電子書籍のレンタルサイト

Renta!

『最後の夜を忘れない 狼たちの休息 IX』

のレビュー 
256699
総合評価総合評価点
3.5
(2
評価内訳
5点 5 0
4点 4 1
3点 3 1
2点 2 0
1点 1 0
無料サンプル 内容紹介 レビューを書く
2019-07-15
評価点
4
りんのんさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
シークレットベビー物ですが、誘拐事件のゴタゴタで、他の作品みたいな「結婚しよう」「愛がないとダメ」というありがちな展開にはなりません。ヒーローと思春期の息子との対決が、珍しいです。まぁほとんどアクションばかりで、恋愛は息子以外障害がなくあっさり復活愛です。このシリーズの中では、他よりちょっとだけ薄っぺらく感じられて、☆3つに近い☆4つですね。
2014-12-16
評価点
3
きいちさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
8割アクションです。アクションもので、悪役から逃げているとき、どうしてヒーローとひろいンは抱き合うのか? それって鉄則? ねぇ身体休めようよ。てゆうか逃げたら? と思うのはどうしてだろう・・・ヒーローは過去があり、大事な人を作らないと決めて、一度愛したヒロインを捨てて孤独に戻った。でも、敵はそのヒロインと息子を見つけ、誘拐して脅迫して、ヒーローは仲間と助けだすために戦う。助けだしてからは、すでに分別がついているものの子供の息子と対峙せねばならず。ヒーローは過去の清算をして、家族を必死に取り戻そうとする話。年齢がちょっと上ですが、普通のHQよりは好きだと思いつつ・・・やっぱりどうして危険にさらされているときにやるの。生存本能のなせる技? そこがひっかかるなぁー。ヒロインも、ヒーローを好きでいながら好きでもない相手と結婚し、さらに息子と父親とのごたごたで現れたその相手をこけ下ろす。アレ。そんなひどい男だったって、どこにも書いてないよ? ヒーローをヒーローにしたいのかもしれないけど、そのあたりにヒロインのヒロインちゃんなところがあってなんかなぁ、て感じです。



会社案内 IR情報 株主優待 利用規約 特定商取引法 著作権について 個人情報保護ポリシー リクエスト セーフサーチ 海賊版に対する取り組みついて 漫画家募集
ABJマーク
ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら。https://aebs.or.jp