• 検索
  • ポイント購入
  • ご利用方法
  • 初めての方へ
  • ギフトコード
  • お知らせ
  • スタンプ
  • ログイン
  • 無料会員登録

年齢確認

18歳未満の方はご利用いただけません。あなたは18歳以上ですか?
はい
いいえ
検索結果
作品の除外設定(設定中)
絞り込み
形式
ジャンル
詳細ジャンル
属性ジャンル
その他ジャンル
キーワード
キャンペーン作品
メディア化作品
完結済み
出版社
さらに詳細に調べる
年代
著者
菜波
レーベル
シリーズ
掲載誌
レンタルあり/なし
1巻目レンタル価格
1巻目購入価格
購入価格合計

検索結果(1/4)

表示設定アイコン
淫らな女体は夜の呪術〜女体化魔道士は戻れない〜

淫らな女体は夜の呪術〜女体化魔道士は戻れない〜

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
「間に合った……」
窓から射し込む夕焼けが、闇を含んで夜へと塗り替えられようとしていて……その気配をひしひしと己が身に感じて、私はその場にしゃがみ込みこんだ。
自身を抱いてほんの数分……銀の髪色と肩ほどの長さや薄紅の虹彩はそのままに、私は変わってしまう。
ついさっきまでの、本来の性別の私はいなくなる。
そこにいるのは「女」へと変わってしまった「男(私)」だ。

日が昇り朝が来るまで、私は──……

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。
兄だけど義妹、背徳は愛〜不安定に劣情〜

兄だけど義妹、背徳は愛〜不安定に劣情〜

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
伯爵家二男メルヴィンは家を出て冒険者をしていたが後継者である兄、アルヴァルが危篤だと、連れ戻された。だが「危篤」というのはある意味では嘘で、ある程度は真実であった。帰り着いた頃には生命の危機から逃れていたアルヴァルだが、どういうわけかメルヴィンへと継承権を置き換えると言う。意味がわからずメルヴィンは兄を見舞う。
そこには奇病により性別が変わってしまった兄。
「……勃起もんじゃねーか……ッ」
呆然としながらもメルヴィンがこぼしたひと言がこれであった。

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。
獣と交わる発情魔力 〜狼獣人と女体化狩人(ハンター)

獣と交わる発情魔力 〜狼獣人と女体化狩人(ハンター)

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
「リオ、俺と番って」
予想していた懇願だが、オレは困ったように微笑った。子を成して群れを作りたいのならばオレではできないだろう。オレを見下ろしていた青い瞳が白く光った。
狼獣人は発情期を迎えて魔獣人化して魔力を得る。あえて魔法を受けながら「なるほど」とオレはうなずいた。
「ノラン……おまえ、獣人だと思ってたけど……」
そう言った時にはもう、オレの声は、肉体は、かわっていた。
男から女へと。

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。
女体化エルフは馴染んでしまう

女体化エルフは馴染んでしまう

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
今しがた、店に入ってきたのは屈強な冒険者の男三人と、その腕の中で大事そうに横抱きにされている意識のない褐色肌のエルフ美少女だった。
俺はうちの宿を利用している唯一の宿泊客を思い浮かべる。砂漠出身と言っていたそのエルフの肌は確かに褐色で、冒険者登録をしている魔道士だったが……一八歳ぐらいの美青年だったはず……

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。
深き魔が時、密夜の伽

深き魔が時、密夜の伽

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
「……お戯れを……」
「戯れなんかじゃない、本気……なんだ」
投げられるターコイズブルーの瞳の奥に、誘惑(テンプテーション)の魔力が潜んで瞬く。
天蓋付きのベッドの上に押し倒され、切なげな眼差しを向けられせまられていても、誘惑に傾く欲望のままに動くわけにはいかなかった。
相手は王子殿下だ。ある種の情を持っていたとしても、呪いか契約か、内側に魔女を宿しているとしても……

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。
女体化剣士をダメにする。

女体化剣士をダメにする。

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
自分の声に聞こえない声で幼なじみへと叫び、再び迫りくる触手と俺は対峙する。
遠くに、転がっている俺の長剣が見える。それさえ……!
拾えれば……と動くも、どうにも上手くいかなかった。
体のサイズが本当の俺と違いすぎるからか、上手く体が動かない。あと、やたらと揺れる胸が……おっぱいが邪魔だし!
触手が、俺を再びからめ取る。俺の体を女にしてどうするつもりなのか。
いや、愚問だ。古来から触手のすることは決まっているのだから。

捕まえた人間に、ドスケベなことをする!

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。
今、恋に気づいた 〜BLショートストーリー集〜

今、恋に気づいた 〜BLショートストーリー集〜

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
真夜中、ひとり暮らしの部屋まで押しかけ、ドアを叩いてオレを起こしたのは……通う大学は違えど高校は同じだった俊彦だ。
こうしてやって来る時のこいつは、必ずと言っていいほど酔っ払っている。

1 今、恋に気づいた
2 夕餉のお誘い
3 だからまた酔いつぶれる
4 雨に濡れる

恋愛未満、友情以上
誰かと誰かの、小さな小さな物語(ストーリー)

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。
オレの知らない深夜の姉と

オレの知らない深夜の姉と

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
深夜、帰宅するとリビングで寝てしまった姉が。
「姉ちゃーん、末莉姉ちゃーん? 起きないよなぁ?」
一度寝入ると呼んでも揺すってもなかなか起きないのが仁山家の血筋。無論、オレもそれは同じだが、今の姉ちゃんは特に何をしても起きそうにない気がした。
じっくりと姉の寝姿を眺めるなんて、どうかしている。わかっていながらやめられないのは、オレが重度の姉(シスター)コンプレックスだからだろう。
オレの手は寝息に揺れている胸をわし掴んでいた。

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。
女体化魔王と色欲の夜を

女体化魔王と色欲の夜を

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
代々が聖騎士の家系でありながら反発し、そうならなかった元冒険者のバーテンダー・メルは、出てきた娼館の前で世界の魔王がひとり、色欲の魔兎ルグールクと出会う。
人間にしては生命力が強すぎるといちゃもんをつけられ、それはそうとお持ち帰り。
メルの精気を吸収した魔王は美少年から美少女へと性別を変える。
太古の英雄によって封印されている魔王の力が、メルによって解かれるが……?

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。
運命の歯車は恋と本能〜白虎獣人と女体化魔女〜

運命の歯車は恋と本能〜白虎獣人と女体化魔女〜

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
白虎獣人ルウガは幼い頃に両親を亡くし魔女に引き取られた。現代で人の姿を取り暮らしていたが育ての魔女と似た気配を感知し、異形に襲われていた男、真木ハルカを救う。彼は魔女と淫魔の間の子で、ルウガに運命を感じて美少女へと変わる。魔女の素質に覚醒めたハルカに獣欲を叩き起こされたルウガは……

恋(うんめい)の歯車は、噛み合いはじめていた。

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。
夜も遊べば恋となる〜夜這いの予約は明るいうちに〜

夜も遊べば恋となる〜夜這いの予約は明るいうちに〜

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
「……こういう娯楽のない場所では、夜這いが娯楽だなんてよく言うけど……」
まさか本当に夜這いを仕掛けてくるとは。しかも初日から。
どうしたものか。迎撃するのは簡単だ、入り口に魔法で死なない程度の罠でも仕掛けておけばいい。
しかしどうしたことか。唯一の娯楽かもしれない夜這いに、僕の心は躍っていたりする。
ここは「わからせて」あげたほうが良いのか、あえて「わからせ」られるのも一興か。
「どうしようかなぁ、女の子役はしたことないのに……」

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。
いずれ思い出は遠い彼方へと〜BLショートストーリー集〜

いずれ思い出は遠い彼方へと〜BLショートストーリー集〜

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
止まっていた俺の時間がやっとで動き出した。
だけど、とても緩慢に。
ふと現実を見やって、過去の失意から這い上がって未来(さき)へ進まなければならないと思い立つのに……
◇1 いずれ思い出は遠い彼方(かなた)へと

眼差しの先にあったのは、いつだって俺ではない。
そしてあの瞳はもう戻らない。曇った双眸にさえ、俺を簡単には映してくれない。
◇2 残像


◇3 プリムラ……運命を開く
◇4 酒乱
◇5 コタツの攻防

BLショートストーリー集

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。
猫と恋する睡眠姦

猫と恋する睡眠姦

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
山賊殺しの異名を持つ戦士、アーザレアに山賊から助けられた獣人猫族のナズナ。
鬼のような迫力で戦う彼に最初は恐怖したものの、後に向けられた笑顔のギャップに抱かれたいと浮かべる。ナズナは『発情』の衝動を自覚し、猫族が成獣の姿へと変わる条件である『恋』をした。
離れたくない離れたくない一心で半ば強引にアーザレアについて行き、上手く彼をサポートすることで『相方』であると認めてもらうが『発情期』を迎えてしまった獣が、その衝動を抑えて乗り切ることは難しく…

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。
嫁入り狐神〜約束のための女体変化

嫁入り狐神〜約束のための女体変化

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
忘れられていた狐神は迷い込んだ幼児の願いを受諾した。三十路となった男の元に現れたのは、美少女と見まがう真っ白なショタ狐。
「オレは嫁だから、スケベしたっていいんだぜ?」
神様、男じゃん…? と困惑している内にショタはロリ巨乳な狐耳娘に変わって誘う。
触れた感触はれっきとした現実だというのに、視覚が二次元めいていて…

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。
背徳の罪に巻かれ〜壊れて甘く満たされて〜

背徳の罪に巻かれ〜壊れて甘く満たされて〜

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
湿原一帯を領地とする伯爵家。嫡子であるエーリカは厳しすぎる後継者教育によって心をすり減らしていた。父の期待に応えなければとあせる反面、厳しく冷たい父親へと特別な感情を抱いてもいた。
そんな中、魔道士である叔父が帰還するが、一六歳となり成人の年齢となったエーリカは、さらに厳しさが増す後継者教育に不安を抱きながらも成人の儀式へと赴く。
だが大聖堂へと着くこともなく、エーリカは領主を恨む何者かに拐かされ、禁制品である媚薬によってメスへと堕ちて……

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。
恋にも等しくとても愛しい〜銀狼族と砂エルフの雪国暮らし〜
砂エルフのラルディと銀狼族のカミールが出会ったのは八年前。死に際であったカミールの父親に子供だったカミールを託される。最後に抱かせて欲しいという願いを聞き入れるが、ラルディは初めて本気の恋を死にゆく父親に抱いてしまう。
やがて父親そっくりに育つカミールは国に定められた成人の年齢、一六歳を迎えて獣人特有の発情期を迎える。
求愛行動として夜毎ラルディに半端な夜這いを仕掛けるが、寝たふりをしてやり過ごすラルディだが…

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。
花は清楚に可憐に淫らに

花は清楚に可憐に淫らに

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
下級貴族アルメレク家の兄弟レオンとジャスリン。亡き父親に性的調教を受けてきたふたりは肉体の快楽に悩まされていた。

レオンは父が所有していた男娼館の存在を知りその権利を家督と同時に受け継ぎ、雇われ経営者であるヒューバートに男娼の仕事を教えてほしいと願い出る。
成人の年齢を迎えたジャスリンは、誰でもいいという気持ちでフットマンの青年フェルカを誘い身体を許す。
性交の中に感情の伴った甘美を見つけるふたりは……

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。
王子と騎士〜因果陵辱〜

王子と騎士〜因果陵辱〜

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
羞恥が騎士の胸中を沸かせた。
視線をさまよわせた先にあったベッドの上、まだ眠っている従弟であり護るべき対象である王子を見つけて。
「こ……殺せっ! これ以上、僕を辱めるぐらいなら、いっそ……!」
王子の騎士として、従兄として、ラナにはそのような姿を見られたくはない。過去を思い出しても、『女』とされた自分の存在は果てしなくみじめであるというのに、護らねばならないはずの王子の目にメスの痴態をさらすなど、情けなさに死を選ぶしかない。

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。
弟みたいな仲間相手にオレがメス堕ちするわけがない!〜魔法戦士は快楽主義〜
たとえ眠っていたとしても、意識を半分起こしておくのが冒険者としては当然で。こうした野宿とくれば見張りを置いているとしても、いつもでも不穏な気配に対処できるようにしておくのが常識というものだ。
よって、仲間ふたりが、どういうつもりなのか性的興奮を剥き出しにしてこちらへ向けていることを……凄腕魔法戦士の一族として世界に知られている『砂漠の薔薇』たるオレが、気がつかないはずがないのだ。

……に、しても。こんな場所でよくもまぁ、そんな気になれるもんだな。

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。
彩の月が終わるまで〜月華蜜恋〜

彩の月が終わるまで〜月華蜜恋〜

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
収穫祭前の葉落ちの月、ネリネはずっと体の関係を持っていた長兄に貴族令嬢との婚姻が決まったことを理由に終わりを告げられる。
兄の下で働いていたネリネは傷つきながらも用心棒の仕事を続けていたが、観光に訪れていた貴族画家に、一番親しい友人にも見せたことのない泣き顔を、無意識に流していた涙を見られてしまう。
捨てられたことに傷ついたまま、兄との密事を忘れられず、ネリネは寂しさを自覚して画家と友人に身を預け……

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。
BLOOD×INTRUDER 〜密夜の贄〜

BLOOD×INTRUDER 〜密夜の贄〜

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
少年の唇が微笑む。
そこから覗いた尖った犬歯が鋭利な輝きを放つが、それはすぐに青年の首筋へと埋め込まれた。
熱い痛みに青年の表情がしかめられる。だがその次に流れ込んだのは、内側から支配する恍惚だった。
理性が、黒い瞳から消えていく。煤色だった左目が黒へと染まった。
魔法を消し去る破術の瞳が失われていく。劣情の燃え上がりを消し去ることができないのは、体内に流し込まれたそれが魔法ではないからだ──吸血鬼(ヴァンパイア)の種。

人間(ひと)を吸血鬼の贄(にえ)へと変えるための、呪いだ。

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。
魔女と試練と使い魔と

魔女と試練と使い魔と

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
平日はリーマン、時々魔女。女装すると魔力が備わる特殊な男の娘魔女。魔女の試練で処女喪失しなければならなくて…

二十歳の時にこの難問を出されてはや五年、いくら僕が男の娘と呼ばれるぐらいに男っぽさが欠片もないとはいえ、性癖はあくまでノーマルなのである。こればかりは母さんの期待に応えてあげることはできない。
…この夜はまだ、そう思っていた。

なのに、飲みに行った仕事帰り、酔ってつぶれた後輩に処女を奪われた。その後に召喚した使い魔がなぜかその後輩で…?

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。
魔法ギルド自由恋愛模様〜特別な気持ちをまだ知らない〜

魔法ギルド自由恋愛模様〜特別な気持ちをまだ知らない〜

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
「だってひとり寝は趣味じゃないもん。なのに今夜は、お相手に恵まれなかったわけ。だから……いいでしょ? ルリ」
普段の室長代理ではなくボクの愛称で呼ぶのは……合図だ。
「はい……ジャレットさん」

魔法陣以外の楽しみを、ボクは知らなかった。肉体の快楽を教えてくれたのは、彼だ。
求められるのが嬉しい。甘美を味わうことが、楽しい。断ることなんてできない。抱かれ、繋がり、性交によって快楽を得ることが…今のボクにとって唯一の、魔法陣以外の楽しいことなのだから──……

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。
深淵の魔女は魔力の糸に繋がれて

深淵の魔女は魔力の糸に繋がれて

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
「繋がりましょう、魔力(うんめい)の糸で……──」
おとなびた声と口調でツタバに囁き、跪いた。その契約はまるで……魔女である彼女がツタバへと「服従」を誓ったかのように見えるが……。
「末永く、死が私たちが別(わか)つまで──……」
こちらへと魔女が唇を落とす。だがオレへのキスは脛ではなかった。さらに下、足の甲へと落とされた。それではまるでオレへと「隷属」する誓いのようであった。

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。
王子殿下を護衛します〜メイドに扮するは一族の伝統? そんな伝統とっとと廃止してしまえ!〜
王国に仕える隠密衆、トガクレ一族。修行を明けたオレは、第六王子殿下の護衛を仰せつかった。女装でメイドの格好で。
砂糖菓子のような甘い美形である王子だが、なぜかこの人、オレにだけセクハラとかしてくるんですけど!? 危機的状況でもおかまいなしに!
「あぶない!」
と叫び終わらぬ内に、背後をひと蹴り!
「……まさか護衛対象である王子を蹴っぽるとはな」
スカートの中に頭を突っ込んで人の尻に顔を埋めてきた王子が悪い! とは声を大きくしては言えないが、生きているのだから結果オーライ!

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。
下着ドロからはじまった

下着ドロからはじまった

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
この高鳴る鼓動はときめきなんて甘いものではない。なぜなら
「逃がすかぁあぁッ! この、下着泥棒がぁあぁッ!」
握った拳に憤怒を乗せ、叫んだ勢いのままに突き出したそれは、美青年のみぞおちに見事キレイに決まる!
前のめりにお腹を押さえてうずくまる彼だったが、その細い肩からすべり落ちそうになっているパーカーから、チラリと覗いた肩紐がふと気になる。
「何でおまえが私のブラしとるんじゃあぁぁあぁぁッ!」

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。
兄貴の描いた願望にアテられました。

兄貴の描いた願望にアテられました。

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
兄貴の漫画のアシスタントをすることになったはいいが「……何を見ても、ツッコミは無しの方向で……よろしく」との念押し。気圧されオレは思わず頷いたが、送られてきた原稿データにひと通り目を通したところで、いつもの男性向けのものではないと気付いて俺は驚愕した。
「……びーえる……だ。コレ……」
美女、美少女がメインのエロエロの男性向けを描いていたはずの兄貴が、いつの間にボーイズラブの世界に足を突っ込んでいたのかなんて……。
しかもそれらは俺への願望で?

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。
雪に誘い夜に失せて

雪に誘い夜に失せて

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
平野彦一は幕府の同心であったが、ある日ふらりと出奔する。流浪の身となり立ち寄った村で、火の玉が飛ぶという社殿へひとり立ち寄った。
そこで彦一は二匹の霊狐と出会う。金色の毛並みを持つおぼろと、弟である白銀の毛並みを持ったほむら。
「儂らは神域を護る狐にすぎませぬ。此処はまさしく夢と現の狭間に在る、儂ら狐の領域です」霊狐の領域に連れてこられた彦一は、甘く饗され劣情のままに二匹を抱く。快楽の中で親友の優吾と、遊里へと売られた晴という幼馴染みを浮かべるが…

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。
オカルト趣味な幼馴染みとのアレ的スポット〜キメられた、深夜〜
オカルト大好きな幼馴染みに誘われたのはかなり遅い初詣。しかし行き先は、廃墟と化した小さな神社。
ご利益は縁結びだと言う。今の雰囲気では縁を結ぶどころか無条件で縁をぶった切られてしまいそうなのだが。しかし『縁結び』と聞いてオレは、ちくりと胸に小さな痛みを感じた。
好きな相手がいるくせに、どうしてオレを誘ったんだ? 自分の気持ちもわからないのに腹が立ち、気が付けばオレは彼女を押し倒していた。
なのにこいつ……全然危機感ないんですけど!?

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。
あの冬から待つ

あの冬から待つ

無料サンプル 内容紹介
漫画
幼馴染みで親友同士の二人は社会人になっても変わらない関係を装っていたが、二人にはふとしたことで高校生の頃にこじれてしまったことがあった。
最後の冬休み直前、放課後の教室で、豊は親友の弘明にレイプされた。
「ごめん、忘れて」と切りだされ、豊は何故かそれを承諾した。
記憶を隅に追いやり、忘れたふりをして過ごしていたが、あることをきっかけに豊はあの時の冬を思い出す。