電子書籍のレンタルサイト

Renta!

検索結果(1/2ページ)

並べ替え

作品の除外設定(設定中)
  • 指定作品の除外設定

  • セーフサーチの設定
    ※指定した作品は検索結果ページに表示されなくなります。

    • セーフサーチを設定する
  • その他

  • 作品の除外設定をとじる
形式
ジャンル
詳細ジャンル
属性ジャンル
その他ジャンル
キーワード
キャンペーン作品
メディア化作品
完結済み
出版社
さらに詳細に調べる
年代
著者
レーベル
濡れちゃう本棚
シリーズ
掲載誌
レンタル期間
1巻目48時間価格
1巻目無期限価格
無期限価格合計
イケメン教授のドS調教〜研究室で秘蜜の音読羞恥プレイ〜

イケメン教授のドS調教〜研究室で秘蜜の音読羞恥プレイ〜

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
最近、人気の官能小説にはまっていた麻紀。ある日、大学の講義中にこっそり読んでいるところを教授に見つかり、研究室に呼び出されてしまう。
「この本を読んで、どんな気持ちになるのか?」
教授の突然の問いに答えられずにいると、なんと官能小説を音読するよう命じられる。
こんな恥ずかしい言葉を口にしなくちゃいけないなんて!
羞恥に耐えながら読み進めると、ブラウスのボタンに手をかけられ……。
「あ、あの……先生っ!?」
これは自分への罰なのだろうか――。
小説に描かれているシーンが実際に行われようとしていた。
濡れちゃう生徒指導室〜男子生徒と禁断の××授業〜

濡れちゃう生徒指導室〜男子生徒と禁断の××授業〜

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
放課後の図書室で二人きり。理事長との情事をネタに、紗夜は壱輝という生徒に身体を強要されてしまい……。
「先生、静かにね」
そう言うなり、床にしゃがみ込んだ壱輝が……。
「やめなさい、やめて……っ」
紗夜はもがき叫ぶが、壱輝はビクリともせず……!?
濡れちゃう社内調教〜ドSな双子に弄ばれて〜

濡れちゃう社内調教〜ドSな双子に弄ばれて〜

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
「感じてるな。好きかどうかもわからない男に抱かれるっていうのに」
「やだっ! やめ、てっ……」
「従え、俺に」
言葉は乱暴なくせに、わたしに触れる手は優しくて。
婚外ラブ〜もう一度、愛されたくて〜

婚外ラブ〜もう一度、愛されたくて〜

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
妻でもない、母親でもない、一人の女として見つめて欲しくて――人気作家・逢見るいが「婚外恋愛」をテーマに描いた、ちょっとエッチな大人のラブストーリー3編。週一で逢瀬を重ねていた人妻の真奈美と大学生の晃太。もう潮時かもしれない……そんな思いが真奈美の脳裏をかすめたある日。酔っ払って朝帰りした晃太の愛撫はいつもより激しくて……「今だけは俺のものだよ、真奈美さん」真っ昼間、カーテンが開け放たれたアパートの2階、半裸の状態で窓際に立たされた真奈美は……(『どんどん溢れちゃうの』)

*本書は以下の3作品を収録した「濡れちゃう本棚」シリーズのお得な合本版です。『どんどん溢れちゃうの』『ドSな義弟と禁断プレイ』『集団痴漢で感じちゃった』

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。
背徳ラブ〜秘蜜のイケナイ関係〜

背徳ラブ〜秘蜜のイケナイ関係〜

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
こんなこと、イケナイってわかっているけど、止められないッ――人気作家・逢見るいが「背徳」をテーマに描いた切ないラブストーリー3編。
高校時代の三年間、私たちは同じクラス、同じ水泳部で、いつも一緒に笑っていた。お互い大切な存在だとわかっていたのに、それを言葉にすることなく卒業……まさか就職先で再会するなんて。運命を感じたのも束の間、彼は結婚式を間近に控えていたのだった。最後に二人だけの時間が欲しい――そんな気持ちから私たちは深夜、母校のプールに忍び込み「私、あなたのこと、ずっと……」(『先輩の婚約者とビショ濡れH』)

*本書は以下の3作品を収録した「濡れちゃう本棚」シリーズのお得な合本版です。
『先輩の婚約者とビショ濡れH』
『自動車教習所で濡れちゃった』
『ピアノ教室で濡れちゃった』

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。
夫のベッドで義父に突かれて〜奥の奥までえぐられて〜

夫のベッドで義父に突かれて〜奥の奥までえぐられて〜

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
深くて低いバリトンボイスをもつ上司に、密かに憧れを抱いていた真由。そんな上司の声に似ていると思い付き合い始めた広志は、なんと上司の息子だった。やがて、広志と結婚、かつての憧れの上司は義父になり、専業主婦になった真由だったが。ある晩、夫の出張中に義父が訪ねてきて――。
「君を見ているとゾクゾクするな」
甘く艶やかな囁き声とともに後ろから強く抱きすくめられ、昂ぶりを抑えきれなくなった真由は……
「お義父さん……ダメッ……や、あっ……あぁっン」
調教ラブ〜ドSな彼に弄ばれて〜

調教ラブ〜ドSな彼に弄ばれて〜

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
激しすぎる愛に翻弄され、胸キュン必至!! 人気作家・逢見るいが「調教」をテーマに描いたドキドキのラブストーリー2編。
大手ジュエリーメーカーに勤める里桜(りお)。本社に転勤してきた初日、取締役に挨拶にいくと、そこには忘年会で一目惚れした男性が。まさか、彼が取締役だったなんて!! そこにもう一人、彼とそっくりな男性が現れて……。取締役と工房長、タイプの違うイケメン双子から同時にアプローチされ、困惑する里桜。私が一目惚れした相手はどっちなの――!? (『濡れちゃう社内調教』)

* 本書は以下の2作品を収録した「濡れちゃう本棚」シリーズのお得な合本版です。
『濡れちゃう社内調教』
『イケメン教授のドS調教』

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。
禁断ラブ〜逃れられない愛の行方〜

禁断ラブ〜逃れられない愛の行方〜

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
弟に溺愛された姉、男子生徒に奔走される新米教師――人気作家・逢見るいが「禁断」をテーマに描いたドラマチックラブストーリー2編。
母親が再婚し、弟のレンが生まれたことが嬉しくて仕方がなかった杏子。もしかしたら、可愛がりすぎたのかもしれない。レンは大学生になった今でも、杏子から離れられずにいた。やがて、両親が旅行に行ってしまったある晩、「これで最後にする。だから姉さん、今夜だけは……」レンに耳元で囁かれ動揺する杏子。最初で最後――そう言い聞かせて二人は、越えてはいけない一線を越えようとしていた。(『禁断の姉弟愛』)

* 本書は以下の2作品を収録した「濡れちゃう本棚」シリーズのお得な合本版です。
『禁断の姉弟愛』
『濡れちゃう生徒指導室』

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。
レンタル執事の極濡サービス

レンタル執事の極濡サービス

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
「今日一日、二人でお嬢様をお世話いたします」
突然、現れたイケメン執事にかしずかれ戸惑う有香。友人に贈られた誕生日プレゼントは、なんと「レンタル執事サービス」だった。
黒塗りの車で古い洋館へ。ロマンチックな部屋に豪華な食事、さらにマッサージまでしてもらい大満足の有香だったが、彼らの手は次第に敏感な場所に伸びてきて……。
やだっ、そんなところを触られたら私――ッ!!
「お嬢様、いかがなさいましたか?」
イケメン執事二人に言葉巧みに操られた私は、いつの間にか……!
監禁エレベーターで公開絶頂〜部長と警備員の絶頂ダブル責め〜

監禁エレベーターで公開絶頂〜部長と警備員の絶頂ダブル責め〜

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
「お前の○○○○、きれいなピンクだな」
「……み、見ないでください」
恥ずかしくてたまらず、私は顔を両手で覆った。
深夜、部長と乗ったエレベーターが突然停止。緊急事態だというのに、部長が豹変! 監視カメラの前に立たされ、ストッキングを抜き取られ、アソコをねっとりと舐め上げられ……。
「イキたいなら、自分でイッてみろ」
監視カメラに興奮を掻き立てられた私は、部長に言われるまま、ぬかるみの中の小さな花芯に人差し指をあて……
電マとキュウリで責められちゃった〜イケメン配達員の淫らなサービス〜
「オナニーに使ってみたい!」とネットスーパーでこっそり電マとキュウリを注文した私。配達してくれたのは、いつものイケメン配達員、シュンだった。
「そんなもの生でアソコに入れたら不衛生だぜ」
そう言って、彼に手渡されたのはなんとコンドーム!! やだっ、バレてる〜!?
「本当は俺にして欲しいんだろう?」
部屋に乱入してきたシュンに、ストッキングで両手を縛られ、ベッドに括りつけられ、淫らなサービスが始まった。
試着室で入れられちゃった【秘書編】〜恥辱のノーパンお茶出し接待〜

試着室で入れられちゃった【秘書編】〜恥辱のノーパンお茶出し接待〜

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
人事部・桜木の命令で、今日も佳菜絵はバイブを入れたままノーパンで勤務していた。リモコンで容赦なく責められ、愛液は太ももにまで垂れてきて。
(あぁっ……バイブが、ずれてきちゃうっ!!)
お茶出しの最中、佳菜絵はなんとVIP客の前にバイブを落としてしまい……!?
大ヒット「試着室で入れられちゃった〜エッチな制服採寸〜」に続編が登場! 制服調教はさらにエスカレート!!
秘書として派遣されることになった佳菜絵に差し出されたのは、見たこともない双頭バイブだった。
複数視姦で乱れちゃった〜ハプバーで魅惑の拘束プレイ〜

複数視姦で乱れちゃった〜ハプバーで魅惑の拘束プレイ〜

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
「あぁんっ、イイィッ……、もっと奥に刺してぇッ」
初めてのハプニングバー。友人の夏凛は早くもプレイルームで見知らぬ男性とエッチしてる。いやらしく腰をくねらせている夏凛を見てたら、カラダが熱くなってきちゃった。
「夏凛ちゃんがうらやましいんでしょう? 縄でしばってあげる」
声をかけてきた長身の男性に、あっという間に手首を縛られ、ブラジャーをたくし上げられ……いつの間にか私はたくさんの男性に囲まれていた。
パソコン講師に突き上げられて〜淫らなタイピングプレイ〜

パソコン講師に突き上げられて〜淫らなタイピングプレイ〜

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
娘が幼稚園に行っている間に、パソコン教室に通い始めたわたし。年下のイケメン講師による個人授業は楽しくて。イケナイことだとわかっているのに、いつしかわたしたちは教室の死角を利用して快楽を貪るようになっていた。
「ああっ……そこ、もっとグリグリしてぇ……」
「香苗さんのここ、今日もたくさんの蜜で美味しそうですよ」
ローターでいたぶられ、チロチロと蜜を舌で絡めとられ……わたしは髪を振り乱して嬌声をあげた。
蜜約3Pカウンセリング〜イケメン院長と助手の前後W責め〜

蜜約3Pカウンセリング〜イケメン院長と助手の前後W責め〜

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
「さあ、あなたの欲望を解放しましょう」
この言葉を合図に、院長と助手の安藤さんがリクライニングチェアに縛りつけられた私に襲いかかってきた。
ワインを口移しで飲まされ、指先で乳首をひねられ、アソコに熱い舌先をねじ込まれ……
(い、いやあぁぁっ!)
上の口も下の口も男たちの唇でふさがれ、舌で吸われ、初めての快感に私は身をくねらせた。
完全予約制のクリニック。そこで密かに行われていたのは、患者の深層心理に合わせたセックスカウンセリングだった。
3本も飲み込んじゃった〜イケメン販売員と真昼のケダモノH〜

3本も飲み込んじゃった〜イケメン販売員と真昼のケダモノH〜

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
「奥さん、本当にいやらしいなぁ、こんなに溢れさせて。旦那さんとしていないんですか」
真昼間の留守宅、私はバスローブの紐で両腕を縛られ、若い化粧品販売員に弄ばれていた。
「そんなぁ……ああぁ……はぁ……ペロペロしないでぇ……」
熱くてヌメヌメした彼の舌が秘所を這いまわるたびに、私の腰は浮き上がってしまう。
「玄関ではちょっと狭いので、場所を変えませんか?」
すでに理性を失っていた私は、彼の言葉に素直に頷いていた。
淫らな深夜残業〜ドS課長のコピー機×××責め〜

淫らな深夜残業〜ドS課長のコピー機×××責め〜

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
ぎゅうぎゅう詰めのエレベーターの中、課長の手は今朝も容赦なく伸びてきて、私のお尻をぐにぐにと揉んでくる。
(誰かに見つかったらどうしよう)
私の不安などお構いなしに、課長の中指は割れ目をかき分け、“アレ”を探り当て、さらに第二関節まで……
(あっ、あっあぁ……気持ちいい……どうしよう、朝から……朝から達しちゃう)
「罰として、昼休みに、資料室で」
エレベーターが停まると、課長はそう呟きさっそうと歩きだした。
ドSな公開調教〜快感ビデオチャットプレイ〜

ドSな公開調教〜快感ビデオチャットプレイ〜

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
『かき回すように指を動かしてみて?』
深夜のビデオチャット。私はキョウ君に言われた通り、アソコに入っている自分の指を動かしてみた。グチョグチョとイヤらしい水音が聞こえてくる。
『下のクチが物足りなさそうにしてるな? 指、追加しようか?』
「や、あ……あん」
キョウ君に気に入られたい――。その一心で、いつしか私はキョウ君の言いなりになっていた。
濡れちゃうイケメン不動産〜内見中のイケナイ悪戯〜

濡れちゃうイケメン不動産〜内見中のイケナイ悪戯〜

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
「お願いっ……もうやめて……田島さんっ……」
気が付くとクローゼットの鏡には、ブラジャーをたくし上げられ、乳房を露わにした淫らな自分の姿が映っていた。
「引っ越したらこんな風に男性を招いてエッチなことをされたいって思っていたんじゃないですか」
そう言って、田島さんはあっという間にパンティをずり下ろしてしまう。
彼のごつい指でいじられ……視覚と触覚を通じ、私の中心部に強烈な快感が送こまれてきた。
濡れちゃう愛玩秘書〜大人の玩具で調教中〜

濡れちゃう愛玩秘書〜大人の玩具で調教中〜

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
「君はこういうものを、使ったことがありますか?」
そう言って面接試験の最中に見せられたのは、大人の玩具だった。「あ、あります!!」と答えた私は即採用。社長秘書として働くことになったけど、まさか新商品の感想まで求められるなんてッ!!
ズズッと侵入してきたソレに、わたしは上半身を弓なりにした。
「ちゃんと感想を言ってくれなきゃわからない。これが弱。それでこれが、中……」
やっ、もうダメッ……、これ以上、強くしないでッ――!!
拘束愛撫で濡れちゃった〜人妻×元カレ禁断エッチ〜

拘束愛撫で濡れちゃった〜人妻×元カレ禁断エッチ〜

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
「お前は昔から、こういう強引なのが好きだったもんな」
こんなに感じたのは何年ぶりだろう。
元カレとの再会。私の頭からは理性という言葉はとうに抜け落ちていた。
「あああん! 気持ちいい、気持ちいいよぉ!!」
私の腰は小刻みにグラインドし、両手は勝哉の頭をかきむしるように動かしていた。
逆マッサージされちゃった〜イケメン男性客と秘蜜の施術プレイ〜

逆マッサージされちゃった〜イケメン男性客と秘蜜の施術プレイ〜

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
マッサージの最中、ふいに男性客に太ももを掴まれてしまったセラピストの由香利。
彼の中指は容赦なく下着を分け入り、由香利の中心に触れてきた。
(あ……やぁんっ!!)
両足に力を入れて抵抗しようとするが、今度は後ろの穴を狙われてしまい……
(ダメぇ!! そこはっ……いやぁっ!!)
施術室に、くちゅっくちゅっといやらしい水音が響きわたった。
いつの間にか由香利は彼の頭を鷲掴みにし、踏ん張るようにして快楽に堪えていた。
禁断の姉弟愛〜両親に隠れて秘蜜の一夜〜

禁断の姉弟愛〜両親に隠れて秘蜜の一夜〜

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
「理性をおさえるの、いつも大変だった」両親が旅行に行ってしまったある晩、弟のレンに耳元で囁かれ、わたしの顔は一瞬で赤くなった。「これで最後にする。だから姉さん、今夜だけは俺、我慢しなくていいよね……」返事の代わりに、わたしは無言のまま、そっと目を閉じた。重なり合う唇の隙間から甘い吐息が零れて、わたしはレンの首に両手を巻きつけると、強くレンの身体を抱きしめた。最初で最後――そう言い聞かせて、私たち姉弟は、越えてはいけない一線を、越えようとしていた。
料理教室で濡れちゃった〜人気シェフと淫らな超舌プレイ〜

料理教室で濡れちゃった〜人気シェフと淫らな超舌プレイ〜

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
誰もいなくなった料理教室で二人きり。講師であり元カレでもある涼が、パンパンと打ちつけるたびに、粘膜が擦れ合う音が大きく響く。「今でも朋美が好きだ」夫がいるのに、求められれば嬉しくて。調理台に身体を押し付けられても、私は抵抗できなかった。「ふっ、はっ……ぁんっ」「朋美が零したものは、全部俺が拭ってあげる……」ふと目をやれば、溢れた液を絡めた指先を、涼が口元に運ぶところだった。
前も後ろも舐められちゃった〜ファミレス倉庫でお仕置き3P〜

前も後ろも舐められちゃった〜ファミレス倉庫でお仕置き3P〜

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
「このカラダ、店長に独り占めはさせないよ」
ファミレスでのバイト中、店長に倉庫でお仕置きされてしまった優奈。それを配送スタッフの清水に見られ、同じようにカラダを求められてしまう。
あっという間にブラウスを脱がされ、スカートの中に手を入れられ――。
「あっ、ダメっ……ソコは!」
なんと優奈は、店長に命じられノーパンで仕事をしていたのだった。
すでにグッチョリ濡れていたアソコに興奮した清水は……
濡れちゃう贈り物〜年下ドSと初めての玩具プレイ〜

濡れちゃう贈り物〜年下ドSと初めての玩具プレイ〜

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
誰かに見られたいという願望が強く、毎晩カーテンを開け放して一人慰めていたエリカ。そんなある日、ベランダから突然一人の男が現れた。
「今日からあなたのお手伝いさせていただきます」
そう言って、エリカの背後に回り足を大きく開かせる。
「ああ……ダメッ!」
男に身体を持ち上げられ、繰り返しバイブの上に落とされ……
サディスティックな行為に、これまで味わったことのない快楽を覚え、エリカの身体は悦びの悲鳴をあげた。
路地裏でされちゃった〜年下大学生と暗闇××プレイ〜

路地裏でされちゃった〜年下大学生と暗闇××プレイ〜

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
隣人の大学生、水無月が路地裏でエッチをしているのを目撃して以来、悶々とした日々を送っていた美波。そんなある晩、例の路地裏を何気なく覗いているところを水無月に見つかってしまう。
「美波さん、俺とやりたいんでしょう?」
強引に路地裏に連れ込まれ、ブロック塀に背中を押し付けられ……こんなに感じちゃうなんて、私、どうしちゃったの!?
水無月の狂おしい舌使いに、美波の頭の中は真っ白になりそうだった。
ピアノ教室で濡れちゃった〜生徒の父兄と禁断ピチャピチャ愛撫〜

ピアノ教室で濡れちゃった〜生徒の父兄と禁断ピチャピチャ愛撫〜

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
わたしは一体、教え子の父親と、教室の中で何てことをしているのだろう。そう思っても、もはや抗うことなどできなかった。
「ふふ、今日はいつもより大胆ですね、先生」
盛岡さんの指が、ツーッと撫でるように胸をつたい、腰をくすぐり、下へ下へと落ちていく。防音設備の整った個室。それをいいことにわたしは、ピアノの前で……!?
ドSな義弟と禁断プレイ〜えっ、スプーンを入れちゃうの!?〜

ドSな義弟と禁断プレイ〜えっ、スプーンを入れちゃうの!?〜

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
「待って、こんなのダメよ……、ダっ、メっ……っ」
「何がダメ? こんなに……」
そう言って響也君が、わたしの中へ……。
夫の出張中、義弟と二人きりのリビングに……。
濡れちゃうノゾキ穴〜私にも××て欲しいの〜

濡れちゃうノゾキ穴〜私にも××て欲しいの〜

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
目が慣れてくると、暗闇で行なわれている行為が、はっきり見えてきた。(……なんだかすごく気持ちよさそう)いつの間にか体の芯が……。ノゾキなんてダメだとわかっていても、もはや衝動を抑えることはできなかった。翌日、隣室に住む男からあんな要求を出されることも知らずに――。



会社案内 IR情報 株主優待 利用規約 特定商取引法 著作権について 個人情報保護ポリシー リクエスト セーフサーチ 海賊版に対する取り組みついて 漫画家募集
ABJマーク
ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp