Renta!は、マンガなどが100円からPC・スマートフォン・タブレットですぐ読めるレンタルサイトです。

『BEASTARS』

のレビュー 
424964
総合評価総合評価点
4.6
(95
評価内訳
5点 5 66
4点 4 21
3点 3 7
2点 2 1
1点 1 0
無料サンプル 内容紹介 レビューを書く
2017-01-07
評価点
5
ママゲールさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
最初はなんか読みにくいかも…と思ったけど慣れるとこの世界観が好きになる。読んでよかったなと思うし続きが気になるし、主人公が好きになった。
2017-02-28
評価点
5
にゃあさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
続きが気になります。絵は好き嫌いがあるかもしれませんが、人ではないのでそこまで気にならないと思います。
2017-01-26
評価点
5
とーごさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
表紙の物憂げなオオカミさんに惹かれて試し読み、からのレンタルです。ただ動物の姿をしているキャラクターではなく、それぞれの動物の持つ特徴がしっかりとあり、彼らが構成する社会が作り込まれているため、ファンタジーな世界観なのにリアルに感じます。冒頭の事件によるピリリとした緊張感はありつつも、日常生活の中での学生らしいやりとりにはほのぼのしたり。レゴシたちの表情が、動物の顔なのにとても豊かに描かれていて、共感できるし好きになってしまいました!事件の真相とともに、レゴシのこと、ルイのこと、あれもこれも……とにかく二巻が気になりすぎます!
2017-01-06
評価点
5
しゃおりさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
絵がな〜(>_<)と思ってましたが、ためし読みが面白かったので1巻借りてみました!アタリです(о^∇^о)レゴシがかっこよく見えてくる不思議…2巻はやく読みたい〜&#8252;冒頭の事件が気になって仕方ない!
2017-10-11
評価点
5
愛のさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
独自の世界観が私は好きです。レゴシ君可愛いい。
2017-07-06
評価点
5
神父さん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
斬新でとにかく面白い!先が知りたくて次巻が読みたくなる
2017-03-05
評価点
2
おーとるーるさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
手の描き方が好みだったので、勢いで買いました。せめてサンプル読んでから購入すれば良かったと後悔しています。擬人化した肉食・草食動物が共存する世界。第1話で主人公の狼君の知り合い(草食系)が殺されます。校内の肉食系が怪しい、と言われているのに、休校どころか事情聴取とか無し。主人公も恐れられ、疑われる中、「彼の無念を晴らす!」と決意。満月の夜、草食系の女生徒が一人になったところを見計らって…。死んだ彼が渡せなかったラブレターを手渡します。・・・。え?殺人犯を追うとかじゃないの?鋭い嗅覚は?高い戦闘能力は?と、唖然としました。その後も、犯人捜索も無く「悲しい事件だった」で終了。命の重さが軽すぎます。主人公も、兎の女生徒を見て本能的にかみ殺しかけ、苦悩してますが、ぜんぜんハラハラしない。作品の方向性が分かりませんでした…。ただ、手の描き方はやっぱり好みなので★2で。
2017-01-27
評価点
4
yukiさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
絵に癖があり、しっかりとセリフを読まないと只の読みにくい微妙な話になってしまいます。が、読み込んでいくとなかなか深いお話でその世界観にも引き込まれます!今後どう落としどころを持ってくるか楽しみです。
2017-01-26
評価点
4
背伸びするバッターさん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
狼が恐ろしかったけれど読めば読むほど味が出てきて面白かったです!それぞれのキャラクターが生きていて、なにより動物世界がとても愉快に描かれていて楽しめました!
2017-10-02
評価点
5
鰆さん
Renta!で購入済み
※このレビューにネタバレが含まれています。 レビューを見る
登場人物が全員動物というメルヘンな設定に反して、特に2巻以降はきわどい描写もありいい意味で予想を大胆に裏切ってくれるれっきとした大人向け。男女どちらもハマっちゃう人はハマっちゃうかと。人間の社会に置き換えるなんて無理矢理なと思いきや、それゆえの彼らの社会の歪みや心の闇をも描き出すことで、むしろ生々しいリアリティーをもって迫ってきます。なぜってたぶん、肉食、草食そして鳥類、大型、小動物など、食べ物や生態、体の大きさから何から違う彼らが共存という道を模索しつつ歩む姿はつまり、人種、宗教、文化のちがい、差別、貧富の差、大人の社会と思春期の子供の社会との隔たり、誰かの利益と誰かの不利益、法と犯罪といった滅茶苦茶な設定を生きる私たちの歪んだ世界の生き写しに他ならないから。(作者さんの意図するところとは限りませんが、非常にそう訴えるものがあります)服を着ても隠すことができない素性を晒して、人間以上に集団社会と本能の狭間でもがき苦しむ、あるいはあがくことを放棄し堕ちる、彼らの姿には鬼気迫るものがあります。ここで1巻を読んだあと、本屋に走って2巻以降は久々に単行本買いました。今週最新刊が出るので、発売日を待つなんていうのも数年ぶりでワクワクしています。



会社案内IR情報株主優待利用規約特定商取引法著作権について個人情報保護ポリシーお知らせリクエストセーフサーチ
漫画、小説、雑誌などの電子書籍レンタルサイト
運営:株式会社パピレス Copyright ©2016 PAPYLESS All Rights Reserved.