電子書籍のレンタルサイト

Renta!

誰もが知る電話さんのレビューリスト 
悪逆皇子ヴェルメリオ[1話売り]
2021-11-06
評価点
3
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
主人公が親友に命を救われ、親友は命を落とす。それを後悔した主人公は享楽に浸っていた生活を改めて一生を過ごすも、死の先は親友の生きていた頃でーーーすれ違い時間遡行モノなんですが、作者さんの現在連載中の悪女モノの雰囲気が抜けきっておらず、最初シリアスだったのに急にギャグタッチになるのが違和感。悪女モノは連載なのでシリアスとギャグの塩梅がよく、中学生の作った世界に転生する話なので多少筋書きや設定がガタガタでも納得できますが、短編だと主人公がいきなりキャラのくだけたことをいったり画力をギャグタッチで誤魔化す所に残念ながら温度差を感じてしまい、筋書きの粗も感じました。一応まとまってはいますが、設定が短編に収まりづらい設定なので親友の気持ちも見えづらくギリBLという感じです。時間遡行モノや主人公の変化が好きな人には軽い読み物としてオススメですが、心理描写も含んだ恋愛模様をお求めの方には物足りないかも。
加護なし令嬢の小さな村 〜さあ、領地運営を始めましょう!〜
2021-08-03
評価点
3
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
誰もが何かしらの加護を持って生まれる世界で、加護なしで生まれた令嬢(この世界をゲームとしてプレイした前世あり)が円満に婚約破棄されようと領地経営?する話。とにかくご都合主義かつストーリーも進んでるはずなのに味気ない。悪役令嬢、婚約破棄、チート、領地経営など最近の流行りを色々コピーしたら劣化して無味無臭になりました!みたいな作品。この原作者の作品は何作か読んでましたが、どの作品も恋愛過程がろくに描かれずの溺愛、頭が悪すぎてヘイトしか感じない薄っぺらい悪役など、いい加減底が見えてきたのでもう控えます…
こはく色の乙女と銀の狼
2021-07-30
評価点
3
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
余命半年と宣告され、一夜の関係を結んで逃げた主人公が、相手と再会してしまいーーー絵もきれいで、コマも読みやすい。ページ数としてはギュッとストーリーがまとまっているが、最後が駆け足すぎる…ハーレクイン系特有のものかもしれないけれども、想いが通じあうと同時にプロポーズ!結婚!リンゴーン!って早すぎない?子供名作劇場じゃないんだから。主人公は思い込み激しくかなりぬけてる性格だからいいとしても、ヒロインを財産目当てかと疑ったヒーローにしては直情的な行動というか、考えなしというか…え?そこは運命の恋だから?そうですか… (投稿名:誰もが知る電話)
臆病な伯爵令嬢は揉め事を望まない【Renta!限定版】
2021-07-07
評価点
3
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
憧れの令嬢の取り巻きを目立たずこなしていた主人公が、ひょんなことから令嬢と婚約者である王子との関係の改善の為恋愛小説をもとに恋愛レクチャーすることになった話。主人公の言動がすこし貴族っぽくないですが、転生系の話ではないです。主人公のことが気になっている令嬢の弟くんも、ツンデレというか毛を逆立ててる猫っぽい感じで絡みますが、令嬢とのレクチャーを中心に話が展開するので主人公の恋愛は今の所メインではないかな?すごく面白い!というわけではないですが、最近の悪役令嬢モノなどお好きな方は少し新鮮な気持ちで読めるかもしれません。
聖女のはずが、どうやら乗っ取られました【デジタル版限定特典付き】
2021-06-26
評価点
3
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
聖女として召喚された主人公が、召喚についてきた幼なじみが聖女と騙ったことにより放逐され、平和な生活を求めて敵国に渡ろうとする話。乙女ゲー転移とか性格の悪い幼なじみとか最近よくある系統の話ですが、絵柄もあってかなんだか終始ごちゃごちゃしている感があります。表紙もそうですが、序盤辺り主人公の目がたまに逆八の字(\ _ /)気味になっているのが気になりました。二巻では少なくなりましたが…今度は大丈夫かこの展開…という場面が個人的に沢山出てきました…が、まぁ、深く考えなければ…読めるかな…。
転生したら乙女ゲーの世界? いえ、魔術を極めるのに忙しいのでそういうのは結構です。
2021-06-14
評価点
2
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
魔法に憧れた前世をもつ主人公(幼女)が頑張る話、なのかな。話は面白いのかもしれないけど、構成に難あり。一話〜二話の間で、最近の主人公→記憶が戻った直後の主人公→記憶が戻る前の主人公→戻った直後に起きた事件→最近に戻ると時系列が前後するのでわかりづらい。時系列が動くので普通説明されるであろうあらゆる説明もそこそこ。年の近い親戚?を説明もろくにないまま〜兄さま、〜姉さま呼びなので混乱する。が、それが次々に出てくるのでまぁ話に入り込めない。あまりのわからなさに何回か読み返しましたがやっぱりわからない。派閥とかもあるそうなので各家系図とか欲しいレベルですね!あったとしても、主人公が魔法に興味があること以外なんか主人公らしくないというか、ただの登場人物のメインの一人って位心理描写(というかどこを目指すかという芯のようなもの)が足りないので、この話の展開の早さも相まってあまり深みを感じない。ということで、かなりの読み流し派か、かなりの脳内補完が得意な人なら受け入れられるかもしれないといった感じです。
王妃になる予定でしたが、偽聖女の汚名を着せられたので逃亡したら、皇太子に溺愛されました。そちらもどうぞお幸せに。(コミック)
2021-06-01
評価点
3
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
王妃のための教育もこなし聖女だけが育てられるという百合を育てたにも関わらず、偽聖女として追い出された公爵令嬢が、帝国の皇太子に求婚される所から始まるストーリー。婚約破棄、聖女、頭の悪い王子と男爵令嬢と最近の流行り要素を詰め込んだ内容だが、恋愛の過程も描かれず淡々と進む。主人公のいた国は唯一聖女が現れる国なのに聖女信仰が形骸化してて、聖女が現れない帝国では聖女信仰が根強いってどうしてそうなったのか単純に疑問…宗教ってともすれば国の尊厳にも関わる重要な事じゃないのか…。あと作者さんBL畑にでも居たのかな?というくらい主人公がごつい。固い。サクサク展開するのでざまぁまでは時間がかからなそうだが、淡々としすぎていてキャラクターに血の気があまり感じられない…
異世界でチート能力を手にした俺は、現実世界をも無双する
2021-05-27
評価点
2
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
優しさは持っているけどスクールカースト底辺なチビデブ主人公が、祖父の遺産がきっかけで異世界を行き来できるようになり、異世界でスキル手に入れたら現実でもイケメンチートになるお話。現実世界と行き来出来る所以外は二巻時点ではわりと量産型転生ものかつ、敵は皆ステレオタイプで味方になりそうな人はおしなべて善人といった感じでもう少し深みが欲しいところ。頭を空っぽにして読む分にはいいんですが、スキルのお陰でイケメンになったとしても猫背やどもり口調までサクっと変わるのは何故なのか。まぁ、皆誰しも小中学で一回は考えたりノートにこっそり書いたりしますよね!現実は冴えなくても実は別の世界ではチートで一目置かれてて容姿端麗、運動神経抜群、お金にも困らず美女(イケメン)も寄ってくる…そして運命の出会い…みたいな。大人になってそのノートを見つけてのたうち回るまでがワンセット()。多分神様に拾われた男とか好きな人には刺さると思います。が、ぼくのかんがえたさいきょうの…みたいなの考えたことある人は寝る前にジタバタすることになるかもしれないぞ。気を付けろ!(内容的には星3ですが私自身がダメージを受けたため減らしてます)
僕は婚約破棄なんてしませんからね【電子限定描き下ろしイラスト付き】
2021-03-27
評価点
3
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
転生悪役令嬢ものの王子側が主人公の物語です。前世の記憶が戻ったヒロインから話を打ち明けられ、未来がそうならないよう二人で頑張る話ですが、とにかく主人公の王子が純粋にいい子です。ヒロインは没年齢10才のはずですがなぜかやたら考え方と言葉遣いがしっかりしていて、健気です。序盤なので今のところ他作品より抜きん出た所はないですが、王子が主人公なのでこの先作品の個性が出てくると思われます。
無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜
2021-03-25
評価点
3
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
※マンガ化していない原作部分のネタバレを含みます。結論から言うと、面白いのに個人的に致命的な欠点を抱えている作品。アニメは作画、音響、音楽、声優すべて素晴らしく、そのままマンガ→原作と読んだ。主人公の中身が嫌らしいおっさんなのも作品の個性として受け入れられた。むしろ同時期にやっていた異世界転生もののようにやたら人間味のないキャラクターが乱立したり人の死や主人公の不幸を主人公が強くなるための予定調和のように使っていないところなど、好感が持てた。父の不倫を受け入れた部分も、浮気相手が子供もろとも死を覚悟していたので止めたという事情を考えれば納得できるが、原作中盤から読む気をなくした。その気が起きないだけで実の妹を性欲の対象に見るのはアリとか、破瓜の血のついた布をご神体としてしまった時点で相当気持ち悪いが、一人を幸せにすると自分で決めて結婚したくせに嫁の妊娠中ほっぽりだして自分が精神的に辛いから女に逃げて重婚はない。いくら封建社会で貴族の血を引いていて、ヒロイン達が納得していても自分で一人にするって決めたんじゃないのか。あまつさえ納得のために父親の浮気を引き合いにだし、うちはこうなってもみんな不幸になったわけじゃないから大丈夫とか、結果論を裁判の判例みたいに振りかざしていてファッ!?となる。主人公は浮気性なのにメインヒロインはみんな一途で処女という所も気持ちわるく思えてしまう。ストーリーの展開や世界観は面白いのに、↑の部分がどうにも引っ掛かって楽しめなかった。まぁこれより女性を人とも思わない作品は世に多くあるので、程度の問題で受け入れられる人は面白く読めると思う。私も途中まで楽しく読んでいたので残念。



会社案内 IR情報 株主優待 利用規約 特定商取引法 著作権について 個人情報保護ポリシー リクエスト セーフサーチ 海賊版に対する取り組みついて 漫画家募集
ABJマーク
ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp