電子書籍のレンタルサイト

Renta!

rikoさんのレビューリスト 
鬼滅の刃
2020-12-14
評価点
3
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
この物語は、アクションのシーンにしろ誰かと誰かが接触するシーンにしろ、登場人物の想いを描いてすすんでゆく。柱9人、敵の抜粋された十二鬼月、産屋敷一族、炭次郎、善逸、いのすけ、その他周りの人々。だいたいが過去のなにかを悔いる気持ちがあり、その悔恨に読者が引っかかれば同調して涙も流れるし、思い入れも強くなる。読者が登場人物を好きになってしまえばどんなことも知りたくなりより共感もする。しかし、少し長いと感じてしまう人もいるだろう作りではある。作品に思い入れてこそ隅々まで知りたくなるものだから、入り込めなければ冗長に感じることだろう。わたしは泣けるところもあったし、炭次郎の想いは終始一貫していたので好感を持った。そして上記の柱9人や鬼やその他の人の想いまで描いてよく23巻に収めたなと感心したが、その分、想いを描く部分以外の話の運びはかなりスピーディーである。情緒的に最後までわからなかったのは実はねずこです。なんにしろこれだけの数のキャラクターの悔恨を描いているのだからどっかは引っかかる…という人が多く、さらに読んでいるうちに他のキャラクターも好きになってゆくところが作品の人気に繋がっているのだと思う。なぜ☆3かというと、そこまで深く入れ込んだキャラがわたしはなかった。すごく好き、すごく嫌い…というほどのキャラはいなかったので自分にとってはこの話の作り方だと3くらいの評価かなとなりました。
デブとラブと過ちと!【描き下ろしおまけ付き特装版】
2020-12-08
評価点
4
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
すきなんだよねーこれ。まえはレンタになかったし、1話売りしかみたことがなかったけど、このたび纏まったのがレンタにあったのでほしくて買いました。オマケもついてるし良かったよかった。ミステリー要素もあるのでどうなるんですかね。まあ夢子が太陽で空気な限り大丈夫かな。
深潭回廊
2020-12-07
評価点
4
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
ひえーい…闇病みヤミ深淵、覗いたら取り込まれるおそろしい。でもこれからも読みます。
青春エレジーズ
2020-12-07
評価点
4
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
相変わらず、勢いがすごい!とにかく勢いで耐えきれず吹き出してしまう。好みもあるんでしょうが、とにかく直線的なストレートで殴られすぎでパンチドランカーになりそうだよ。永井さんは好きな作家さんなのでわたしの笑いのハードルが低いこともあるんですけど、どうしてもブほっ!と吹き出してしまいます。牛乳飲んでたらてきめんマーライオンでしょう。だからこの作者さんの漫画を読んでるときは飲食はしません。ええ決して。
強制除霊師・斎 霊圧の匣
2020-11-27
評価点
4
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
またお会いしましたね。前回で終わりではないと思ってはいました。しかしなあ…いつも思うけど通し番号がほしいんだよなあ。読んだか読んでないかぱっとみわかりづらい。また今後も書き切れていなかったこぼれ話があるのかな?ではまたいつか。
ポテン・ヒット・ガール
2020-11-17
評価点
3
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
戸柱派ですか?いとうひかる派ですか?パ・リーグファンならパ・リーグテレビで全部網羅できるのにねー。セ・リーグファンは放映に関しては難儀ですね。暗黒時代を考えると横浜は本当に良くなりましたよねー、球団も球場条件も選手も。時代はかわってゆくんだなあ。
カナリアたちの舟
2020-11-14
評価点
3
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
アブダクションも人間が犬や猫を飼うことも同じですね。憤ること自体が甚だしく思い上がっている。…ということを分かって描いてますよねー、この方は。水星や火星や木星など、異星に移住する話は多々ありますが、テラフォーミングならぱ月が一番妥当であるとしてもたぶんSF界隈ではロマンが足りないんでしょうねえ。SFって新しいものを開拓するのが難しい分野だからね。とすると後は心理描写やキャラの魅力や会話センスなどで作品の好き嫌いを決めますが、その当たりは凡庸でした。作者さんは好きな作者さんです。
アメコヒメ
2020-11-09
評価点
5
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
これはかなり好き。暗そうに見えてこの作者さんの根底はペシミストではないですよね。安達哲さんのバカ姉弟なんかもそうですが、酸いも甘いも苦いのも描いてくるとぽかーんとスキップとローファーみたいな作品を描くようになるんですかね。好きな感性の作家さんですねえ。
スキップとローファー
2020-11-07
評価点
5
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
尊い…かわいいおみつ。アーしかしやな人間出てこないとこが漫画だよねえ。わたしは漫画にはリアリティなんかよりもそういった気持ちよさとか夢とかを求めております。
中禅寺先生物怪講義録 先生が謎を解いてしまうから。
2020-11-03
評価点
5
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
この娘はあれだねえ…あっちゃんに似てるんだね!だから中禅寺さんもほっとけない。関くんへの衒いのなさといい、根底があっちゃんなんだなー。事件自体は本編のドロドロを持ってくることなく学園ものとしてのライトな奇譚で読みやすい。京極堂シリーズを読んでいるなら彼らの若かりし日の姿を見るのは楽しく、堪能できると思う。



会社案内 IR情報 株主優待 利用規約 特定商取引法 著作権について 個人情報保護ポリシー リクエスト セーフサーチ 海賊版に対する取り組みついて 漫画家募集
ABJマーク
ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp