電子書籍のレンタルサイト

Renta!

検索結果(1/1ページ)

並べ替え

作品の除外設定(設定中)
  • 指定作品の除外設定

  • セーフサーチの設定
    ※指定した作品は検索結果ページに表示されなくなります。

    • セーフサーチを設定する
  • その他

  • 作品の除外設定をとじる
形式
ジャンル
詳細ジャンル
属性ジャンル
その他ジャンル
キーワード
キャンペーン作品
メディア化作品
完結済み
出版社
さらに詳細に調べる
年代
著者
ポーシャ・ダ・コスタ
レーベル
シリーズ
掲載誌
レンタルあり/なし
1巻目レンタル価格
1巻目購入価格
購入価格合計
囚われの無垢な乙女は絶倫野獣に恋をする【合本版】
〜こんな刺激、初めて! 官能オトナ女子ノベル〜
極上エロティック&官能ロマンスレーベル【エロティカ・ラブロ】から、豪華6篇をお贈りします!
表紙イラストを手がけるのは、超売れっ子絵師、蝶野飛沫氏。
作品のベースとなった『美女と野獣』の世界を幻想的に描いた美麗イラストと、超絶センセーショナルなエロティック短編集を、ご堪能あれ!!

『うぶなメイドは侯爵様に抗えない』『囚われの無垢な乙女は絶倫野獣に恋をする』『生真面目な先生の野獣な本性』『背徳の恋人〜極上密事レッスン〜』『鳥籠の淫執愛』『旦那様の歪んだ溺愛〜メイドは甘い愛撫に翻弄される〜』を収録。

1.『うぶなメイドは侯爵様に抗えない』
イギリスの由緒正しき侯爵邸のメイド、ローズは、侯爵様の私室でビデオテープの山を見つけた。
再生してみると…なんとそこには、普段はクールな侯爵様と女性との衝撃的なセックスシーンが!
以来、屋敷に誰もいないときを見計らってはそのビデオを見るようになったローズ。
ところがある日、突然帰宅した侯爵に見つかってしまい――?!

2.『囚われの無垢な乙女は絶倫野獣に恋をする』
囚われの身の私に野獣はいつも紳士的だった。
ある晩、うなされる野獣の声が響き、彼の寝室に飛び込むと、
野獣は透けた私のナイトドレス姿を見てうめき声をあげた。
「それを破られたくなければ、むこうを向いて膝をつけ」
恐怖に身がすくんだ。
なのに、下腹部で熱い血潮がふつふつと沸きだし、奇妙な疼きが広がる。
野獣の猛々しい愛が欲しくて――。

3.『生真面目な先生の野獣な本性』
高校時代の数学の先生、ミスター・ローレンス。
授業中、目が合うたび、いつも何かを感じていた。
高潔な先生は何もしなかったけれど、私はいつも思い描いていた。
先生が私にキスするところ。先生が私の胸を揉みしだき、いやらしいことを呟く。
もうたまらないというように乱暴に脚を開いて、私の中に入ってくるところ……。
――10年経っても色褪せないこの想いを、まさか先生も抱いてくれていたなんて。
当時の教え子に囲まれていた先生は、私を見つけるなり「失礼」と輪を抜けだし、まっすぐこちらへ歩いてきた。数十秒後。私たちは廊下の角を曲がるなり、激しく腰をぶつけ合いながら舌を絡め合っていた――。ひとりの男と女として。
俺様上司がまさかの性癖の持ち主でした【合本版】
〜こんな刺激、初めて! 官能オトナ女子ノベル〜
極上エロティック&官能ロマンスレーベル【エロティカ・ラブロ】からお贈りするのは、超売れっ子絵師、蝶野飛沫氏の美麗イラストが表紙を飾る、超絶エロティック短編集!
「極上イケメン秘書がまさかのドSでした」「俺様上司がまさかの性癖の持ち主でした」
過激な禁断のオフィスもの2話を収録!

「下着を脱いで」――
耳を疑う、イケメン秘書の卑猥な言葉。
まさか彼がドSだなんて!!

「極上イケメン秘書がまさかのドSでした」
その日、ハンサムで有能な私の個人秘書パトリックが熱いまなざしで言った。
「あなたを数時間ほど連れ出したほうがよさそうだ」
えっ……もしかして彼、イケナイこと考えてる?
私の脚の間が、じゅっと音をたてたように疼く。
そうよ、私をここから連れ去って、何もかも忘れられるくらいイカせてほしい!
私の淫らな夢想を見透かしたように彼は微笑んだ。
「ではまず、下着を脱いで」

「俺様上司がまさかの性癖の持ち主でした」
何もかもうまくいっていた。
クライアントの男性に、デスクで激しく突き上げられているところを、CEOのブルースに見られるまでは。
エネルギッシュで敏腕で、精悍なブルースを、私はとても尊敬していた。
ああ、よりによって彼に……。
でも、クビを覚悟した私に彼は言った。
「僕もきみを欲しいと思っていた」
思いがけない告白は続く。
「きみを死ぬほどイカせよう。その代わり……」
傲慢貴族の世にも淫らな官能レッスン〜調教された貴婦人【合本版】
〜こんな刺激、初めて! 官能オトナ女子ノベル〜
極上エロティック&官能ロマンスレーベル【エロティカ・ラブロ】からお贈りするのは、
超売れっ子絵師、蝶野飛沫氏の美麗イラストが表紙を飾る、超絶エロティック短編集!
センセーショナルな傑作2編を収録。

『無垢な幼妻は絶倫侯爵に調教される』
借金のかたに嫁がされた無垢な花嫁への、淫らな調教劇!

ここはどこ? ヘレンは眠気で朦朧としながらまばたきした。
揺れるろうそくの光――見慣れない部屋だわ。
身を起こそうとして、愕然とした。縄で腕を縛られている!
「ようやく目が覚めたね」部屋の隅から聞こえてきた低い声の主は……新郎のピアースだ。
ヘレンは父を恨めしく思った――悪名高き放蕩侯爵に娘を嫁がせた父を。
透けるレースのナイトドレスの下、脚のあいだをピアースの指がかすめ、ヘレンはあえいだ。
「ほら、体はこんなにも正直だ」
そのとき、食事の盆を抱え使用人が現れた。ああ、使用人の目に裸同然の姿をさらされるなんて……。
花婿は美しい新妻を欲望あらわに見つめる使用人を下がらせ、尊大な口調で言った。
「清純ぶるな」
ヘレンは恥ずかしくてたまらないのに、体が火照るのを止められなくて……。

『傲慢貴族の世にも淫らな官能レッスン〜調教された貴婦人〜』
上流婦人の“夜の生活”の指南を受けに、マダム・シャムフルールの屋敷を訪ねたソフィア。
だが現れたのは“マダム”ではなく並はずれて美しい紳士――アンブローズ・シャムフルールだった!
官能的な笑みを浮かべた彼の大きな両手で手を握られた瞬間、ふしだらにも、その指にやさしく愛撫される自分の姿が目に浮かぶ。
ソフィアは頬を真っ赤に染めて告白した――性の“悦び”を教えてほしいと。
すると彼に優しく、つぎつぎに服を脱がされてしまい……!?
うぶなメイドは侯爵様に抗えない【合本版】
〜こんな刺激、初めて! 官能オトナ女子ノベル〜
極上エロティック&官能ロマンスレーベル【エロティカ・ラブロ】からお贈りするのは、
超絶センセーショナル・エロティック短編! 『うぶなメイドは侯爵様に抗えない〜』
『イケメンの異常な執着愛に溺れそうです』の傑作2編を収録。

(1)『うぶなメイドは侯爵様に抗えない』
ご主人様、どうか私を罰してください――イギリスの由緒正しき侯爵邸でメイドをしているローズは、雇い主の侯爵の私室でビデオテープの山を見つけた。
誘惑に駆られて再生したそのテープには、普段はクールで貴族然とした侯爵自身が女性の尻を平手で打つ、衝撃的なセックスシーンが映っていた! 
以来、ローズは屋敷に誰もいないときを見計らっては部屋に忍び込み、そのビデオを見るようになった――まだ自覚すらしていない、ほのかな憧れと欲望を内に秘めて。
そしてある日、突然帰宅した侯爵に見つかったとき……。

(2)『イケメンの異常な執着愛に溺れそうです』
私がトレーナーを務めるジムに、がっしりした体躯の客がやってきた。威圧的なオーラを放つ男だ。
「はじめまして、マイケル。ガビーよ。さあ、腕立て伏せを始めて」
腕立て伏せをする彼を見ながら、淫らな妄想に耽る。ああ、彼を縛りつけて思うままにセックスをしたい。
そのとき、急に彼が顔を上げ、私の太腿の内側を舐め上げた。
激しい快感に息をのんだが、なんとか平静を装った。「指示どおりにしないなら帰ってちょうだい!」
“続きは今夜だ”――去り際に残した言葉どおり、その夜マイケルは、ビーチへ向かう道で私を待ち伏せしていた。
目が合ったとたん膝から力が抜け、まるで催眠術にかかったように、私は彼にされるがままになった。
ブラをずらして胸をまさぐり乳首を舐め回す一方で、彼は指をスカートの中へ、そして下着の中へと入れてくる。
「ああ、いい」恍惚感にまぶたを半ば閉じ、私はぼんやりと闇を見つめた。
歩いていた男たちが足を止め、私たちを見に集まってきた。
「俺が君とヤるところを見せつけてやろう」彼は剥ぎ取ったレースのTバックを、男たちに向かって投げつけた。
生真面目な先生の野獣な本性

生真面目な先生の野獣な本性

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
10年目の同窓会に、会いたい人はただひとり――。

ミスター・ローレンス――高校3年のときの、数学の先生。
当時から、授業中に目が合うたび、ほかの誰とも感じられない何かを感じていた。
先生との間にはきっと何かがある、きっと先生も同じ気持ちでいるはず、と思っていた。
高潔な先生は何もしなかったけれど、私は違う。いつも思い描いていた。
先生が私にキスするところ。先生が私の胸を揉みしだき、いやらしいことを呟く。
もうたまらないというように乱暴に脚を開いて、私の中に入ってくるところ……。
10年経っても色褪せないこの想いを、まさか先生も抱いてくれていたなんて。
当時の教え子に囲まれていた先生は、私を見つけるなり「失礼」と輪を抜けだし、
まっすぐこちらへ歩いてきた。その数十秒後。私たちは廊下の角を曲がるなり、
激しく腰をぶつけ合いながら舌を絡め合っていた――。ひとりの男と女として。
極上イケメン秘書がまさかのドSでした

極上イケメン秘書がまさかのドSでした

無料サンプル 内容紹介
小説・実用書
パトリック・ダヴは、とてもハンサムで有能な私の個人秘書。くせ毛の淡い金髪に、スポーツ選手みたいにしなやかな身体つき。どんなにきつい会議でヘトヘトになっても、彼がデスクの脇で静かに微笑み、「おつかれさまです、ボス」と迎えてくれるだけで、重たい気分は霧のように消え去る。ある日、いつにも増して疲労困憊した私を見かね、パトリックが静かに言った。「あなたを数時間ほど連れ出したほうがよさそうだ」カフェにでも行くのかと顔を上げると、彼は見たこともないまなざしで私を見ている。えっ……もしかして彼、イケナイこと考えてる?
傲慢貴族の世にも淫らな官能レッスン〜調教された貴婦人
若く裕福な未亡人ソフィアは、上流婦人の“夜の生活”について助言を受けるため、マダム・シャムフルールの屋敷を訪ねた。
応接間に現れたのは、並はずれて美しい官能的な笑みを浮かべた紳士――アンブローズ・シャムフルール。
彼は相談に訪れる女性を不安がらせないよう女性の名を使っていると明かし、大きな両手で彼女の手を握った。
と、その瞬間、ソフィアの下腹部に淫らな戦慄が走った。
ふしだらにも、彼の指に体のほかの部分をゆっくりとやさしく愛撫される自分の姿が頭に浮かぶ。
ソフィアは頬を真っ赤に染めながら告白した。夫婦の営みに満足を見いだせず、当惑ばかりさせられていた過去を。
「つまり、ご主人は一度も喜びを与えてくれなかったのですね?」
彼はソフィアを立ち上がらせ、つぎつぎに服を脱がせると、シュミーズに包まれた胸のふくらみを指で愛撫しはじめた。
経験したこともない、初めての感覚。
ソフィアは両脚のあいだがゆっくりと脈打ち、濡れていくのを感じて……。



会社案内 IR情報 株主優待 利用規約 特定商取引法 著作権について 個人情報保護ポリシー リクエスト セーフサーチ 海賊版に対する取り組みついて 漫画家募集
ABJマーク
ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp