電子書籍のレンタルサイト

Renta!

『皇帝陛下の隷愛 うぶな魔女は初夜にとまどう【イラスト付】』

のレビュー 
264487
総合評価総合評価点
3.5
(8
評価内訳
5点 5 1
4点 4 3
3点 3 3
2点 2 1
1点 1 0
無料サンプル 内容紹介 レビューを書く
2014-06-26
評価点
5
もすこさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
よくあるツンデレ皇帝と無垢なお姫様のシンデレラストーリなのですが、根底に毒殺サスペンスがあって、ちりばめられた伏線もきっちりと回収されていて面白いのです。悪役が誰なのかは読めてしまうのですが、最後の騙し合い対決も読み応えがあります。皇帝クラウスは幼い頃から毒殺の危機に何度も晒されながら成長し、唯一幼馴染のマーゴットだけが心許せる相手。なのに素直に優しく出来ず傲慢な態度で威圧してばかり。本当は愛しくてたまらないのに「初夜の練習のためだ」と言い愛人扱い。傲慢さの中に優しさや照れの交るエッチシーンもいい感じです。ヒロインが無垢だけが取り柄のカラッポ姫ではなく、なかなかの賢姫なのが好感。
2016-08-11
評価点
3
李愛さん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
盛り上がりが少し……中途半端だったように思いました。ページ数も多かったので読み応えはあるかもしれませんが……幼馴染みもので、最初からヒーローとヒロインは、お互い打ち明けてはいませんが相思相愛。だんだんヒーローが遠まわしに(もぅ誤解されるくらい遠まわしに)想いを表面に出してきますが、とにかくヒロインが鈍い。特に賢くないわけではなく、むしろ頭の良い女性でありながら鈍いし、相手の想いをなかなか受け容れない頑固さ。←あんまりにもなのでイライラしたほどに……(汗)途中から少々飽きてきてしまいましたが、ハッピーエンドだし、エロシーンも少なくないし、ヒロインのキャラはおもしろかったので☆3で( ´∵`)
2016-10-27
評価点
4
ぽちさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
ツンデレ皇帝があの手この手で、ヒロインを籠絡しようとする好意にドキドキする作品でした。好きな子につい意地悪してしまう…子供がそのまま大人になってるようなところが読んでいて可愛い作品でした。お話自体は、エッチシーンも多く、話の流れも違和感がなく、読みやすく面白いです。あえていうなら、薬の知識があることで、屍毒姫と呼ばれてるヒロインですが、副題が魔女になっていて、どっちなんだろう…とつい、思ってしまいます。屍毒姫という独特な世界観をイマイチ理解できなかったので残念でした。
2016-02-22
評価点
3
moechanさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
お話は単なるエロではなく、楽しめるのですが…肝心の[幼馴染の我儘な超絶ハンサムの皇帝]のツン度が中途半端。濡れ場が多いのに単純なのか、時折“キュン”とするのに盛り上がらない。色々場面は変わるワクワク感があるのに、ページ数もあるのに平面的に感じました。続編こそは!と思ったけど、気がついたら飛ばし読み。もっと楽しめるはずなのにもったいない!この★★★は期待を込めて。
2019-06-11
評価点
2
manekinekoさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
う〜〜〜ん。主人公たちがあまりにも精神年齢が幼過ぎて物足りませんでした。いくらヒーローが白皙の美青年だと、何度繰り返されてもただのツンデレわがまま坊やにしか見えず・・・。ヒロインもぎゃんぎゃんわめくばかりのわがままっ子にしか見えず・・・。でも続編出てるんですよね、これ。仕方なくでも買っちゃうんだろうなあ〜。。。
2017-04-07
評価点
4
shimaさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
権力の頂点にいる故に孤独な皇帝と田舎の男爵令嬢。実は幼馴染みの両思いカップル、なのに皇帝のヒロインいじりがいいですね。ヒロインも単に無垢な田舎者ではなく、(世間の評判はともかく)実は手に職系のできる女。読んでいて楽しかった。続編もあります。
2019-04-24
評価点
3
書籍さん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
ヒーローが、素直でないので、じれじれしますが、だんだん素直に溺愛してくれるのでよかったです。続編もおもしろかったです。
2018-01-21
評価点
4
サマーズさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
毒を中心に動く物語。面白かったです。ただ、愛人にするとか、臣下に下賜するとか、冗談にならないところは嫌でした。2人の軽快な会話は良かった。



会社案内 IR情報 株主優待 利用規約 特定商取引法 著作権について 個人情報保護ポリシー リクエスト セーフサーチ 海賊版に対する取り組みついて 漫画家募集
ABJマーク
ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp