電子書籍のレンタルサイト

Renta!

検索結果(1/1ページ)

並べ替え

作品の除外設定(設定中)
  • 指定作品の除外設定

  • セーフサーチの設定
    ※指定した作品は検索結果ページに表示されなくなります。

    • セーフサーチを設定する
  • その他

  • 作品の除外設定をとじる
形式
ジャンル
詳細ジャンル
属性ジャンル
その他ジャンル
キーワード
キャンペーン作品
メディア化作品
完結済み
出版社
さらに詳細に調べる
年代
著者
キャスリーン・ロス
レーベル
シリーズ
掲載誌
レンタルあり/なし
1巻目レンタル価格
1巻目購入価格
購入価格合計
イケメンの異常な執着愛に溺れそうです【合本版】
〜こんな刺激、初めて! 官能オトナ女子ノベル〜
極上エロティック&官能ロマンスレーベル【エロティカ・ラブロ】からお贈りするのは、
超絶センセーショナル・エロティック短編! 『極上CEOの秘蜜の性癖』『イケメンの
異常な執着愛に溺れそうです』『豹変した幼なじみの想定外な独占愛』の傑作3編を収録。


『極上CEOの秘蜜の性癖』
申し分ないルックスの敏腕CEOブルースは、秘密の性癖を完璧に操るわたしを手放したがらない。
恥ずかしい体勢をとらされ、わたしがイクまで奉仕させられ、あげくのはてに放置される。
けれど、クレメントという優秀でハンサムな社員の出現によって、ある変化が生じていた。
クレメントは会議中でも臆面なくわたしをランチやデートに誘う。
気づいていながらもポーカーフェイスを保っていたブルースは、ついに我慢の限界に達したのか、
わたしを社長室に呼びつけると、壁に押しつけて…。

『イケメンの異常な執着愛に溺れそうです』
私がトレーナーを務めるジムに来た、セクシーなマイケル。
腕立て伏せをしていた彼は急に顔を上げ、私の太腿の内側を舐め上げた! 
きゃっ、何するの!? 
「続きは今夜だ」
帰り道、待ち伏せしていた彼からなぜか目が離せず…。
愛撫されるがままの私に周囲の人々が注ぐ好奇のまなざし。
と、彼は囁いた。「俺が君とヤるところを見せつけてやろう」

『豹変した幼なじみの想定外な独占愛』
「経験はあるのか?」ルームメイトの突然の問いかけに、アノーラは耳を疑った。
カウンターに食料品の袋を下ろそうとするが、うまくいかない。
裸同然のルームメイト――シンが、ジーンズの中の怒張したモノをヒップにこすりつけてくるのだ。
「ないわ」背後から彼に犯されるのを想像したとたん、鼓動が速まり、アノーラはカウンターにしがみついた。
妄想の中でだけだった。彼がこんなふうに淫らに腰を動かすのは……。
シンは慣れた手つきでジーンズのボタンをはずし、下着の中に指を滑り込ませてきた。
秘められた箇所をまさぐり、襞を広げて言う。「濡れているじゃないか」
熱を帯びた体の芯に指を埋め込まれると、アノーラはうめいた。悦楽が体を走り抜ける。
最も敏感な部分を彼の指にはじかれるたびに、絶頂の扉が近づいてくる。
彼が急に欲望を爆発させた理由なんて、もうどうでもいい――
荒々しい野獣に姿を変えた彼に、背後から荒々しく奪われる――
ああ、まさか私の妄想が現実になるなんて!
小悪魔OLはエリートCEOに執着されています【合本版】
過激な極上エロティック・ロマンス【エロティカ・ラブロ】
選りすぐりの傑作5話を収録!
「小悪魔OLはエリートCEOに執着されています」
「クールなイケメンは豹変して過激な愛を囁く」
「妄想が現実になって淫らに溺愛されています」
「ドSな極上イケメンたちに愛される不埒な秘蜜の夜」
「フェロモンイケメンの隠しきれない淫らな本性」

私だけの淫らな秘密の時間――
えっ? まさか彼に全部聞かれてしまった……?!

「小悪魔OLはエリートCEOに執着されています」
ザーラは社内でプレゼンがうまいと評判だった。
堅物のお偉方を前にしたら誰だって畏縮しそうなものだけど、ザーラは違う。プレゼン30分前になると、ザーラは社屋の4階にある誰も使わない化粧室に入り、鍵をかける。
大きな鏡に映る自身の目をまっすぐに見つめながら、ブラウスのボタンを外していく。オカズは会議室のCEOや取引先の男たち。バイブをあてがい、卑猥なショーを披露するザーラを、彼らは股間をぱんぱんに膨らませながら見ている――そんな妄想の中で彼女は達する。オーガズムという強力なドーピングは、プレゼンを成功させるための秘密の儀式なのだ。
頬の火照りや、にじみ出る“満たされオーラ”が消えないうちに会議室に行かなきゃ――ところがザーラは、化粧室を飛び出したところで見も知らぬ男性とぶつかってしまう。
まさかこの人、ずっとここにいたの……? わたしの声を、聞いていた……?

「クールなイケメンは豹変して過激な愛を囁く」
その日、私は同僚2人と仕事帰りにバーにいた。1人は饒舌なジョンソン、もう1人はほとんど口をきいたことのない、マイケル。そろそろ帰ろうかというとき、そのマイケルが突然私に耳打ちした。
「このあと一緒に来たら、きみのあそこを舐めて死ぬほどイカせてやるよ」
えっ? いまなんて言ったの? なんて訊くまでもない。彼はたしかにそう言った。ジョンソンがまた明日な、と帰っていき、私は……マイケルの自宅へ向かった。もし彼が変質者だったら? 頭は警告を発しているのに、脚の間はびしょびしょだった。
そして彼の家に脚を踏み入れた瞬間、私は廊下でスカートを脱がされた。
彼がひざまずく。こんな展開にまったく備えていなかった綿のパンティを下ろされる。そして私の脚を開くと、彼は顔を埋めた。ずっと前から私たちがこうしているかのように。

「妄想が現実になって淫らに溺愛されています」
お堅いエマは3年越しの恋人にフラれ、ゲイの友人たちに慰められていた。ワイルドで熱いセックスをすれば彼のことなど簡単に忘れられる、とけしかけてくる。
「一体誰とどうやってそんなセックスをするっていうのよ?」
すると彼らはニヤリと笑みを交わし、こう提案した。
「本当はしてみたいと思ってたワイルドなプレイを3つ書き出してみて。それを全部叶えてあげる!」
憤慨したふりをして一蹴したエマだったが、以来、その申し出が頭を離れない。
ある晩、彼女はついにペンを取った。
1. 手錠と目隠しをしたまま、見ず知らずの男に犯されたい。
2. レズプレイをしてみたい。
3. 一度に2人の男としたい。1人にまたがりながら、もう1人にはお尻を……。

「ドSな極上イケメンたちに愛される不埒な秘蜜の夜」
毎週水曜の夜。それはフレイヤたち“プレイメイト”の約束の日。
セクシーなイケメン同僚、ソールとジェイソンと3人で、水曜の夜になると、それぞれの淫らなアイディアを持ち寄り、役になりきって互いの秘密の願望を叶えてやる。
きょうのフレイヤは、地下室のワイン倉庫に監禁されたOL。
同僚のソールに仕事のミスという弱みを握られ、椅子に縛りつけられたまま、ワンピースを引き裂かれ、彼に陵辱の限りを尽くされるという役どころだ。
ところがその夜、事態は予定されていた筋書きとは違う展開を見せた。
撮影に徹するはずだったジェイソンが、突如割り込んでくると、彼女を四つん這いにして後ろから犯し、ソールには前を攻めろと言い……?!

「フェロモンイケメンの隠しきれない淫らな本性」
ギャビーはジムのパーソナル・トレーナー。日毎、よだれが出そうなカラダをした男たちが彼女のプログラムを受けにやってくる。
ギャビーの指示や叱咤に、まるで忠実な僕のように従いながら、マシンの上を走り、ウェイトを上げ、汗と男性ホルモンを彼女に振りかけるのだ。トムは最近ジムに入会したばかりの新顔で、ことごとくギャビーのタイプだった。たくましいカラダは言うまでもなく、女のアソコを貪るためにあるような、あの唇。
ある晩ギャビーはなかなか寝つけず、借りっぱなしになっていた本を開いた。
でも、どうしてもトムの裸を思い浮かべてしまい……ふと気づくと、真っ赤なポルシェの上に仰向けになっていた。脚の間で唇と舌とをいやらしく使い、彼女のアソコを貪っているのは……トム?!
うぶなメイドは侯爵様に抗えない【合本版】
〜こんな刺激、初めて! 官能オトナ女子ノベル〜
極上エロティック&官能ロマンスレーベル【エロティカ・ラブロ】からお贈りするのは、
超絶センセーショナル・エロティック短編! 『うぶなメイドは侯爵様に抗えない〜』
『イケメンの異常な執着愛に溺れそうです』の傑作2編を収録。

(1)『うぶなメイドは侯爵様に抗えない』
ご主人様、どうか私を罰してください――イギリスの由緒正しき侯爵邸でメイドをしているローズは、雇い主の侯爵の私室でビデオテープの山を見つけた。
誘惑に駆られて再生したそのテープには、普段はクールで貴族然とした侯爵自身が女性の尻を平手で打つ、衝撃的なセックスシーンが映っていた! 
以来、ローズは屋敷に誰もいないときを見計らっては部屋に忍び込み、そのビデオを見るようになった――まだ自覚すらしていない、ほのかな憧れと欲望を内に秘めて。
そしてある日、突然帰宅した侯爵に見つかったとき……。

(2)『イケメンの異常な執着愛に溺れそうです』
私がトレーナーを務めるジムに、がっしりした体躯の客がやってきた。威圧的なオーラを放つ男だ。
「はじめまして、マイケル。ガビーよ。さあ、腕立て伏せを始めて」
腕立て伏せをする彼を見ながら、淫らな妄想に耽る。ああ、彼を縛りつけて思うままにセックスをしたい。
そのとき、急に彼が顔を上げ、私の太腿の内側を舐め上げた。
激しい快感に息をのんだが、なんとか平静を装った。「指示どおりにしないなら帰ってちょうだい!」
“続きは今夜だ”――去り際に残した言葉どおり、その夜マイケルは、ビーチへ向かう道で私を待ち伏せしていた。
目が合ったとたん膝から力が抜け、まるで催眠術にかかったように、私は彼にされるがままになった。
ブラをずらして胸をまさぐり乳首を舐め回す一方で、彼は指をスカートの中へ、そして下着の中へと入れてくる。
「ああ、いい」恍惚感にまぶたを半ば閉じ、私はぼんやりと闇を見つめた。
歩いていた男たちが足を止め、私たちを見に集まってきた。
「俺が君とヤるところを見せつけてやろう」彼は剥ぎ取ったレースのTバックを、男たちに向かって投げつけた。



会社案内 IR情報 株主優待 利用規約 特定商取引法 著作権について 個人情報保護ポリシー リクエスト セーフサーチ 海賊版に対する取り組みついて 漫画家募集
ABJマーク
ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp