電子書籍のレンタルサイト

Renta!

トツキさんのレビューリスト 
恋するあさはか
2018-11-26
評価点
4
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
初作家さん。無料1話分が楽しかったので購入しました。1話目の雰囲気を期待すると中盤以降は少し「思ってたのと違う」感があるかもしれません。最後まで読んで振り返ると、イチャイチャしてるシーンは思ったより少なかったなと感じます。ハッピーエンドではありますが中盤以降がやや重い展開がとても長い。起きている事は多くの人が通ってきた道なのでエピソード自体が重いと言うよりは、感情移入させられすぎてしまって重く感じる、と言う方が正しいかも。中盤以降の展開があらすじに含まれていたら読み手としても期待する方向性を間違える事なく読めた気がしますが、まあ、とにかく淫魔とのイチャイチャラブラブものだと思わずに読んでください。入り口の期待さえ間違えなければ多分満足度は高いはず。…とはいえ、表紙デザインとか帯の煽り文句とかからは普通にイチャラブものだと思うよなあ…。さすがにちょっと詐欺っぽいな、と少し思いました。楽しめたからいいけども。
好きって言わせて?
2018-11-05
評価点
2
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
作家さんは存じ上げておりましたが読むのは初です。双子モノ(かつ三角関係じゃない)作品が好きなので読んでみました。全体的にフワーッとしてるなっていう印象です。ストーリーが大きく盛り上がるでもなく、エロやキャラに力を入れてる感じもなく。んー…デビュー作なら評価をオマケするかも、な感じ。ページ数がそもそも少ないのがかなりの足枷なのかもしれませんが、それでも何か一つでもいいから読み手のテンションが上がる物が欲しかった。あとこれは作品への評価とは直接は関係ないところではあるのですが。作中の展開で、双子弟が部屋契約して引っ越して、主人公が双子弟の部屋へ引っ越して行って、でも結局元々の部屋に戻って…っていうのがあるのですが、「引っ越し費用すげえことになってるけど大丈夫か」と思ってしまってなんか集中できなかったです。
オオカミくんはこわくない【Renta!限定版】
2018-10-16
評価点
3
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
以前同作家さんの別作品を読んだ時は「んん〜…絵は好きなんだよなあ〜」と思ったのですが、獣耳があまりに可愛かったので購入。物語としては、オメガバースの動物版と思ってもらえればそう違いはないかも。あまりギスギスした雰囲気の設定が得意ではないので、このくらいほのぼの系の方が個人的には読みやすいです。全体的にストーリーを楽しむよりは、志狼と黒兎の可愛いところをひたすら眺めると言った感じ。以前より「可愛い」「イチャラブ」な方向性に舵切りをしており、作家さんご本人の得意な方向性が定まったのかな?という印象です。ただこの方向性にするんであればもう少しエロがエロいといいなあとも思います。もしくはエロなくていいからこっちが赤面するくらいイチャラブしてるとか。ストーリーは、既にこの作家さんの過去作を既読の方なら想像つくかと思いますが、なんとも話運びがぎこちないです。予定調和を否定するわけでもないのですが、起きるエピソードと見せたいものがあまりに直接的に結びつきすぎてるように感じます。でも分かりやすいと言い換えることも出来るのかもしれません。キャラはとても良かったので、同キャラでの続編か同設定での続きの話が見てみたいです。獅子堂とか司馬とか志狼兄とか、広げたら楽しそうなキャラがたくさんいたので。あと本筋とは関係ないですが、序盤で「志狼くんにならちょっかいかけられてもいいよ」て言ってるうさぎの女の子がめっちゃエロそうなのがなんか良かった。
キラきらドロップライフ【ペーパー付】【電子限定ペーパー付】
2018-10-14
評価点
5
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
非常に面白かったです。テーマがある作品ってそれだけで本当に読みやすい。最後までダレることなく読み進めることができました。主人公の物語序盤のクズっぷりが中途半端で可愛らしく、そして後半の成長後がとても素敵です。攻めの天使も天使なだけあって良い感じに世間ずれしていて、最初から最後までキャラがぶれることなくしっかりと読ませてくれる作品でした。そして天使がマジで美人さん。2話目冒頭の朝日に照らされてる寝顔が「うっわマジ天使」ていうくらいお美しい。美しいお顔をちゃんと美しいと感じさせてくれる画力も素晴らしいと感じます。強いていうならBL的な意味合いでワクワクしながら読むシーンが少ないなと感じましたが、それ以上に楽しかったので個人的には不満はないです。あと主任のキャラがめっちゃ良かった。彼には徹夜に負けず頑張っていただきたい。
ジュリアが首ったけ
2018-09-27
評価点
2
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
んー楽んでいる方の楽しんでるポイントが理解できないわけじゃないんですけど、どうにも私には合わなかったようです。一番大きな理由が主人公の紗良を全く好きになれなかった事。いや、分かるんです。彼の言っている事、やっている事は確かに(ある意味では)とても正しいし、こちらの気持ちが違うところにあればちゃんと共感できるような気もするのです。けど。何かが起きるたび「お前なんでそんなに偉そうなの?」って思ってしまって…。ジュリアはジュリアでこの感じで成人かあ…というマイナスなイメージが先にきてしまい、どうにも魅力が受け取りにくい。一般的な先輩後輩の関係ってこんなもんなのかもしれないのですが、物語を読み進めるための牽引力の一部を担っている要素としてはあまりにきつかったです。
ふしだらな花摘み男
2018-09-27
評価点
3
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
可愛い系の受けにやや強引なエロい攻め、受けの気持ちを無視して襲う当て馬と、初見時は正直「ああ…これ系かあ…」という感想でした。使い古されてきた設定に展開と、BLらしいと言えばらしいですが物語としての面白さは期待できないなあと感じました。読み終わった今でもその感想が劇的に変化はしたわけではないのですが、「これ系かあ」と一括りにしてしまうにはもったいない作品かもという気がします。読み進める内に受けにも攻めにも少しずつ興味を惹かれて行く感じがあり、物語上特殊な事が起きるわけでもないのについ読み進めてしまう力がありました。特に受けが最後にちゃんと自分の意思を明確にしたのが良かった。以前別作品で「受けがエロに対して積極的な姿勢を見せてくれた方が好み」的な感想を書きましたが、ちゃんとそういう描写があったのでとても良かったです。
サンリオ男子
2018-09-12
評価点
1
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
可愛いものが好きだけど周りに隠してる男性は割といる、という話を耳にしたことがあります。特に人目が気になる年頃である思春期の男性はなかなかそういう趣味を言い出せない事が多いのでしょう。俳優の的場浩司さんは事務所の意向でなのかスイーツ好きをひた隠しにしてこられましたが、今では本を出す程周知されるようになりました。可愛い物の前で表情を和らげる様は見ていて気分が良く、同時に可愛らしいなあと思うものです。さて本作ですが。サンリオが好きな男子というのは相当珍しい事として描かれていますが、サンリオ好きを隠したりバレそうになったりという展開は一切ありません。都合よく周りはサンリオ部分を見ていないし、もちろん気持ち悪がられもしません。ただサンリオが好きであるというキャラ設定を持っているだけの高校生がいるのみ。正直漫画としてそれはどうなのと思わなくはないですが、最近の少女漫画読者はこういうのがお好きなのかもと思い一旦脇に置きます。じゃあ各々の好きなものを語り合う可愛い様子を眺める作品かなと思いましたが、「俺は○○が好き!」「俺は××が好き!」と互いの推しを言い合うのみ。「あーわかる!こういう所とか可愛いよな!」みたいな会話の盛り上がりが全くなく、またこちらが期待する以上い表情を綻ばせることもなく、それぞれが独り言を喋っている状態です。これは一体なんだと。相手の話に乗るでもなく広げるでもなく、○○が好きと言い合うだけで一体何が趣味友なのか。そして後半に唐突に恋愛要素が入りさらに「???」。ヒロインがいて恋愛するタイプの作品と、男の子だけがわいわい楽しそうにしている作品は明らかに読者層が違う事は分かっているでしょうに何故混ぜたのか。せめて本は別にして欲しかったです。アニメ化される作品は、今はもう「面白いから」ではなく「お金が落ちるから」だということを知ってはいましたが、それももうここまで来たかとある種の絶望を感じました。すっごいイケメンなのにカバンに引くほどサンリオキャラくっつけてて、周りはかなり引いてるけど本人はマジイケメンとか見たかったです。この作家さんの描く内容にサンリオへの愛情をさほど感じられないのが一番残念でした。ぶっちゃけこれサンリオじゃなくてよくね?
童貞トラとツンデレうさぎ【特典付き】
2018-08-25
評価点
5
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
男が男を相手にする風俗店でのお話で、3カプ入っている短編集。各々が事情があり風俗で働かざるをえないなという内容ではあるものの、作品の雰囲気が暗くなる事なく最後まで進みます。大抵この手の設定は嫌々ながら客に抱かれたり苦しい思いをして働いたりという展開がありそうですが、今作はそういうものがほぼありません。むしろ明るい作品と言ってもいいかも。この明るさがとても新鮮でした。キャラそれぞれがプライドを持って仕事をしており、その様がとてもカッコいい。バニーの格好をしているのに本当にカッコいい男の子たちでした。こちらが元気付けられたかのような読後感があり、とても楽しませていただきました。
星だけが知ってる
2018-08-25
評価点
5
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
古矢渚先生の作品はとても私と波長が合うなと感じます。何を読んでも「こういうのを求めていたんです!」と、平伏せてお礼を言いたい感じ。甘い雰囲気もなければエロもなく、作中で付き合い始めてすらいない。だけどお互いが引かれていく様子がしっかりと描かれており、それがまあなんとも心地いい。今作は遠野さんがちゃんと大人として描かれてるのが特に良かった。大学生のそらくんはちゃんと大学生らしく、遠野さんは特に描かれてはいないものの、割と色々遊んだり経験したりして来たんだろうなーと感じさせる余裕のようなものがあり、それがとても良かったです。しかし良かったがゆえに、付き合った後の話が見たいとどうしても思ってしまう…。
きみは皮肉なキラキラ星
2018-08-25
評価点
2
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
絵柄がとても好みだったので、初作家さんな事もあり内容は期待せず拝読。正直、絵柄好み補正を入れたとしても高い評価には出来ないなーというのが本音です。まずストーリーを楽しむタイプの作品では無いです。男同士の葛藤も期待してはいけません。攻めがゲイで受けがノンケですが、その設定もあってないようなものです。キャラの気持ちの流れも唐突です。エロも途中に1回(未挿入)と最後に1回ありますが、ライトな感じなのでエロ目的での購入もおススメしません。じゃあキャラがとても良いのかと言われるとそれはそれで返答に困ってしまう。攻めにもっと毒というか癖みたいなものがあれば良かった気がしますが、攻めがなんともモブっぽい。(見た目ではなくキャラ付けが)芸能界モノとしての醍醐味もあまり。良いところを上げるなら受けが可愛かったという部分が上がりますが、サンプルでの受けの性格がなくなってしまったかのような変貌を遂げるので、もう少しキャラ設定が徹底してればというところ。最後まで読んで「ん?」と疑問が出たのが、「自分で作った美味しいシチュ捨ててね?」というところ。あらすじにある司というキャラですが、彼は攻めの元彼であり降板した役者に変わって一緒の舞台に参加して来ます。攻めは司に振られた直後。つまり、受け→攻め→攻めの元彼、という図式が多くの読者の頭に出来上がると思うのですが、ぶっちゃけ司はほぼ内容に絡んで来ません。いつのまにか攻めは司のことを忘れており、そしていつのまにか受けに惹かれています。いやいやいやこの話での一番旨味がある所ちゃうんかと。攻めが徐々に受けに惹かれてくのがワクワクするんちゃうんかと。そう思うわけです。ただ、絵柄目的で購入したため内容は期待値は超えなかったもののそんなに不満でもなかったです。



会社案内 IR情報 株主優待 利用規約 特定商取引法 著作権について 個人情報保護ポリシー リクエスト セーフサーチ 海賊版に対する取り組みついて 漫画家募集
ABJマーク
ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp