶対法則」だ。
本書ではまず、人間の心はどのような法則で動いているのか
17の「心の絶対法則」を解説し、
問題をつくり出した事実との向き合い方を教える。
また新型コロナ騒動時には、
日本は事実を客観視できず、同調圧力に負ける人々で満ちあふれた。
第3部では数字を基に新型コロナ騒動を分析するとともに、
まるで太平洋戦争当時と同じように自粛警察が横行した
日本人のメンタルにも痛烈な批判を加える。

依存や薬害の専門家として多くの患者と向き合い、
東洋医学の専門家でもある著者が、
実際に診療に使っている精神構造分析法「内海式」の教科書であり、
大胆な人生転換のための書である。
睡眠薬中毒 効かなくなってもやめられない

睡眠薬中毒 効かなくなってもやめられない

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
日本では4人に1人が不眠症と言われ、睡眠薬の消費量世界一。
悩みがあれば眠れないのは当然なのにすぐ処方され、眠りが浅くなる高齢者への処方はごく一般的。成人だけでなく、発達障害者の子供に対しても処方されるようになった。
ある報告書では、医院経営のメリットとして「常用量依存を起こすことにより、患者が受診を怠らないようになる」と挙げているように、薬漬けにして利益を得ることは当たり前のことになった。
副作用が少ないとされているが、実際には依存性があり、飲み始めると止めることが難しい。「ゲートウェイ・ドラッグ」と言われ、睡眠薬をきっかけに、うつ病に発展していくことは一部では知られている事実である。
では、どのような危険があるのか。市販の「睡眠改善薬」と処方される「睡眠導入剤」の違い、日本人と睡眠、製薬会社と薬の歴史、薬を飲まない・減らすようにするにはどうしたらいいのか、を解説する。
99%の人が知らないこの世界の秘密 <彼ら>にだまされるな!

99%の人が知らないこの世界の秘密 <彼ら>にだまされるな!

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
Facebook人気ユーザーランキング「12位」、著書累計「20万部」突破の医師が教える、新聞・テレビが絶対に報じない「真実の情報」。医学の闇はもちろん、政治、経済、メディア、歴史、宗教に至るまで、「この世界の秘密」を網羅的かつ徹底的に解き明かした著者の新境地!
まんがで簡単にわかる!薬に殺される日本人〜医者が警告する効果のウソと薬害の真実〜
世界に誇る健康保険制度を持つ日本。
反面、世界一寝たきりの老人が多く、
先進国で唯一がん死亡者が増え続けている国でもある。
一体それはなぜなのか?
数十年前にはそれほど見られなかった花粉症を始めとしたアレルギー症状が増え、
発達障害を始めとした、子どもの病気も増えている。
その理由は、日本がまさに世界一の薬消費大国だからだ。
健康な人間が健康診断に行き、
世界的には誤った検査基準により病人にされる。
必要ない薬を素直に飲む日本人。
高血圧を押さえる降圧剤やコレステロールを押さえる脂質異常症治療薬には、
突然死の副作用や認知症の副作用があることがわかっている。
本書を読めばわかるが、
インフルエンザワクチンには効果がないというエビデンスがあるにもかかわらず、
毎年推奨されているという現実。
代表的なインフルエンザワクチン・タミフルの副作用が
問題になったことを覚えている人も多いはずだ。
賛否両論あるワクチンだが、日本における最大の問題は
外国で報道された副作用に関する情報が
まったく国民に知らされないことである。
かたよった情報にしか触れないため、「ワクチンは安全だ」「ワクチンのメリットはリスクを上回るので必要だ」
という考え方になってしまうのもしかたがない。
本書は、そのような薬のリスクや効果についてのエビデンスを、
世界の報道やエビデンスに基づいて紹介している。
また、サプリメントについても、
合成の仕方によっては薬と同じ作用をすることを明らかにして、
食べ物で摂ると全く問題がないのに、
サプリとして摂ると副作用どころかがん死亡率が上がってしまうという海外の研究も紹介している。
日本の大手メディアの報道が偏っているのは世界の常識である。
本書は、薬についての日本ではほとんど報じられない事実を紹介することにより、
日本人一人ひとりが正しい判断を下す手助けとなる1冊だ。
【バラ売り】まんがで簡単にわかる!薬に殺される日本人〜医者が警告する効果のウソと薬害の真実〜

【バラ売り】まんがで簡単にわかる!薬に殺される日本人〜医者が警告する効果のウソと薬害の真実〜

無料サンプル 内容紹介
漫画 レンタル
世界に誇る健康保険制度を持つ日本。
反面、世界一寝たきりの老人が多く、
先進国で唯一がん死亡者が増え続けている国でもある。
一体それはなぜなのか?
数十年前にはそれほど見られなかった花粉症を始めとしたアレルギー症状が増え、
発達障害を始めとした、子どもの病気も増えている。
その理由は、日本がまさに世界一の薬消費大国だからだ。
健康な人間が健康診断に行き、
世界的には誤った検査基準により病人にされる。
必要ない薬を素直に飲む日本人。
高血圧を押さえる降圧剤やコレステロールを押さえる脂質異常症治療薬には、
突然死の副作用や認知症の副作用があることがわかっている。
本書を読めばわかるが、
インフルエンザワクチンには効果がないというエビデンスがあるにもかかわらず、
毎年推奨されているという現実。
代表的なインフルエンザワクチン・タミフルの副作用が
問題になったことを覚えている人も多いはずだ。
賛否両論あるワクチンだが、日本における最大の問題は
外国で報道された副作用に関する情報が
まったく国民に知らされないことである。
かたよった情報にしか触れないため、「ワクチンは安全だ」「ワクチンのメリットはリスクを上回るので必要だ」
という考え方になってしまうのもしかたがない。
本書は、そのような薬のリスクや効果についてのエビデンスを、
世界の報道やエビデンスに基づいて紹介している。
また、サプリメントについても、
合成の仕方によっては薬と同じ作用をすることを明らかにして、
食べ物で摂ると全く問題がないのに、
サプリとして摂ると副作用どころかがん死亡率が上がってしまうという海外の研究も紹介している。
日本の大手メディアの報道が偏っているのは世界の常識である。
本書は、薬についての日本ではほとんど報じられない事実を紹介することにより、
日本人一人ひとりが正しい判断を下す手助けとなる1冊だ。
【分冊版】まんがで簡単にわかる!日本人だけが知らない汚染食品〜医者が教える食卓のこわい真実〜

【分冊版】まんがで簡単にわかる!日本人だけが知らない汚染食品〜医者が教える食卓のこわい真実〜

無料サンプル 内容紹介
漫画 レンタル
日本人の2人に一人ががんに罹る時代、その他にもアトピー皮膚炎などを筆頭にアレルギー、糖尿病など生活習慣病が激増しています。
他にもほんの数十年前には見られなかった子どもの発達障害や自閉症も毎年増えているのが日本の現状です。
これが日常の食事のせいだとしたら
例えば20年前と比べて、一般の日本人はさして食生活は変わっていないと感じています。
しかし知らないうちに日本の食品は20年前とは別のものになっているのです。
例えば、遺伝子組み換え食品。大半の人は「遺伝子組み換えでない」食品を選んでいることと思います。
しかし実はすでに世界でも有数の遺伝子組み換え食品の消費国なのが日本です。
なぜなら、表示義務のない食品には大量に含まれているから。
また、食肉、魚の質も実は変わっているのです。
工業的に生産された輸入食肉、輸入養殖魚は、効率よく生産するために、飼料に加えて昔は使っていなかった成長ホルモンや抗生剤などを大量に投入しています。
また、飼料そのものも現在は、国産も含めて大半が遺伝子組み換え穀物なのです。
海外ではその危険性が広く知られている、それらの食品が日本では当たり前のように流通しているのが現実です。
いまや、先進国の中でがん患者が増え続けているのは日本だけ。そのような情報すら入ってこないのが日本の現状なのです。
本書は、海外では危険とされている食品や、日本人が知らないうちに摂取している遺伝子組み換え食品が一体何に含まれているのかなど、日本人だけが知らない危険な食品の実態を報告する1冊です。
まんがで簡単にわかる!日本人だけが知らない汚染食品〜医者が教える食卓のこわい真実

まんがで簡単にわかる!日本人だけが知らない汚染食品〜医者が教える食卓のこわい真実

無料サンプル 内容紹介
漫画
日本人の2人に一人ががんに罹る時代、その他にもアトピー皮膚炎などを筆頭にアレルギー、糖尿病など生活習慣病が激増しています。
他にもほんの数十年前には見られなかった子どもの発達障害や自閉症も毎年増えているのが日本の現状です。
これが日常の食事のせいだとしたら
例えば20年前と比べて、一般の日本人はさして食生活は変わっていないと感じています。
しかし知らないうちに日本の食品は20年前とは別のものになっているのです。
例えば、遺伝子組み換え食品。大半の人は「遺伝子組み換えでない」食品を選んでいることと思います。
しかし実はすでに世界でも有数の遺伝子組み換え食品の消費国なのが日本です。
なぜなら、表示義務のない食品には大量に含まれているから。
また、食肉、魚の質も実は変わっているのです。
工業的に生産された輸入食肉、輸入養殖魚は、効率よく生産するために、飼料に加えて昔は使っていなかった成長ホルモンや抗生剤などを大量に投入しています。
また、飼料そのものも現在は、国産も含めて大半が遺伝子組み換え穀物なのです。
海外ではその危険性が広く知られている、それらの食品が日本では当たり前のように流通しているのが現実です。
いまや、先進国の中でがん患者が増え続けているのは日本だけ。そのような情報すら入ってこないのが日本の現状なのです。
本書は、海外では危険とされている食品や、日本人が知らないうちに摂取している遺伝子組み換え食品が一体何に含まれているのかなど、日本人だけが知らない危険な食品の実態を報告する1冊です。
【分冊版】まんがで簡単にわかる!医者が教える危険な医療〜新・医学不要論〜

【分冊版】まんがで簡単にわかる!医者が教える危険な医療〜新・医学不要論〜

無料サンプル 内容紹介
漫画 レンタル
アメリカのデータで、アメリカ人の死因第1位が「医療」だということをご存知ですか
がんや心疾患などの死亡者数を抑えて最も多かった死因が医原病(医療を原因とした疾患)なのです。
また、イスラエルで医者のストライキが起こったことがあります。1カ月の期間中、なんとイスラエルの死亡率は半減したのです。
日本でも財政危機に陥った夕張市が病院機能を縮小した結果、老人の健康寿命が延びたとの報道がありました。
もちろん医療は緊急時に私たちの命を救うため必要なものです。
しかし、普段ちょっとした熱が出たときに飲んでいる薬、自覚症状もないのに「高血圧」「当コレステロール血症」などと診断されて薬を飲まされる検査など果たして必要な医療でしょうか?
本書では健康のため良かれと思い受けている医療の中にいかに危険で意味のないものが含まれているのかを、まんがでわかりやすく説明しています。
また、本当に必要な医療とは何か、も例示してありますので、病院にかかる際の参考にしてください。

帯より〜
[こんなにある!健康常識の落とし穴!]
●みんな知らない市販薬のこわい副作用
●コレステロールを下げ過ぎるとがんや感染症のリスク増
●血圧を薬で下げると脳梗塞の発症率が2倍に
●医者はほとんど受けないバリウム検査
●病人を増やすための検診基準値変更
●ポリオワクチン接種でポリオにかかるリスク増
●アメリカでは「抗がん剤はがんを増殖させる」が常識

その他信じられない事実や医療の嘘を大暴露しています
医療利権にだまされず、必要な医療と不要な医療を見極めたい方の必読書です。
まんがで簡単にわかる!テレビが報じない精神科のこわい話〜新・精神科は今日も、やりたい放題〜

まんがで簡単にわかる!テレビが報じない精神科のこわい話〜新・精神科は今日も、やりたい放題〜

無料サンプル 内容紹介
漫画 レンタル
ベストセラー「精神科は今日も、やりたい放題」がデータも一新して初のコミック化!
TVや大手メディアが絶対に報道できない精神医療と利権の関係をすべて描き下ろしまんがで描いた作品です。
「まんがで簡単にわかる!」の通り、日本ではほとんど報道されない「睡眠キャンペーン」で自殺者が増加したエピソードや海外の薬害訴訟、薬のデータ改ざんなどを事実に基づいてわかりやすくまんが化しています。
また、近年増え続けている子どもの発達障害診断の嘘や子どもの精神薬服用の重大な害についても描いています。全10話構成で、各話ごとに内海先生による丁寧な解説が入ります。データやエピソードはすべて本書用の書き下ろしです。
精神科や心療内科の実態についての医学界内部からの重大な告発。現在精神科や心療内科に通院している方や心の問題を抱えたすべての人にぜひ読んでいただきたい1冊です。

【著者・内海聡先生からのメッセージ】
「精神科は今日も、やりたい放題」が出てもう6年以上がたちました。
この6年間で情報はかなり流通し、精神科医の中に薬を減らす医者まで出てきた始末です。これはいいことのように見えますが、実際にはこれまでのことをごまかす行為にすぎません。
彼らの思想と患者たちの思想がしっかり変わらなければ、この業界が改善したことにはならないでしょう。
この漫画はそういう意味で、おタクの領域でしかなかった精神科の領域の嘘を、真の意味で一般にまで広げる本であると思っています。
ぜひそのような意味でお楽しみいただければ幸いです。
まんがで簡単にわかる!テレビが報じない精神科のこわい話〜新・精神科は今日も、やりたい放題〜【完全版】
ベストセラー「精神科は今日も、やりたい放題」がデータも一新して初のコミック化!
TVや大手メディアが絶対に報道できない精神医療と利権の関係をすべて描き下ろしまんがで描いた作品です。
「まんがで簡単にわかる!」の通り、日本ではほとんど報道されない「睡眠キャンペーン」で自殺者が増加したエピソードや海外の薬害訴訟、薬のデータ改ざんなどを事実に基づいてわかりやすくまんが化しています。
また、近年増え続けている子どもの発達障害診断の嘘や子どもの精神薬服用の重大な害についても描いています。全10話構成で、各話ごとに内海先生による丁寧な解説が入ります。データやエピソードはすべて本書用の書き下ろしです。
精神科や心療内科の実態についての医学界内部からの重大な告発。現在精神科や心療内科に通院している方や心の問題を抱えたすべての人にぜひ読んでいただきたい1冊です。

【著者・内海聡先生からのメッセージ】
「精神科は今日も、やりたい放題」が出てもう6年以上がたちました。
この6年間で情報はかなり流通し、精神科医の中に薬を減らす医者まで出てきた始末です。これはいいことのように見えますが、実際にはこれまでのことをごまかす行為にすぎません。
彼らの思想と患者たちの思想がしっかり変わらなければ、この業界が改善したことにはならないでしょう。
この漫画はそういう意味で、おタクの領域でしかなかった精神科の領域の嘘を、真の意味で一般にまで広げる本であると思っています。
ぜひそのような意味でお楽しみいただければ幸いです。
まんがで簡単にわかる!医者が教える危険な医療〜新・医学不要論〜

まんがで簡単にわかる!医者が教える危険な医療〜新・医学不要論〜

無料サンプル 内容紹介
漫画
アメリカのデータで、アメリカ人の死因第1位が「医療」だということをご存知ですか
がんや心疾患などの死亡者数を抑えて最も多かった死因が医原病(医療を原因とした疾患)なのです。
また、イスラエルで医者のストライキが起こったことがあります。1カ月の期間中、なんとイスラエルの死亡率は半減したのです。
日本でも財政危機に陥った夕張市が病院機能を縮小した結果、老人の健康寿命が延びたとの報道がありました。
もちろん医療は緊急時に私たちの命を救うため必要なものです。
しかし、普段ちょっとした熱が出たときに飲んでいる薬、自覚症状もないのに「高血圧」「当コレステロール血症」などと診断されて薬を飲まされる検査など果たして必要な医療でしょうか?
本書では健康のため良かれと思い受けている医療の中にいかに危険で意味のないものが含まれているのかを、まんがでわかりやすく説明しています。
また、本当に必要な医療とは何か、も例示してありますので、病院にかかる際の参考にしてください。

帯より〜
[こんなにある!健康常識の落とし穴!]
●みんな知らない市販薬のこわい副作用
●コレステロールを下げ過ぎるとがんや感染症のリスク増
●血圧を薬で下げると脳梗塞の発症率が2倍に
●医者はほとんど受けないバリウム検査
●病人を増やすための検診基準値変更
●ポリオワクチン接種でポリオにかかるリスク増
●アメリカでは「抗がん剤はがんを増殖させる」が常識

その他信じられない事実や医療の嘘を大暴露しています
医療利権にだまされず、必要な医療と不要な医療を見極めたい方の必読書です。



会社案内 IR情報 株主優待 利用規約 特定商取引法 著作権について 個人情報保護ポリシー リクエスト セーフサーチ 海賊版に対する取り組みついて 漫画家募集
ABJマーク
ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp