電子書籍のレンタルサイト

Renta!

検索結果(1/1ページ)

並べ替え

作品の除外設定(設定中)
  • 指定作品の除外設定

  • セーフサーチの設定
    ※指定した作品は検索結果ページに表示されなくなります。

    • セーフサーチを設定する
  • その他

  • 作品の除外設定をとじる
形式
ジャンル
詳細ジャンル
属性ジャンル
その他ジャンル
キーワード
キャンペーン作品
メディア化作品
完結済み
出版社
さらに詳細に調べる
年代
著者
アデライデ・コール
レーベル
シリーズ
掲載誌
レンタルあり/なし
1巻目レンタル価格
1巻目購入価格
購入価格合計
囚われの無垢な乙女は絶倫野獣に恋をする【合本版】
〜こんな刺激、初めて! 官能オトナ女子ノベル〜
極上エロティック&官能ロマンスレーベル【エロティカ・ラブロ】から、豪華6篇をお贈りします!
表紙イラストを手がけるのは、超売れっ子絵師、蝶野飛沫氏。
作品のベースとなった『美女と野獣』の世界を幻想的に描いた美麗イラストと、超絶センセーショナルなエロティック短編集を、ご堪能あれ!!

『うぶなメイドは侯爵様に抗えない』『囚われの無垢な乙女は絶倫野獣に恋をする』『生真面目な先生の野獣な本性』『背徳の恋人〜極上密事レッスン〜』『鳥籠の淫執愛』『旦那様の歪んだ溺愛〜メイドは甘い愛撫に翻弄される〜』を収録。

1.『うぶなメイドは侯爵様に抗えない』
イギリスの由緒正しき侯爵邸のメイド、ローズは、侯爵様の私室でビデオテープの山を見つけた。
再生してみると…なんとそこには、普段はクールな侯爵様と女性との衝撃的なセックスシーンが!
以来、屋敷に誰もいないときを見計らってはそのビデオを見るようになったローズ。
ところがある日、突然帰宅した侯爵に見つかってしまい――?!

2.『囚われの無垢な乙女は絶倫野獣に恋をする』
囚われの身の私に野獣はいつも紳士的だった。
ある晩、うなされる野獣の声が響き、彼の寝室に飛び込むと、
野獣は透けた私のナイトドレス姿を見てうめき声をあげた。
「それを破られたくなければ、むこうを向いて膝をつけ」
恐怖に身がすくんだ。
なのに、下腹部で熱い血潮がふつふつと沸きだし、奇妙な疼きが広がる。
野獣の猛々しい愛が欲しくて――。

3.『生真面目な先生の野獣な本性』
高校時代の数学の先生、ミスター・ローレンス。
授業中、目が合うたび、いつも何かを感じていた。
高潔な先生は何もしなかったけれど、私はいつも思い描いていた。
先生が私にキスするところ。先生が私の胸を揉みしだき、いやらしいことを呟く。
もうたまらないというように乱暴に脚を開いて、私の中に入ってくるところ……。
――10年経っても色褪せないこの想いを、まさか先生も抱いてくれていたなんて。
当時の教え子に囲まれていた先生は、私を見つけるなり「失礼」と輪を抜けだし、まっすぐこちらへ歩いてきた。数十秒後。私たちは廊下の角を曲がるなり、激しく腰をぶつけ合いながら舌を絡め合っていた――。ひとりの男と女として。
旦那様の歪んだ溺愛〜メイドは甘い愛撫に翻弄される〜【合本版】
『旦那様の歪んだ溺愛〜メイドは甘い愛撫に翻弄される〜』
17歳でエマはメイドに雇われた。
旦那様は、深いブルーの瞳のハンサムな方。
ある日の午後、書斎の床をはいていたとき、旦那様が入ってきた。
「こんにちは、旦那様」わたしは挨拶し、仕事を続けた。
「やあ……エマ……」旦那様は心ここにあらずでカーテンを閉めるよう言った。
「下着を下ろして、脚を開きなさい」
エマはびっくりした。でも旦那様の言いつけは絶対だ。
「きみの秘部はさぞ美しいだろう」旦那様は穏やかな声で言い、一方の手を太腿に這わせ、もう一方は……。

『暴君は麗しの貴婦人を独占したい〜淫らな執着愛〜』
アナは、従妹シャーロットの婚礼のため、イギリス郊外の館に滞在していた。
だが無垢な従妹が、夫となるつまらない子爵に一生の貞節を誓うなんて不憫でならず、ある贈り物を思いついた。
イタリアの詩人で、放蕩者だが情に厚いロレンツォとのめくるめく一夜だ。
夜10時。屋敷の者が寝静まった頃、ロレンツォはするりと窓から入ってきた。
ベッドに横たわる、薄いナイトドレス姿のシャーロットと、傍らの美貌のアナを見て――?!

『淫靡な女神は気高き王子を情欲の業火で貪る〜捧げられた巫女見習い〜』
エジプトの巫女見習いのティアは、神殿へ向かった。
その身に女神アスタルテを乗り移らせ、王子と交わる“神殿奴隷”となるために。

儀式の最中、巫女にもたらされる快楽はとてつもないものだという。
体を清めて化粧を施され、香の焚かれた部屋で待っていると、
たくましい王子が現れ、欲望を漲らせた目でティアを舐め回すように見た。
と――吹きつけた一陣の風が薄いローブをなびかせ、豊満な胸の膨らみを月光の下にさらけ出した。
意志とは無関係に、体は支配されてしまった?!
ティアは清らかな乙女から、なまめかしい“女”へと突如変貌して……。



会社案内 IR情報 株主優待 利用規約 特定商取引法 著作権について 個人情報保護ポリシー リクエスト セーフサーチ 海賊版に対する取り組みついて 漫画家募集
ABJマーク
ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp