電子書籍のレンタルサイト

Renta!

おりりんごさんのレビューリスト 
Daisy Jealousy
2020-11-16
評価点
2
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
以前こちらの業界に両脚とも突っ込んでいた者として、ついにこの業界のお仕事BLが生まれてしまったか……と嬉しい気持ちもありつつ複雑な気持ちが7割です。お仕事内容や専門学校時代の同級生に関しては共感しまくりなシーンが多くて、CG業界あるあるなところがたくさんありました。でも腐女子として読むと、この二人の職業がCGアニメーターである必要ってどこにあるんだろう?と思ってしまい……。二人の恋愛を盛り上げるための職業設定というより、『この業界を舞台にしたBLって今までに無かったよね!どう?珍しいでしょ?』という意図を端々に感じ取ってしまいました。私情が入りまくりな感想だと自分でも思いますし、そもそも私の読み方が悪いのかもしれません。でも職業モノとしては本当に楽しく読ませていただいたんです。要のような天才クリエイターにも出会ったことがあるから。だけどここにいる私は腐女子なので、やっぱりBLを読みたい。業界の雰囲気をなぞらせてくれるのも楽しいけど、BL作品ではBLを読みたい。要らないリアリティを説明するためにセリフを費やすくらいなら、二人の日常会話とかイチャイチャしてるときの会話をもっと読みたかった。。。
[単行本版]君の銀のあし【特典ペーパー付】
2020-07-19
評価点
5
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
こういう作品ってストーリーに偏って萌がオプションみたいになりがちな気がするんですが、この作品はすごく良かったです!萌が最初から最後まで息してた!(´∀`)お互いの欠けた部分への想いや心情がすごくリアルで胸にきました。ススムの「君の心と君の身体が好きってことだよ」ってセリフにはこちらも大号泣。きっと性格や顔が好きって言われるより、トビアスには嬉しい言葉だったんじゃないかな。あとススムのキャラが私の中ではビジュアルも性格もかなり新鮮な攻でした。ちょっと癖がある感じにハマりそう(笑)
親愛なるジーンへ【Renta!限定ページ・応募者全員サービス告知ページつき】
2020-07-19
評価点
5
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
いやほんとこの作者様すごすぎる。。。月に10冊ほど商業BLコミックを読んでますが、読み漁りすぎたせいなのか近ごろ萌の沸点がめちゃくちゃ高くなってしまったんですよね。しかし!この作品はいろんなところでキュンキュンしながら読ませていただきました。もちろん萌だけじゃありません。世界観とかキャラ、関係性がしっかりしているからこそ、グッと読み手の琴線に触れてくるのでしょう。不幸なわけじゃないけど孤独なトレヴァーの痛みにも泣けたし、そんなトレヴァーに寄り添うジーンの優しさにも涙が止まりませんでした(´;ω;`)トレヴァーの元嫁さんもいいキャラしてたな。優しい人が出てくる作品はたくさんあるけれど、本当に相手を思いやった人を描いた作品はどれだけあるのだろう。そんなことを読後に考えました。名作です。
オールドファッションカップケーキ
2020-01-15
評価点
4
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
いやぁ、玄関でのキスシーンはビックリするくらい萌えたな。それまでは2人の空気感の揺れ動きに物足りなさを感じてたんですけど、すべてはこのシーンのためだったのか!と思わずにはいられないくらい良かったです。ただ、名言ぽいセリフをダイレクトに喋り過ぎてるところが好みではありませんでした。2人がやりとりを交わしている何気ないシーンや会話が自然で可愛かったからこそ、作者の「このセリフやモノローグが自分の言いたいことです!注目して!」という意図が押し出されたような長文の名言が、お腹いっぱいに感じました。作者の老いに対する思いとか、2人のお互いへの感謝の気持ちとか、もっとサラッと短く、2人の繊細なやりとりの中に組み込まれていたら、私の中では最高でした。
放蕩息子と恋の穴【SS付き電子限定版】
2019-12-18
評価点
3
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
おもしろかった……は、おもしろかったんですけど、他の方のレビューほどではないかなぁ。前半はありきたりな設定ながらも楽しく読めたんですけど、後半に出てくる穣の弟って本当に必要なの?と、気になってしょうがなかったです。完全に私の好みなんですが、BL作品の主人公2人に近い第三者(脇役)には、正直当て馬か、突き放して見守る傍観者の立場であってほしい、、、!今作の穣の弟である誠は、私の中では物語の運びや、主人公2人がうまくいくよう、かなり手伝いすぎてるキャラでした。田舎の閉塞感や穣の過去を、蒼佑に教えてくれる重要な役どころではあると思うのですが……ちょっとご都合キャラ感が出てて、前半で引き込まれた心がスーッと離れていきました。でも穣の幼なじみは、本当にああいう田舎にいそうでよかった!あれくらいの距離感の第三者が、この作品の世界観にはちょうどいいかなと思います!
有休オメガ
2019-10-27
評価点
5
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
ぶっ飛んでておもしろかった〜!有給に命かけすぎて淫乱演じちゃうΩとか、いきなり押し入ってΩの首筋噛んじゃうαとか、作風によってはドン引きする内容なのに、終始笑いと萌えでまったく退屈しなかったです!悲劇と喜劇は紙一重とたまに聞きますが、まさにそれを表した作品かと。他の人たちもおっしゃってるように『NO産休』には笑かせてもらいました!こういう作品って、ホントたまに読みたくなる♪
初恋、カタルシス。【電子限定かきおろし付】
2019-10-22
評価点
3
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
絵柄やサンプルの雰囲気的に「これ絶対好きなやつ!」と思って借りました。ですが、ちょっと期待しすぎたかも?いいもの読んだなぁ〜とはなりませんでした。1つ1つのエピソードはキュンとするしおもしろいんだけど、全体を通して見ると「で、なんの話だっけ?」って感じでした。後半になって、ようやくノンセクシャルの話だと理解。構成がお上手ではない…というのもあるかもしれませんが、もう1つの理由として考えられるのは、受の顔や髪型が一冊の中で変わりすぎなんですよね……あと、キャラもちょっぴりブレてる気がする。正確に俯瞰する目を持っていただければ、もっといい作品を描ける作者様だと思います。次回作に期待!
心中するまで、待っててね。
2019-10-20
評価点
4
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
『さよならアルファ』でも思ったんですけど、この作者様って設定やストーリーの発想はすごくおもしろいんですよね。キャラクターも可愛らしいし、絵もお上手だし。でも、なぜか心に響かない……。失礼ながら1回目は、その理由をぐだぐだ分析しながら読んでしまった……という感じです。福太も葵兄ちゃんも、すごく好みのキャラクターでした。2人のほのぼのとしたシーンやエッチなシーンは、これぞBLという感じでおもしろかったです。ですが作者様、細かい描写が苦手なんですかね。なんとなく作品全体が上滑りしてるような気がして、真に迫ってこないんです。展開もありきたり、伏線の張り方はまずまずでしたが、ありきたりなセリフやモノローグ……辛口になってしまってごめんなさい。なんていうか、良くも悪くも『分かり易い』んですよね。せっかく独特なセンスをお持ちなのだから、突端なストーリーやテーマで引っ張るだけではなく、もっとひねって、細かい描写やシーン、セリフ等でも私たち読者を苦しめてほしいです。でも、私は『さよならアルファ』よりこっちの方が好きかな。下巻で明らかになった葵兄ちゃんの過去は辛くて悲しいけど、やっぱりそこのシーンでグッと引き込まれました。全部知った上で2回目を読むと、上巻のはじめから福太のちょっとイッてる性格とか、葵兄ちゃんの秘密が節々に見えておもしろかったです。
ヒゲと鈴としゃぼん玉
2019-10-09
評価点
5
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
分冊版の1話目のサンプルを読んだ時点で、いつか読もうと心に決めてました。まとまった機会に読んだところ……大正解。ほのぼのとしてて、一見大きな事件なんて起きないように見えます。ですが、そこにはたしかに鈴太郎に三太さん、彼らの家族やキヨシたちがちゃんといる。彼らがこの世界のどこかにいる。彼らの間にたまに見えるちょっとした揺らぎが見えるたび、そう思わざるをえませんでした。気づいたら涙がボロボロあふれているという(TT) 作者様のしんみりとした目標からスタートしたらしい今作品。メッセージは随所に散りばめられていたと思います!
そんなに言うなら抱いてやる
2019-10-09
評価点
5
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
にやまさんの作品は絵とあらすじがどの作品も好みなので、「これは絶対ハマるわ」という心情のもと、ほぼ購入しています。ですが、どうしてかいつもハマりきれなくてヤキモキしてました(><)やっと出会えましたよ〜〜〜!!!これこれ!!!これなんですよ!!!昨今のBLコミックって攻めのバリエーションが多すぎて、たまに困惑しちゃうことがあるんですよね。そんなところに舞い降りてくれたTHEスーパー攻め様!!!まさかいつもヤキモキするにやま先生に、モヤモヤしていた攻め問題で救われるとは思ってもみませんでした(><)もちろん魅力的なのは攻めの忍だけじゃありません。徐々に自覚しつつ、どんどん忍にハマっていくヒカルの姿は本当に可愛すぎる!(><)



会社案内 IR情報 株主優待 利用規約 特定商取引法 著作権について 個人情報保護ポリシー リクエスト セーフサーチ 海賊版に対する取り組みついて 漫画家募集
ABJマーク
ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp