電子書籍のレンタルサイト

Renta!

神楽さんのレビューリスト 
伯爵を待ちわびた壁の花
2021-10-08
評価点
4
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
ヒロインの苦悩の元は現代では大ごとにはならずに、それでも慎ましいタイプの女性にとっては今も昔も悲しみと虚しい出来事だと思います。ましてや片想いでも好きな男性と、でもなかったのだから。そして自己責任とは言え、その6年は苦しかったと思います。ヒーローも人間的には苦悩から大人になって帰国したと思いますが、自分の眼の前で、自分の為に、自分の身代わりに被弾し肉片と化した、仲間であり部下を喪った苦悩は計り知れないです。夜も眠れず日中でも太鼓や爆発音に似た音などなどで戦場に意識が戻ってしまうほどのPTSD を負ってしまう体験というか帰国軍人に多いという戦後後遺症の程を教えられた気がしました。共に手を取り合い、互いに助け合う同士としても互いを見出すまでのお話しとも言えるかとも思いますが、苦悩への振り返りシーンが少ないのでそんなに重さはないのですが、その間を埋める様なお話しがいろいろあって、時に笑い時に伏線のお話しが入っていて、飽きもせず、重すぎずにいられました。アレコレ突っ込みどころがないワケではないのですが、ヒーロー妹のお話しが読みたくなったのと、姪のフェリシティと猫がいい味出してましたので、後半ではフェリシティが可愛く思えた程だし、ヒロイン父も実は娘想いだったことが嬉しかったです(^○^)
嫉妬と傷心 リージェンシー・ブライド IV
2021-10-06
評価点
3
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
設定的というかお話し的には☆4でも良いとも思えなくもないのですが、残念ポイントが後半に向けて多くなり、どんどんつまらなく感じてしまいました。ヒーロー妹のはっちゃけぶりはヒストリカルじゃない感じだし、従姉妹はヒロインの付添い役でもあるのに同居人的な上にもう一人の女主人の様にアレコレ家事や家の用事をこなし、自分の用事も入れるし、ヒーローは引っ掻き回している様にしか思えず、元愛人は堂々と家に来てヒーロー妹とも出かける。特に愛人が家族絡みの友人だったことも有って、妹とも堂々と交流するって、コレって有り?と思うし、ジャマイカではアリでもイギリスではナシだと思うけれど?って思うし、兄の元とは言え愛人といそいそと交流するヒーロー妹の無神経さというか考えナシにも呆れてしまう…、というかヒーロー妹のワガママで楽しい事が一番なのにも天真爛漫な反面、自墜落の芽を感じてしまう。読んでいてちょっと疲れるお話しでした(u_u)
公爵と星明かりの乙女
2021-09-01
評価点
3
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
どうもヒロインをイマイチ好きになれず、☆を下げます。欲望マミレのアレコレに、貴女は処女?と思うほど、自分の本の構想を練るが如くに、頭の中でヒーローとアレコレしたい妄想を膨らませ、それだけでお腹いっぱいに。普通男が欲望マミレになっていて、というのはわかるけれど、中途半端にアレコレと妄想してお話しをリードしているので、乙女心というよりもワザと乙女心にかこつけたお話しの案内にしか見えず、イライラしました。内容的には、カタ真面目な公爵でもあるヒーローと、作家でも慈善家を助けている、前作で父親である伯爵に勘当され、作家として、カードでの賭け事で生活してゆくことを余儀なくされたヒロインとそのヒロインの側を離れないと誓う侍女の、ちょっとユーモラスな内容のお話しです。作家としてのヒロインの作品が入っているので、そちらも楽しめましたけど、人付き合いが苦手で嫌いなヒーローのカタ真面目な部分を削いでゆくことになるお話しでもあるので、そちらはもう少しヒーローの友人を使っても良いかと思いました。それにあちこち物足りない部分もあり、最後の方は簡単なオチでツマラナカッタです。回収されていない部分は少ないものの、両親のこと、社交界のことだとかは欲しかったので、☆3でd(^_^o)
領主様の家庭教師
2021-08-26
評価点
4
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
愚かというか、短絡的というか、首長という立場であることを思うと、恋愛観だけでなく、イングランド相手とはいえ物事の捉え方に物足りなさを感じ、種族やヒロインへの想いだけで小さな世間や環境という目の前のこと(時にはそれすら)を大まかにしか捉えずにいるので、もう少し攻撃的で合理的な違う時代のハイランダーのお話しを読んことがあったせいか、なんか違うって感じでちょっとイラッとさせられました。まぁ、逞しく行動力もあって、種族を大事にするとか、館や周囲の自然や人々に愛着が湧くとか、男女間の相性などもあったのでしょうけれど、この時代のヒロインの醜聞にも寛容なヒーローにはちょっとビックリでした(^_^)a
伯爵が拾った野の花
2021-08-26
評価点
3
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
殆ど、ヒロインにイライラしてばかりでしたので、☆1減ですが、ヒロインへのイライラが抑えられれば、そこそこ楽しめる部分もあるかと思います。出だしの出会うキッカケになったお話しはほんのスパイス程度でしたが、ヒーローの過去やヒロインの育った環境が二人の出会いから続くお話しになっていて、思わぬ展開としては飽きが来ないかと思います。とは言え、説明調の部分や、イライラの原因にもなったヒロインの、世間知らずなのに自分の意見を展開し、知りたがりの、よく言えば好奇心旺盛、悪く言えば品のない、相手が傷付くとかの思い遣りも感じられない自分が理解出来ないから聞く、理解するためには相手の事などそっちのけの様な、自分には経験のないことでも相手の言いたくない事でも、理解させてくれるのは当たり前と言わんばかりのマイペースさ(`_´)ゞ最後に出て来る母親と悪い意味でよく似ていると、いろんな意味でそう思いましたけど…。あの両親に育てられたのだから仕方ないのでしょうけれど…。兎も角、カッコ良いだけで過去に囚われている若くして伯爵になったヒーローと、慈善家の両親の下、両親のやり方に疑問を持ちながらも、世間から離れた田舎町で、慈善以外の目で周囲の環境や物事を見て来なかったヒロインの、チグハグな二人の馴れ初めから、お互いを求め合うまでのお話しで、エッチシーンも含め、私としては48時間レンタルで充分と思えるお話しでした(u_u)
完璧な公爵の理想の花嫁探し
2021-08-20
評価点
4
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
結果オーライでは有るけれど、ヤヤコシイ二人の、それぞれの過去と家族と立場などが絡み合っているお話しだと思います。最初のうちは猪突猛進してばかりか、自分から脇目も振らず思い込みや不安から衝動的な行動に走るヒロインが好きになれず、読むのをやめようかと思ったくらいなのですが、途中から笑えるシーンや、ヒーロー弟妹のヒロインとの交流やヒロイン弟妹がヒロインをヒーローに向かわせてゆくなど、面白くなってゆくに従い、ヒロインの無茶な行動もナリをひそめてゆくのですが、肝心のヒーロー父の公爵が掻き混ぜるかと思いきや、ちょっとスカされた感じだし、後半のアレコレが、アリキタリでちょっと興醒め的では有るのですが、まぁ、最後に現公爵夫妻を動かし、ヒロイン弟妹と共謀するなどなど、ちょっと頑張ったヒーロー。ヒロイン弟の恋バナと末妹に近づこうとするレディには近付けたくないとされる貴族の再接近、母親である前公爵夫人の殺人現場を見たとされるヒーロー弟など、ヒロインには二人の妹がいるし、殺人事件も未解決なので、もしかしたら続編有るのかな?なんて期待も有って☆4にしました。ヒロイン末妹に近づこうとする貴族が犯人かしら?とも思いつつ、続編が有ったら読みたいと思います(o^^o)
貴公子の想い人
2021-08-07
評価点
4
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
部分的には『私だけの後見人』に似ています。突然の大雪に見舞われたことで出会うとか、犯人探しの過程でお互いを意識するとか。『私だけの後見人』で出て来た刑事が、負傷後の仕事の関係で出て来るのはちょっとしたオマケかも知れないですが、私はどちらかと言えば『私だけの後見人』の方が好きです(^-^)
愛されぬ花嫁でも
2021-07-25
評価点
4
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
☆3個にするか4個にするか悩みますね。一人称というよりも、愛の回顧録、とも愛の思い出日記とも言えるそんな感じで進むお話しです。ヒーローの活躍ぶりはカッコイイですが、ヒロインの頭の良さを最初に描かれていたせいか、機転が利くとも思えず、言うほど頭が良いか?と思ってしまったからか、もう少し機転を利かせれば活躍出来そうな場面を取りこぼして勿体無い感じはするものの、全体的に普通にこの時代の女性って感じでした。気の短さはスコットランド系というよりもアイルランド系みたいだったし、周りのヒーローの親戚も呆れる感じで、伯爵夫人なんて元家庭教師なのに、人間性にはエゲツなさを感じ、伯爵と駆け落ちした人の言動とも思えないくらいでした。アレコレお話しが進展するので飽きは来ないのですが、ヒロイン目線だけの状況、または知らされたことからの内容だけなので、ヒーローは元より、誰かしらの目線で語られる会話以外の内容がないので、新鮮さは有っても、読んでいて物足りなさが有るのは否定出来ないかも…。まぁ、でも結構思いがけないことが多くて、最後もその後の伯爵家の面々の事が描いてなくて残念でしたけれど、飽きの来ない展開なので、ヒストリカルっぽくありながらもヒストリカルっぽくないのを楽しむには良いお話しだと思います♪
公爵の憂鬱
2021-07-02
評価点
4
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
超が付くほど美しいヒロインと、放蕩者一歩手前の日本的に云えば飲む買う打つの三拍子(買うというよりも未亡人との浮名を取っ替え引っ換え流していたみたいですが)揃った感じの、公爵であるヒーローとの出会いから速攻で結婚して、誤解から捻れまくるヒーローのせいでどんどん哀しそうになってゆくヒロインと、二人の結婚を妬み、別れさせようとする悪人達と、ヒロイン従姉妹のイロイロと、ヒーローの親友のイロイロが混じり合ったお話しです。お互いの言葉足らずと、出会ってすぐの結婚によるお互いへの無理解やら不信感、悪役の活躍と、ヒロインの美しさや若さや未熟さなどもあって、ヒロインの不貞を疑って倍も歳上のヒーローが捻りまくるのですが、それにしても小ちゃい男だと思えてしまう。最後の最後で元学友でも有るヒロインの相手だと誤解した伯爵にお詫びをするのですが、持参金代りだとか、もう少し言葉選んで欲しかったとも思いました。終わりも生まれた子供が男女のどっちだっただとか、幾つかの伏線が回収されておらず、大まかな回収だけで終わっていて、何とも不燃焼気味になりましたが、勝手に捻れるヒーローが面白くも有り、どこまで捻れるのかを見たさに読んでいた私としては、そこそこ楽しめるお話しでした(^_^)a
赤毛の公爵夫人【ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル版】
2021-06-03
評価点
4
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
面白いともつまらないとも、平凡だとも言えないくらいですが、主役二人のマイナス面をカリカリ見とめがらずにいられたら、そこそこ次から次へと問題が起こるので、48時間レンタルで充分な感じではあるけれど、飽きずに読破出来ると思います。不信感と自分の過去、親からの愛情に飢えている二人が、出会い、世間から無視されるヒロイン家族内を知り、紆余曲折と二転三転してゆく中でお互いを知り、ヒロインは赤毛故か?相変わらずの無駄に猪突猛進的で、ヒーローは親の因果が子に…的で苦悩の中から得た女性不信に凝り固まり、二人の間は付かず離れず。それでも世間体から結婚して夫婦になってゆく頃には無くてはならない気持ちに…となってゆくのですが、お話しが回収されていない部分も多く、特にヒロイン父夫婦のその後が気になる!ので、残念でした。継母がロンドンになかなか行けなくなったせいか、田舎暮らしの最中男漁りが止まらず離婚したとか?どうなったのか、ヒロインと大して年齢も変わらないらしく、未亡人でもあった食えない継母のその後が楽しみだったのですが…。せめて、ギャフンとヒロイン父にされているところが見たかったです( ・∇・)



会社案内 IR情報 株主優待 利用規約 特定商取引法 著作権について 個人情報保護ポリシー リクエスト セーフサーチ 海賊版に対する取り組みついて 漫画家募集
ABJマーク
ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp