電子書籍のレンタルサイト

Renta!

検索結果(1/1ページ)

並べ替え

作品の除外設定(設定中)
  • 指定作品の除外設定

  • セーフサーチの設定
    ※指定した作品は検索結果ページに表示されなくなります。

    • セーフサーチを設定する
  • その他

  • 作品の除外設定をとじる
形式
ジャンル
詳細ジャンル
属性ジャンル
その他ジャンル
キーワード
キャンペーン作品
メディア化作品
完結済み
出版社
さらに詳細に調べる
年代
著者
フェイ・スアレス
レーベル
シリーズ
掲載誌
レンタルあり/なし
1巻目レンタル価格
1巻目購入価格
購入価格合計
乙女は激しすぎる情欲に逆らえない〜呪いのアメジスト〜【イラスト表紙合本版】
〜こんな刺激、初めて! 官能オトナ女子ノベル〜
極上エロティック&官能ロマンスレーベル【エロティカ・ラブロ】からお贈りするのは、
超絶センセーショナル・エロティック短編! 『絶倫ヴァンパイアに愛されて』『セク
シーすぎる隣人〜獰猛なイケメンの淫らで甘い罠〜』『乙女は激しすぎる情欲に逆らえ
ない〜呪いのアメジスト〜』の衝撃の傑作3編を収録!

『乙女は激しすぎる情欲に逆らえない〜呪いのアメジスト〜』
妖しく輝く宝石を手にしたとたん、
暴力的なまでに甘く激しい戦慄が、身体を貫いた――
「わたし、ああ……あなたとしたくてたまらない!」
1811年のハイチ。とある海賊船の船長が、色欲の強すぎる愛人に手を焼いていた。
船長だけの愛人であるはずが、その女は彼1人ではとても足りず、
隙あらば手下の海賊たちを連れ込んで、おさまることを知らない欲望を慰めさせているのだ。
あるとき船長は業を煮やし、愛人をまじない師のもとへ連れていった。
不思議な魔術を使う老女は紫色に輝く大粒のアメジストに呪いをかけ、船長に渡した。
「このアメジストを握らせれば、女はあんたに対して欲望を抑えられなくなる。
だが石から手を離せば、尼さんのように貞淑な女に逆戻り、というわけさ」
このまじないは恐ろしいほどの効き目を見せ、船長は己の欲望のままに愛人を操った――。


『絶倫ヴァンパイアに愛されて』
スコットランド高地地方――北のはずれの海沿いの町へ、ナターシャは一心不乱に逃げてきた。
彼女を狂人に仕立て上げ、遺産を横取りしようと画策する冷酷な義兄から。
たどり着いた古びた城の門番小屋の扉をたたくと、現れたのは、漆黒の髪と白い肌をもつセクシーな男性。
ギャレットと名乗った主が言う。「夕暮れになると従業員はみな帰ってしまい、きみ一人になるが、いいか?」
不安が胸をよぎった。しかし選択の余地などない。
やがて部屋で疲れきった体をベッドに横たえたナターシャは、ふいに誰かの視線を感じた。
次の瞬間、目に見えない何者かがベッドに忍びこんできて、甘い愛撫で彼女をさいなんだ。
これは夢? それとも……?
翌朝、目覚めたナターシャは首筋についた小さな歯の痕に気づく。
そして夕食に出かけたパブで、城には吸血鬼が取り憑いているという噂を耳にして――?!


『セクシーすぎる隣人〜獰猛なイケメンの淫らで甘い罠〜』
私はその日も裏庭から隣人をのぞき見していた。
2週間前隣に越してきた彼が、毎晩帰宅するとカーテンのない窓の前で服を脱ぎ捨て、
筋肉質の体で、訪れる美女たちを悶えさせるさまを、彼は見せつけてくるのだ。
私が見ているとは思いもせずに……。彼に気づいてほしい。
叶わぬ望みに目を閉じ、せつなく募る欲望のままに自分を慰める。
デッキチェアの上で思いきりイキそうになったとき、力強い手が私の脚を左右に押し広げた。
目の前に立っていたのは、さっきまで窓の向こうにいたはずの彼―!?
乙女は激しすぎる情欲に逆らえない〜呪いのアメジスト〜【合本版】
〜こんな刺激、初めて! 官能オトナ女子ノベル〜
極上エロティック&官能ロマンスレーベル【エロティカ・ラブロ】からお贈りするのは、
超絶センセーショナル・エロティック短編! 『乙女は激しすぎる情欲に逆らえない〜
呪いのアメジスト〜』『豹変した幼なじみの想定外な独占愛』の傑作2編を収録。

1『乙女は激しすぎる情欲に逆らえない〜呪いのアメジスト〜』
妖しく輝く宝石を手にしたとたん、
暴力的なまでに甘く激しい戦慄が、身体を貫いた――
「わたし、ああ……あなたとしたくてたまらない!」
1811年のハイチ。とある海賊船の船長が、色欲の強すぎる愛人に手を焼いていた。
船長だけの愛人であるはずが、その女は彼1人ではとても足らず、
隙あらば手下の海賊たちを連れ込んで、治まることを知らない欲望を慰めさせているのだ。
あるとき船長は業を煮やし、愛人をまじない師のもとへ連れていった。
不思議な魔術を使う老女は紫色に輝く大粒のアメジストに呪いをかけ、船長に渡した。
「このアメジストを握らせれば、女はあんたに対して欲望を抑えられなくなる。
だが石から手を離せば、尼さんのように貞淑な女に逆戻り、というわけさ」
このまじないは恐ろしいほどの効き目を見せ、船長は己の欲望のままに愛人を操った――。

時は現代。ブランディはスキューバダイビングのツアーでキューバ沖を訪れていた。
今日は、ハイチの海賊船が沈んでいるという噂のエリアに潜る予定になっている。
ペアを組むライアンと共に出発したブランディは、海底に紫色に光る石を見つけた。
船に戻り、例の石をライアンに見せようと手のひらにのせて差し出したとき、
ブランディの身体を、暴力的なまでに甘く激しい戦慄が駆け抜けた。
「ライアン――わたし、ああ……あなたとしたくてたまらない!」

2『豹変した幼なじみの想定外な独占愛』
荒々しい野獣に姿を変えた彼に、
背後から荒々しく奪われる――
ああ、まさか私の妄想が現実になるなんて!

「経験はあるのか?」ルームメイトの突然の問いかけに、アノーラは耳を疑った。
カウンターに食料品の袋を下ろそうとするが、うまくいかない。
裸同然のルームメイト――シンが、ジーンズの中の怒張したモノをヒップにこすりつけてくるのだ。
「ないわ」背後から彼に犯されるのを想像したとたん、鼓動が速まり、アノーラはカウンターにしがみついた。
妄想の中でだけだった。彼がこんなふうに淫らに腰を動かすのは……。
シンは慣れた手つきでジーンズのボタンをはずし、下着の中に指を滑り込ませてきた。
秘められた箇所をまさぐり、襞を広げて言う。「濡れているじゃないか」
熱を帯びた体の芯に指を埋め込まれると、アノーラはうめいた。悦楽が体を走り抜ける。
最も敏感な部分を彼の指にはじかれるたびに、絶頂の扉が近づいてくる。
彼が急に欲望を爆発させた理由なんて、もうどうでもいい――



会社案内 IR情報 株主優待 利用規約 特定商取引法 著作権について 個人情報保護ポリシー リクエスト セーフサーチ 海賊版に対する取り組みついて 漫画家募集
ABJマーク
ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp