電子書籍のレンタルサイト

Renta!

検索結果(1/1ページ)

並べ替え

作品の除外設定(設定中)
  • 指定作品の除外設定

  • セーフサーチの設定
    ※指定した作品は検索結果ページに表示されなくなります。

    • セーフサーチを設定する
  • その他

  • 作品の除外設定をとじる
形式
ジャンル
詳細ジャンル
属性ジャンル
その他ジャンル
キーワード
キャンペーン作品
メディア化作品
完結済み
出版社
さらに詳細に調べる
年代
著者
レーベル
シリーズ
エロティカ・ラブロ
掲載誌
レンタルあり/なし
1巻目レンタル価格
1巻目購入価格
購入価格合計
旦那様の歪んだ溺愛〜メイドは甘い愛撫に翻弄される〜【合本版】
『旦那様の歪んだ溺愛〜メイドは甘い愛撫に翻弄される〜』
17歳でエマはメイドに雇われた。
旦那様は、深いブルーの瞳のハンサムな方。
ある日の午後、書斎の床をはいていたとき、旦那様が入ってきた。
「こんにちは、旦那様」わたしは挨拶し、仕事を続けた。
「やあ……エマ……」旦那様は心ここにあらずでカーテンを閉めるよう言った。
「下着を下ろして、脚を開きなさい」
エマはびっくりした。でも旦那様の言いつけは絶対だ。
「きみの秘部はさぞ美しいだろう」旦那様は穏やかな声で言い、一方の手を太腿に這わせ、もう一方は……。

『暴君は麗しの貴婦人を独占したい〜淫らな執着愛〜』
アナは、従妹シャーロットの婚礼のため、イギリス郊外の館に滞在していた。
だが無垢な従妹が、夫となるつまらない子爵に一生の貞節を誓うなんて不憫でならず、ある贈り物を思いついた。
イタリアの詩人で、放蕩者だが情に厚いロレンツォとのめくるめく一夜だ。
夜10時。屋敷の者が寝静まった頃、ロレンツォはするりと窓から入ってきた。
ベッドに横たわる、薄いナイトドレス姿のシャーロットと、傍らの美貌のアナを見て――?!

『淫靡な女神は気高き王子を情欲の業火で貪る〜捧げられた巫女見習い〜』
エジプトの巫女見習いのティアは、神殿へ向かった。
その身に女神アスタルテを乗り移らせ、王子と交わる“神殿奴隷”となるために。

儀式の最中、巫女にもたらされる快楽はとてつもないものだという。
体を清めて化粧を施され、香の焚かれた部屋で待っていると、
たくましい王子が現れ、欲望を漲らせた目でティアを舐め回すように見た。
と――吹きつけた一陣の風が薄いローブをなびかせ、豊満な胸の膨らみを月光の下にさらけ出した。
意志とは無関係に、体は支配されてしまった?!
ティアは清らかな乙女から、なまめかしい“女”へと突如変貌して……。
壁の花は片想いの彼に淫らに愛されたい【合本版】

壁の花は片想いの彼に淫らに愛されたい【合本版】

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
『壁の花は片想いの彼に淫らに愛されたい』
ケイトには誰にも言えない秘密があった。
いけないとは思いながら、美人でお堅い優等生のルームメイト、ソニアの日記を盗み読みするのがやめられない。
ある日ケイトはそこに衝撃的な書き込みを見つける。
ケイトが密かに片思いしているジュールズが、ソニアに“手錠プレイ”を迫ったというのだ。
嫉妬、羨望、そして膨らむ妄想――やりきれない思いを抑えきれず、ケイトは購入した手錠で自らを拘束し、自慰行為で恍惚に浸る。
ところがそれをソニアに見られ、さらにはジュールズにバラされて……。

『満月の夜までに、彼と別れて結婚しなくてはなりません』
夜更けの公園。振り返るとハニーブロンド色の大きな“狼”がそこにいた。
アンソニー・リッチ――私の目の前で、毛皮が灼けた肌の奥へと吸い込まれ――
ああ、どんな人間の男と比べても、アンソニーのは大きい。はるかに。
脚を大きく開いて腰を下げ、彼を深く迎え入れる。
彼とずっとこうしていたい。
私の身体はもう、アンソニー以外の男は受けつけないだろうから……。
でももうすぐ彼とはお別れだ。次の満月の夜までに、私は花婿を選ばないといけない。
でもそれまでは、禁断の相手アンソニーとの悦びを感じ尽くしたい――。
極上CEOの秘蜜の性癖

極上CEOの秘蜜の性癖

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
ブルースはわたしを離してくれない。40代半ばで、申し分ないルックスの敏腕CEOは、秘密の性癖を完璧に操るわたしを手放したくないのだ。太く硬いペニスをコックリングに締めつけられたまま、恥ずかしい体勢をとらされ、わたしがイクまで奉仕させられ、あげくのはてに放置される。それが彼の望むことだから。けれど、クレメント・ジョンズという優秀でハンサムな社員の出現によって、ある変化が生じていた。
クレメントは会議中でも臆面なくわたしをランチやデートに誘う。気づいていながらもポーカーフェイスを保っていたブルースは、ついに我慢の限界に達したのか、わたしを社長室に呼びつけると、壁に押しつけて後ろから突き上げ、激しく射精した。自ら性奴隷を望むくせに、雄がテリトリーを主張するみたいにマーキングする彼を、わたしは嫌いになれない。でも、クレメントのセクシーな身体や声にも、抗いがたい魅力を感じる。彼とファックしたい、と思う。
ブルースの執着、以前関係を持ったクライアントのアレックスの再訪、そしてまだ何も知らないクレメント――わたしは自己嫌悪に陥りながらも、狭いオフィスで男たちのザーメンにまみれ、溺れていく。
絶倫御曹司は幼妻を溺愛したい

絶倫御曹司は幼妻を溺愛したい

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
リリー・サンドリッジは、夫亡き後、数々の愛人と浮き名を流す美貌の公爵未亡人。
ある日、彼女のもとを1人の青年が訪れる。名前はアーサー・チャットマン。
彼はうやうやしく名刺を差し出すと、仰天の申し出をした。
「僕にセックスを教えてほしいんです」
何をばかなことをとリリーが一笑に付すと、彼は真剣な面持ちで言った。
「僕はいずれ妻を娶らなければいけない。けれど僕のモノは大きすぎて、きっと新妻を驚かせてしまう――処女を怖がらせることなく愛し合う方法を、僕に伝授してほしいのです」
リリーは言葉を失った。はじめは、それほどまでの彼の持ち物について。
そして無垢な青年の、未来の妻への優しさに。気がつくとリリーは頷いていた。
うら若き乙女が、初夜の恍惚のなか、もう夫なしでは生きていけないと思うほどの技量を彼に授けよう。その代わり、私は若くみずみずしくそそり立つモノから溢れる樹液を、
一滴残らず搾りとり、味わいたい。口でも、身体の奥深くでも……。
5万ドルで買われた乙女〜イケメン紳士はまさかのドS〜
「100ドル? 本気で言ってるの?」私はお酒にむせそうになりながら言った。
バーで飲んでいた私に、見ず知らずの男が声をかけてきたのだ。
うちに来てくれたら――そしてセックスしたら――100ドルあげるよ、と。
憤慨して答えに窮していると、後ろから低く柔らかい声がした。「1000ドルではどうかな」
そう言ったのは、ダンディでセクシーで、見るからに裕福そうな男性だった。
もう、ふたりともやめて、と言うかわりに私は冗談を返した。「2時間で5万ドルよ」
するとダンディは革の小切手帳を取り出すと、さらさらと数字を書き込んだのだ。
えっ? どうしよう……。いったい彼はわたしに何をしようというの……?
“お金で買われた女”として、彼の意のままに身体を嬲られる――
そんなシチュエーションに自分がどれだけ興奮するか、私はまだ気づいてもいなかった。
野獣とイケメンに愛される夜〜秘蜜の交換〜
私の恋人はライアン。男っぽくてワイルドなタイプで、
女友達のケイの恋人はショーン。いかにも科学者っぽい、線の細さがセクシーなタイプ。
あるとき4人でキャンプに行き、私たちは同じテントに寝ていた。
耳のすぐ横で聞こえるショーンの寝息に、私はどうしようもなく感じていた。
ライアンが反対側から手を伸ばしてきて、疼きの源を探り始める。
「や、やめてよ……」囁き声で抵抗するのに、彼はますます大胆になって、
ふとんの下で私の脚を割り、硬いモノを突き入れてきた。
2人ともわかっている――ショーンもケイも目を覚ましていることを。
私をイカせながら、ライアンはショーンに見せつけているのだ。
ほら、おまえも彼女とやりたくないか、と。
そしてケイにも。おれなら、きみをこんなふうにイカせてやるよ……と。
淫らな子爵の欲望に無垢な令嬢は翻弄される

淫らな子爵の欲望に無垢な令嬢は翻弄される

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
富と美貌に恵まれた令嬢レティシアには、社交界デビュー以来、求婚が殺到。
だが、最大の関心事である花婿候補たちとの肉体的相性を知る術がなく、途方に暮れていた。
やがて思いついたのは、彼らを秘密のピクニックに誘うこと。
これなら付き添いの目のないところで思う存分、相性を試せるわ。
招待状を出した数日後、求婚者の一人、ラングストン子爵が屋敷を訪ねてきた。
広い肩、引きしまった腰、鍛えあげられた腿とふくらはぎ。服を着ていてもにじみ出る、男らしい力強さ。
まるで肉欲を形にしたような男性だ。
レティシアが震える膝を深く折って優雅に会釈すると、子爵は誘惑的な視線を投げた。
「いったいきみは、ピクニックで何をするつもりだ?」
顔を赤らめつつ計画を告白したレティシアに、子爵は言った。
「きみと花婿候補たちとの逢い引きの見張り役を引き受けよう。ただし……」



会社案内 IR情報 株主優待 利用規約 特定商取引法 著作権について 個人情報保護ポリシー リクエスト セーフサーチ 海賊版に対する取り組みついて 漫画家募集
ABJマーク
ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp