電子書籍のレンタルサイト

Renta!

検索結果(1/1ページ)

並べ替え

作品の除外設定(設定中)
  • 指定作品の除外設定

  • セーフサーチの設定
    ※指定した作品は検索結果ページに表示されなくなります。

    • セーフサーチを設定する
  • その他

  • 作品の除外設定をとじる
形式
ジャンル
詳細ジャンル
属性ジャンル
その他ジャンル
キーワード
キャンペーン作品
メディア化作品
完結済み
出版社
さらに詳細に調べる
年代
著者
西間玲
レーベル
シリーズ
掲載誌
レンタルあり/なし
1巻目レンタル価格
1巻目購入価格
購入価格合計
囚われの無垢な乙女は絶倫野獣に恋をする【合本版】
〜こんな刺激、初めて! 官能オトナ女子ノベル〜
極上エロティック&官能ロマンスレーベル【エロティカ・ラブロ】から、豪華6篇をお贈りします!
表紙イラストを手がけるのは、超売れっ子絵師、蝶野飛沫氏。
作品のベースとなった『美女と野獣』の世界を幻想的に描いた美麗イラストと、超絶センセーショナルなエロティック短編集を、ご堪能あれ!!

『うぶなメイドは侯爵様に抗えない』『囚われの無垢な乙女は絶倫野獣に恋をする』『生真面目な先生の野獣な本性』『背徳の恋人〜極上密事レッスン〜』『鳥籠の淫執愛』『旦那様の歪んだ溺愛〜メイドは甘い愛撫に翻弄される〜』を収録。

1.『うぶなメイドは侯爵様に抗えない』
イギリスの由緒正しき侯爵邸のメイド、ローズは、侯爵様の私室でビデオテープの山を見つけた。
再生してみると…なんとそこには、普段はクールな侯爵様と女性との衝撃的なセックスシーンが!
以来、屋敷に誰もいないときを見計らってはそのビデオを見るようになったローズ。
ところがある日、突然帰宅した侯爵に見つかってしまい――?!

2.『囚われの無垢な乙女は絶倫野獣に恋をする』
囚われの身の私に野獣はいつも紳士的だった。
ある晩、うなされる野獣の声が響き、彼の寝室に飛び込むと、
野獣は透けた私のナイトドレス姿を見てうめき声をあげた。
「それを破られたくなければ、むこうを向いて膝をつけ」
恐怖に身がすくんだ。
なのに、下腹部で熱い血潮がふつふつと沸きだし、奇妙な疼きが広がる。
野獣の猛々しい愛が欲しくて――。

3.『生真面目な先生の野獣な本性』
高校時代の数学の先生、ミスター・ローレンス。
授業中、目が合うたび、いつも何かを感じていた。
高潔な先生は何もしなかったけれど、私はいつも思い描いていた。
先生が私にキスするところ。先生が私の胸を揉みしだき、いやらしいことを呟く。
もうたまらないというように乱暴に脚を開いて、私の中に入ってくるところ……。
――10年経っても色褪せないこの想いを、まさか先生も抱いてくれていたなんて。
当時の教え子に囲まれていた先生は、私を見つけるなり「失礼」と輪を抜けだし、まっすぐこちらへ歩いてきた。数十秒後。私たちは廊下の角を曲がるなり、激しく腰をぶつけ合いながら舌を絡め合っていた――。ひとりの男と女として。
蜜愛の新妻は、氷の貴公子に溺愛される【合本版】
〜こんな刺激、初めて! 官能オトナ女子ノベル〜
極上エロティック&官能ロマンスレーベル【エロティカ・ラブロ】からお贈りするのは、超絶センセーショナル・エロティック短編!
『3人の男爵の甘すぎる誘惑〜強引な手ほどきに酔わされて〜』『絶倫御曹司は幼妻を溺愛したい』『蜜愛の新妻は、氷の貴公子に溺愛される』の傑作3編を収録。


『3人の男爵の甘すぎる誘惑〜強引な手ほどきに酔わされて〜』
彼女が迷い込んだその家には、3人の男爵が世を倦んで暮らしていた。
だがその朝3人はちょうど森へ散歩に出かけており、家はもぬけの殻……。
彼女は家の奥に寝室を見つけ、男らしい香りが染みついた枕に顔を埋めると、眠りに落ちた。
目覚めたとき、3人の逞しい男たちに顔を覗き込まれていた。
「もしやこの女が……?」「そうだ、そうに違いない」「伯爵もなかなか乙な贈り物を」
3人は彼女の服を玉葱の皮でも剥ぐかのようにむしり取ると、さっさと裸で仰向けになり、
屹立したモノの上に彼女をのせた。「な、何をするの! こんなの……か、硬すぎるわ!」
もう1人が彼女の前にまわり、口を開かせる。「こ、これはまだ柔らかすぎるわ……」
そして3人目が後ろから貫く。彼女は喘いだ。「あん、いい……。これは、ちょうどいいわ」


『絶倫御曹司は幼妻を溺愛したい』
リリー・サンドリッジは、夫亡き後、数々の愛人と浮き名を流す美貌の公爵未亡人。
ある日、彼女のもとを1人の青年が訪れる。名前はアーサー。
彼はうやうやしく名刺を差し出すと、仰天の申し出をした。
「僕にセックスを教えてほしいんです」
リリーが一笑に付すと、彼は真剣な面持ちで言った。
「僕はいずれ妻を娶らなければいけない。けれど僕のモノは大きすぎて、きっと新妻を驚かせてしまう――
処女を怖がらせることなく愛し合う方法を、僕に伝授してほしいのです」
リリーは言葉を失った。はじめは、それほどまでの彼の持ち物について。
そして無垢な青年の、未来の妻への優しさに。気がつくとリリーは頷いていた。
乙女が、初夜の恍惚のなか、もう夫なしでは生きていけないと思うほどの技量を彼に授けよう。
その代わり、私は若くみずみずしくそそり立つモノから溢れる樹液を、
一滴残らず搾りとり、味わいたい。口でも、身体の奥深くでも……。

『蜜愛の新妻は、氷の貴公子に溺愛される』
がっしりとした体躯に厳めしい顔つきをしたチャールズ・アトウッド卿と、黒髪の美しいレディ・イモージェン。
ひと目で激しく惹かれ合ったふたりは新婚2カ月。毎夜飽くことなく互いを貪り合っていた。
ところがある日、アレックスという美青年の出現にチャールズは顔色を変える。
愛する夫の異変を瞬時に察知したイモージェンが彼を問いただすと、衝撃の告白が――。
なんとふたりは、結婚前まで愛人関係にあったというではないか!
人目を忍んで男同士の愛欲に溺れ、ときには女性をベッドで共有することもあったという。
妻の愛を失うのではないかと恐れるチャールズに、イモージェンは瞳を妖しく濡らして意外な提案をした。
「あなたとアレックスで、わたくしを共有してください」
小悪魔OLはエリートCEOに執着されています【合本版】
過激な極上エロティック・ロマンス【エロティカ・ラブロ】
選りすぐりの傑作5話を収録!
「小悪魔OLはエリートCEOに執着されています」
「クールなイケメンは豹変して過激な愛を囁く」
「妄想が現実になって淫らに溺愛されています」
「ドSな極上イケメンたちに愛される不埒な秘蜜の夜」
「フェロモンイケメンの隠しきれない淫らな本性」

私だけの淫らな秘密の時間――
えっ? まさか彼に全部聞かれてしまった……?!

「小悪魔OLはエリートCEOに執着されています」
ザーラは社内でプレゼンがうまいと評判だった。
堅物のお偉方を前にしたら誰だって畏縮しそうなものだけど、ザーラは違う。プレゼン30分前になると、ザーラは社屋の4階にある誰も使わない化粧室に入り、鍵をかける。
大きな鏡に映る自身の目をまっすぐに見つめながら、ブラウスのボタンを外していく。オカズは会議室のCEOや取引先の男たち。バイブをあてがい、卑猥なショーを披露するザーラを、彼らは股間をぱんぱんに膨らませながら見ている――そんな妄想の中で彼女は達する。オーガズムという強力なドーピングは、プレゼンを成功させるための秘密の儀式なのだ。
頬の火照りや、にじみ出る“満たされオーラ”が消えないうちに会議室に行かなきゃ――ところがザーラは、化粧室を飛び出したところで見も知らぬ男性とぶつかってしまう。
まさかこの人、ずっとここにいたの……? わたしの声を、聞いていた……?

「クールなイケメンは豹変して過激な愛を囁く」
その日、私は同僚2人と仕事帰りにバーにいた。1人は饒舌なジョンソン、もう1人はほとんど口をきいたことのない、マイケル。そろそろ帰ろうかというとき、そのマイケルが突然私に耳打ちした。
「このあと一緒に来たら、きみのあそこを舐めて死ぬほどイカせてやるよ」
えっ? いまなんて言ったの? なんて訊くまでもない。彼はたしかにそう言った。ジョンソンがまた明日な、と帰っていき、私は……マイケルの自宅へ向かった。もし彼が変質者だったら? 頭は警告を発しているのに、脚の間はびしょびしょだった。
そして彼の家に脚を踏み入れた瞬間、私は廊下でスカートを脱がされた。
彼がひざまずく。こんな展開にまったく備えていなかった綿のパンティを下ろされる。そして私の脚を開くと、彼は顔を埋めた。ずっと前から私たちがこうしているかのように。

「妄想が現実になって淫らに溺愛されています」
お堅いエマは3年越しの恋人にフラれ、ゲイの友人たちに慰められていた。ワイルドで熱いセックスをすれば彼のことなど簡単に忘れられる、とけしかけてくる。
「一体誰とどうやってそんなセックスをするっていうのよ?」
すると彼らはニヤリと笑みを交わし、こう提案した。
「本当はしてみたいと思ってたワイルドなプレイを3つ書き出してみて。それを全部叶えてあげる!」
憤慨したふりをして一蹴したエマだったが、以来、その申し出が頭を離れない。
ある晩、彼女はついにペンを取った。
1. 手錠と目隠しをしたまま、見ず知らずの男に犯されたい。
2. レズプレイをしてみたい。
3. 一度に2人の男としたい。1人にまたがりながら、もう1人にはお尻を……。

「ドSな極上イケメンたちに愛される不埒な秘蜜の夜」
毎週水曜の夜。それはフレイヤたち“プレイメイト”の約束の日。
セクシーなイケメン同僚、ソールとジェイソンと3人で、水曜の夜になると、それぞれの淫らなアイディアを持ち寄り、役になりきって互いの秘密の願望を叶えてやる。
きょうのフレイヤは、地下室のワイン倉庫に監禁されたOL。
同僚のソールに仕事のミスという弱みを握られ、椅子に縛りつけられたまま、ワンピースを引き裂かれ、彼に陵辱の限りを尽くされるという役どころだ。
ところがその夜、事態は予定されていた筋書きとは違う展開を見せた。
撮影に徹するはずだったジェイソンが、突如割り込んでくると、彼女を四つん這いにして後ろから犯し、ソールには前を攻めろと言い……?!

「フェロモンイケメンの隠しきれない淫らな本性」
ギャビーはジムのパーソナル・トレーナー。日毎、よだれが出そうなカラダをした男たちが彼女のプログラムを受けにやってくる。
ギャビーの指示や叱咤に、まるで忠実な僕のように従いながら、マシンの上を走り、ウェイトを上げ、汗と男性ホルモンを彼女に振りかけるのだ。トムは最近ジムに入会したばかりの新顔で、ことごとくギャビーのタイプだった。たくましいカラダは言うまでもなく、女のアソコを貪るためにあるような、あの唇。
ある晩ギャビーはなかなか寝つけず、借りっぱなしになっていた本を開いた。
でも、どうしてもトムの裸を思い浮かべてしまい……ふと気づくと、真っ赤なポルシェの上に仰向けになっていた。脚の間で唇と舌とをいやらしく使い、彼女のアソコを貪っているのは……トム?!
3人の男爵の甘すぎる誘惑〜強引な手ほどきに酔わされて〜【合本版】
〜こんな刺激、初めて! 官能オトナ女子ノベル〜
極上エロティック&官能ロマンスレーベル【エロティカ・ラブロ】からお贈りするのは、
超絶センセーショナル・エロティック短編! 『3人の男爵の甘すぎる誘惑〜強引な手ほどきに酔わされて〜』『蜜愛の新妻は、氷の貴公子に溺愛される』『いけない舞踏会〜秘蜜の恋人は愛撫の手を止めない〜』の傑作3編を収録。

1.『3人の男爵の甘すぎる誘惑〜強引な手ほどきに酔わされて〜』
彼女が迷い込んだその家には、3人の男爵が世を倦んで暮らしていた。
だがその朝3人はちょうど森へ散歩に出かけており、家はもぬけの殻……。
おとぎばなしに語られているとおり、彼女は家の奥に寝室を見つけ、
男らしい香りが染みついた枕に顔を埋めると、眠りに落ちた。
目覚めたとき、彼女は3人の逞しい男たちに顔を覗き込まれていた。
「もしやこの女が……?」「そうだ、そうに違いない」「伯爵もなかなか乙な贈り物を」
3人は彼女の服を玉葱の皮でも剥ぐかのようにむしり取ると、さっさと裸で仰向けになり、
屹立したモノの上に彼女をのせた。「な、何をするの! こんなの……か、硬すぎるわ!」
もう1人が彼女の前にまわり、口を開かせる。「こ、これはまだ柔らかすぎるわ……」
そして3人目が後ろから貫く。彼女は喘いだ。「あん、いい……。これは、ちょうどいいわ」

2.『蜜愛の新妻は、氷の貴公子に溺愛される』
がっしりとした体躯に厳めしい顔つきをしたチャールズ・アトウッド卿と、黒髪の美しいレディ・イモージェン。
ひと目で激しく惹かれ合ったふたりは新婚2カ月だが、毎夜飽くことなく互いを貪り合っていた。そんなある日、アレックス・ランバートという痩躯の美しい青年の出現にチャールズは顔色を変える。愛する夫の異変を瞬時に察知したイモージェンは彼を問いただし、結婚前までふたりが愛人関係にあったという衝撃の告白を受けた。人目を忍んで男同士の愛欲に溺れ、ときには女性をベッドで共有することもあったという。妻の愛を失うのではないかと恐れるチャールズに、イモージェンは瞳を妖しく濡らして意外な提案をした。「あなたとアレックスで、わたくしを共有してください」

3.『いけない舞踏会〜秘蜜の恋人は愛撫の手を止めない〜』
若き伯爵未亡人アナ・フォン・エスリンは、ここ2年ほど独り寝をかこつ暮らしだった。
まさに熟れた果実ともいうべき身体をもてあましているのは、
ひとえにジェームズ・マッキアナンという憎らしい男のせいだ。
爵位も持たないくせに、科学技術者としてのし上がり、王室からも一目置かれる男。
彼は本気でアナを妻にと望み、舞踏会で、晩餐会で、彼女と顔を合わせる度に、
誘惑の触手で絡めとろうとする。二人の身分差などおかまいなしに。
そんな彼の傲慢さがいやでたまらないのに、ほかの男では満足できない。
悶々とするアナに、いとこのロバートが“君がいちばん欲しがっているもの”を贈ってくれた。
それは究極の愛の技巧を持った“理想の愛人”――。
ただし、目隠しをしていなければ会えない、謎の愛人だった。
スター作家傑作選〜甘やかな白昼夢〜
『ヴァージン卒業宣言』
十代の頃から病弱な母の介護に明け暮れたウエイトレスのメリリー。気づけば同世代の皆が恋に結婚にと忙しい中、いまだ男性経験すらない。メリリーは意を決し、前から気になっていたセクシーな客ブリックに“初めての相手”を頼む。すると彼は一晩考えた末……。

『身も心も』
アンジェリーナは天涯孤独の身となり、寄宿学校へと送られて教育を受けた。アレクサンダー・セントクレア――第9代スタワーブリッジ公爵の計らいのおかげだ。3年後、彼女はロンドン随一の高級住宅街にある公爵の屋敷を訪れた。恩に報いて身を捧げるために。

『海賊に贈られた花嫁』
ガートルードは修道院から海賊船へ差し出された。船長の求める役目を果たすために。湯浴み中の船長に裸を誇示され、彼女は叫んだ。「ああ、神様!」船長が不敵に告げる。「海賊は奪う。持ち腐れの宝を狙う。優秀な海賊は、何一つ返さない――おまえを帰さない」

『過激な寵愛』
古代ローマ時代――奴隷小屋で競りに出された私は、堂々たる体躯の裕福な商人に買われ、彼の屋敷で働くことになった。夜、ご主人様が私の粗末な寝床に現れ、容赦ない歓びを与えてくださった。そこから、奴隷としての“お勤め”を待ちわびる日々が始まった――
シークレット・ラブ 夜に焦がれる恋人たち
息が止まりそうなほど、あなたの熱い肌に甘く溶けていた――大人が艶めく、6つのべッドタイムストーリー

弁護士のソニアの新たなクライアントは大手企業の御曹司。知的なまなざしと抗いがたい彼の魅力に胸をざわめかせながらある事業の視察に同行すると、そこはすべての欲望と快楽を満たすという魅惑の場所で─『妄想レストラン』。女性考古学者が発掘現場で体験した、熱く幻想的な一夜『博士の欲望』、秘密が招く甘くて危険な罰『濡れた手錠』ほか、6篇の刺激的な恋を描いた極上アンソロジー。



会社案内 IR情報 株主優待 利用規約 特定商取引法 著作権について 個人情報保護ポリシー リクエスト セーフサーチ 海賊版に対する取り組みついて 漫画家募集
ABJマーク
ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp